HTML(Web)マニュアル・PDF・Wordのワンソース・マルチユース出力

ワンソース・マルチユースに対応したCMS「Publish MakerX」は、内部プレビュー用のPDF、印刷データ入稿用のPDF/x-1aによる自動組版、Web公開用のHTML、電子書籍用のEPUB、社内システム連携用のXMLなど、様々なファイルフォーマットで出力することが可能です。目的やお客様のシステム環境に応じたコンテンツの再利用や配布を促進します。

HTML出力

「Publish MakerX」は、データベース内のマスタコンテンツを様々な形式に出力する事を可能にしました。従来のDTPによる制作スタイルでは、紙とデジタルコンテンツの作成が同時進行できないため、Web化(電子化)の制作コストと時間が2重にかかっていたという問題がありましたが、「Publish MakerX」ではこの問題を解決し、ワンソース・マルチユースによる効率的な制作プロセスを実現しました。

「Publish MakerX」では、データベース内のコンテンツをHTML形式で出力できます。HTML出力機能では、出力したいマップを選択し、テンプレートを選択するだけでレスポンシブ形式のHTMLデータを生成します。導入時のカスタマイズによりHTML出力する際のスタイルを変更する事が可能です。

「Publish MakerX」マップ詳細編集画面イメージ図:スタイルシートを複数登録すると異なるデザインで出力可能

PDF自動組版

「Publish MakerX」では、データベース内のコンテンツをサーバ側で自動組版し、印刷用のPDFを生成する事が可能です。PDF出力機能では、出力したいマップを選択し、テンプレートを選択するだけでPDFデータを生成します。導入時のカスタマイズによりPDF出力する際のスタイルを変更する事もできます。

自動組版機能は、お客様が指定したミドルウェア製品を組み込むことも可能です。これにより、組版作業を外部の協力会社に委託する必要がなくなり、時間とコストを大幅に削減する事を可能にしました。

「Publish MakerX」マップ詳細編集画面イメージ図 その2

XML出力

「Publish MakerX」では、マップ単位で標準形式のXMLデータを出力、ダウンロードする事ができます。これによりデータベース内のコンテンツを様々な社内システムに取り込み、データ連携をする事で、個々のシステム上で2重管理されていたデータの一元化を実現します。

例えばInDesignサーバ用自動組版ソフト、業務システム、翻訳システム等と連携し、データの再利用が可能です。

「Publish MakerX」XML出力イメージ図:出力したいマップを指定してXML形式でダウンロード

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン