マニュアル管理システム(CMS)「Publish MakerX」詳細機能

多言語のマニュアル(取扱説明書)をはじめ、様々なコンテンツやドキュメントの内製化、電子マニュアル(Webマニュアル)への移行など、ワンソース・マルチユースを実現します。「Publish MakerX」は、従来の文書管理システムやDAM(デジタルアセットマネジメント)とは一線を画す、XML技術をベースにした次世代の「コンポーネント コンテンツ管理システム(CCMS)」です。

Webブラウザで入稿可能なトピックエディタ

コンテンツの最小単位である「トピック」をWebブラウザからブログのように入稿するインターフェイスを「Publish MakerX」は有しています。多機能のWebエディタでは、数式・ルビ・脚注・HTMLソースの直接編集や、図版・表・動画などの挿入が可能であり、トピックの複製・流用・改訂はCMS上で管理されます。Web入稿したコンテンツは、プレビュー機能により、その場で出来上がりを確認する事が出来ます。

トピックをまとめる「マップエディタ」

コンテンツの最小単位であるトピックを出力単位にまとめたものを「マップ」と呼びます。「Publish MakerX」では、Webブラウザで入稿され、データベースに格納されたトピックを組み合わせてマップとして全体のブック構成を構築します。作成できるマップの数や組み合わせるトピックの数に制限はありません。

多言語コンテンツの作成~管理、翻訳支援機能

産業機械や工作機械などで特に求められる、多言語マニュアルの作成や翻訳支援、改訂情報の管理など、「Publish MakerX」は数多くの多言語マニュアルの作成~管理に対応した機能を有しています。
特に改訂時における翻訳コストの削減に大きな効果を発揮し、訳文のやりとりでは標準的なフォーマットであるXMLに対応しています。Trados(トラドス)に代表されるコンピュータ支援翻訳ツールにも対応しているため、ニューラル機械翻訳や翻訳メモリの活用も可能です。

Trados(コンピュータ支援翻訳ツール)との連携

AIの性能向上に伴い、ディープラーニング(深層学習)技術を活用したニューラル機械翻訳は実用化が進んでいますが、コンピュータ支援翻訳(CAT)ツールの併用により翻訳メモリも活用することが一般的です。
「Publish MakerX」の翻訳支援ツール連携機能は、Trados(トラドス)に代表されるコンピュータ支援翻訳ツールと連携することで、多言語マニュアルの翻訳コスト削減や、現地拠点でのローカライズ、あるいは対応言語をさらに増やすための、画期的なオプションです。

Microsoft Wordファイルのアップロード機能

慣れ親しんだMS Wordによるライティングスタイルを継続したい場合、マニュアル原稿をMS Wordで作成したのち、「Publish MakerX」にアップロードすることにより、従来の延長線上によるフローでのドキュメンテーションが可能です。
アップロードはドラッグ&ドロップでカンタンに行う事が可能であり、コンテンツはトピック単位で反映されます。登録時は本文とMS Wordファイル内の画像を区別し、テキスト情報と素材データとして自動判別した上で登録されます。

複数のMicrosoft Wordファイルを一括取り込み機能

MS Wordで作成された過去のマニュアルコンテンツを移行させたい場合に、「Publish MakerX」では、複数のMS Wordデータを一括登録することができます。登録時は本文とMS Wordファイル内の画像を区別し、テキスト情報と素材データとして自動判別した上で登録されます。
ファイルサーバに保存されている大量のMS Wordファイルを、初期取込みデータとして短時間で「Publish MakerX」に移行することができるため、データ移行作業におけるお客様の負担を大幅に軽減できます。

FrameMakerデータ取り込み機能

CMSなどのマニュアル作成~編集システムを導入する際、これまでに作成した過去資産の活用という課題に直面しますが、既存のマニュアル制作ソフトとしては、MS Wordの次にAdobe FrameMakerが使われる事が多いのではないでしょうか。
「Publish MakerX」では、FrameMakerで作成したデータを一括で取り込む事が可能です。HTML出力機能で出力されたアーカイブを取り込むことにより、過去にFrameMakerで制作した既存の資産を移行できます。

図表・画像・音声・動画などの素材管理~共通化

素材(DAM)サーバとしても「Publish MakerX」を活用することができます。テキストコンテンツだけでなく、Web用の低解像度画像と印刷用の高解像度画像といった用途別管理だけではなく、動画・音声・PDF・Excel・Word・PowerPoint・CADデータ・DTPのネイティブデータなど様々なバイナリデータを「素材」として管理する事ができます。個々の素材データには属性を付与する事が出来るため、著作権や利用制限などといった管理情報も登録できます。

コンテンツや素材の属性検索・全文検索、派生情報の管理

多言語コンテンツでは大量に発生しがちなコンテンツや素材データに対して属性情報(メタデータ)を付与することで、「Publish MakerX」では属性検索と全文検索を使い目的のコンテンツを簡単に素早く探す事が出来ます。また、文章の改訂や画像の差替え時には、コンテンツの関連性や派生情報もカンタンに確認することが出来ますので、改訂時の影響範囲も把握しながら制作を進めることが可能です。

電子マニュアル(HTMLマニュアル)・PDF・Wordのワンソース・マルチユース出力

ワンソース・マルチユースに対応したCMS「Publish MakerX」は、内部プレビュー用のPDF、印刷データ入稿用のPDF/x-1aによる自動組版、HTMLによる電子マニュアル(Webマニュアル)、電子書籍用のEPUB、社内システム連携用のXMLなど、様々なファイルフォーマットで出力することが可能です。目的やお客様のシステム環境に応じたコンテンツの再利用や配布を促進します。

スタイルシート(CSS)編集機能

レイアウトやスタイルの変更は、編集したスタイルシートを「Publish MakerX」にアップロードするだけで、PDF・HTML・MS Wordのそれぞれに反映させて出力が可能です。XSLTとは異なり、簡易的なCSSを採用しているため、デザインやレイアウトの変更もお客様側で実施できますので、同一のドキュメントを一段組と二段組でそれぞれ出力する、といった事も可能です。コンディショナルによる仕向け出力にも対応しています。

InDesign連携機能~過去DTP資産も活用!

デザイン重視のマニュアル制作では、Adobe InDesignに代表されるデスクトップツールでのDTP作業が多いのではないでしょうか。しかしながらDTPでは、属人的な制作スタイルのため、コンテンツ自体が構造化されておらず、改訂時はもちろんのこと、多言語化を見据えた場合に不利となります。
「Publish MakerX」のInDesign連携機能は、編集時にレイアウトパターンを選択することで、InDesignのテンプレートにXMLデータを流し込み、DTPによる組版を行うことが可能となります。

改訂情報のバージョン管理・旧版の利用

部分改訂や差し替えが頻繁に発生するドキュメントの管理効率化を支援する強力な版管理機能を「Publish MakerX」は搭載しています。版管理はトピック単位で設定。最終校了済のトピックにバージョン番号を付与する事で、校了済のコンテンツを誤って更新してしまうミスを防ぎます。また、旧バージョンのトピックの閲覧や、最新版と旧バージョンのトピックを混在してマップに登録する事もできます。

改訂時や翻訳時の差分表示・新旧対照比較機能

差分情報(追加点の変更・削除情報)の表示や、新旧対照比較といった機能を「Publish MakerX」は有しており、保存前のトピックと修正中のトピックや、任意のバージョンのトピック同士の差分情報を簡単に確認する事ができます。これにより、執筆者や編集者の間で、改訂箇所や翻訳箇所の差分を確認しながら業務を進める事により、校正もラクに行えます。

ワークフローによる責了申請・バージョン管理

ワークフロー機能により、チーム体制による効率的なドキュメンテーションが「Publish MakerX」において可能となります。責了申請やバージョンアップ・リビジョンアップなど、様々なフローにおいて、あらかじめ設定された権限に応じて確認依頼と承認を行うことが出来ます。権限設定は社内・社外といった使い分けを行う事により、制作・編集者だけでなく、コンテンツ管理者の管理業務も軽減します。

ユーザごとに設定可能な権限管理・システム管理

ユーザやグループごとの権限(機能制限)の設定、コンテンツ操作ログの閲覧、トピックエディタの機能制限など、様々なシステム管理者向けの機能を「Publish MakerX」は提供します。利用者やグループ単位で利用可能な機能を細かく設定することができるため、協力会社や外部の執筆者・校正者に対してはセキュリティを確保しながら必要な機能だけを利用して頂く事ができます。

AI(人工知能)による校正・ゆらぎ検出機能

ドキュメンテーションにおいて校正業務は欠かせませんが、特に正確性が求められるマニュアルの場合、人手により校正用の辞書を構築し、ゆらぎを検出する仕組みが一般的ではないでしょうか。
「Publish MakerX」AI校正・ゆらぎ検出オプションでは、ディープラーニング(深層学習)によるAI技術により、校正に必要とされる辞書作成やルール定義を不要とした、画期的なオプションです。

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「マニュアル作成の効率化とコストダウンを実現するポイントとは? 」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.