訳文管理による多言語ドキュメント管理の効率化

多言語ドキュメント管理に「Publisjh MakerX」は対応しているため、マニュアルやトリセツ(取扱説明書)の訳文管理が効率的に行えます。複数言語で作成したコンテンツはバージョンとともに管理されます。トピック単位でTrados(トラドス)に代表される、翻訳支援(CAT)ツールとの連携や、翻訳管理に必要な作業ステータスの設定も可能です。

多言語管理機能の概要

日本語のみではなく、別言語で取扱説明書や保守マニュアル・技術標準文書を作成・アップデートする必要がある場合、「Publish MakerX」の多言語管理機能は、お客様の業務効率を飛躍的に向上させるとともに、翻訳を外部委託している場合、圧倒的な翻訳コストの削減が可能となります。

「Publish MakerX」では、部品化したトピック単位で多言語ドキュメントを管理することができますが、管理できる言語の種類や数に制限はありませんので、対象言語の数が多ければ多いほど、管理効率の向上と翻訳コストの削減が見込めます。

「Publish MakerX」は、翻訳支援ツールとして最も使われている「Trados(トラドス)」をはじめ、様々な翻訳支援ツールに対応しています。トピック単位で翻訳用XMLファイルのダウンロード・アップロードが行えますので、XMLファイルのダウンロード~翻訳~結果をアップロードするだけで翻訳済トピックが完成します。アップロード時は差分情報を確認した上で登録することができますので、間違ったXMLファイルで上書きしてしまうことも防ぐことができます。

「Publish MakerX」多言語管理機能の概要イメージ図

言語単位で作業ステータスを管理

「Publish MakerX」の多言語管理機能では、登録した多言語トピックを、言語選択プルダウンメニューで切り替えるだけでカンタンに確認することができるだけではなく、翻訳プロセスを考慮した言語毎のステータス設定も可能です。これにより多言語マニュアル(取扱説明書)の制作における翻訳プロセスの効率化を実現します。

例えば、仕様変更で日本語版のトピックを1.1から1.2に版数アップした際に、日本語から英語に翻訳されたトピックを登録する時のステータスは「新規」、翻訳業務実施中や、チェック中のものは「編集中」、翻訳済のトピックを受領後、チェック中の場合は「検収待ち」、チェックが完了した場合は「完了」というように状況に合わせてステータスを設定することができます。

これによりトピックごとの状況が把握できるだけではなく、複数で作成を進めている場合、お互いの進捗状況を把握することができるため、間違えて翻訳チェック済のものを再度チェックする、といった「ムダ・ムラ」や「ヌケモレ」を防ぐことができます。

「Publish MakerX」多言語管理機能イメージ図

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン