スタイルシート(CSS)差し替え機能

CSS形式のスタイルシートを「Publish MakerX」にアップロードするだけで、任意のスタイル設定やレイアウトによるPDF・HTML・MS Wordが出力できます。XSLTとは異なり、簡易的なCSSを採用しているため、デザインやレイアウトの変更もお客様側で実施できますので、同一のドキュメントを一段組と二段組でそれぞれ出力する、といった事も可能です。

スタイルシートでPDFやHTMLを出力

「Publish MakerX」では、コンテンツとデザイン・レイアウトを分離して管理する「ワンソース・マルチユース」を完全に実現します。コンテンツはその構造や意味をXMLの要素や属性で表現する事で、コンテンツの部品化や再利用性を高めることができます。一方で、フォントサイズや図版の位置、段組などのデザインやレイアウトといった要素は、紙に出力する場合とWebに出力する場合ではそれぞれ異なったものが選択できますので、「Publish MakerX」では「ワンソース・マルチユース」がしっかりと実現できます。

「Publish MakerX」では、ワンソースとしてデータベース化したコンテンツに対して、デザインやレイアウトの情報を付与する方法として、スタイルシート(CSS)と呼ばれるWebコンテンツの表現を定義する汎用的な技術で実現しています。スタイルシートを適用する元のコンテンツデータは、「Publish MakerX」に内蔵されるXMLデータベース「NeoCore」で管理されていますが、XMLやXSLT、あるいはDITAの知識などはまったく必要ありません。

「Publish MakerX」のPDFとHTML出力例

見た目の変更や微調整はお客様側で完結

「Publish MakerX」では、PDF・HTML・Word出力のすべての場合に対してそれぞれ別のスタイルシートを割り当てることができるため、利用者は出力形式ごとのスタイルシートを用意し、「Publish MakerX」にアップロードするだけで出力準備が完了します。

このスタイルシートは、管理画面上からいつでも内容の確認と差替えができるため、レイアウトの微調整や修正が発生した場合でも、外部業者に発注することなく、お客様側で運用を完結させることができます。もちろん標準形式のCSSはすでに「Publish MakerX」にプリセット済ですので、導入直後からPDF・HTML・WORD全て出力することが可能であり、何もない状態からCSSを作成頂く必要はございません。さらに、弊社では多数のCSSテンプレートも用意しておりますので、ご要望に合わせたスタイルに近いCSSをご提供させて頂くことも可能です。

「Publish MakerX」スタイルシート差し替え機能イメージ図

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン