ブログと同様のトピックエディタでWeb入稿

ブログのように、コンテンツの最小単位である「トピック」をWebブラウザから入稿するインターフェイスを「Publish MakerX」は有しています。多機能のWebエディタでは、テキスト・図版・表の作成や、数式・ルビ・脚注・HTMLソースの直接編集や、トピックの複製・流用・改訂もCMS上で管理できます。Web入稿したコンテンツは、プレビュー機能により、その場で出来上がりを確認する事が出来ます。

「Publish MakerX」では、文章を構成する最小単位を「トピック」と呼びます。トピックは階層化することができ、例えば章にあたるトピックの配下に節にあたるトピックを作成し、プレビュー機能を使いその場で出来上がりを確認することができます。「Publish MakerX」は、このトピック編集をWebブラウザ上で行うことができるため、編集者のパソコンにソフトウェアをインストールする必要がありません。

この他にトピックエディタでは、テキスト編集の他に、図版の挿入・構造の指定・スタイル付けを行うことができます。また最新バージョンでは、数式(MathML3.0)のサポート、ルビ、脚注編集への画像登録機能、HTMLソースの直接編集機能を搭載しました。トピックエディタは、学習参考書や教材コンテンツの制作だけでなく、マニュアル(取扱説明書)や技術標準文書・規格票など「トピックライティング」といわれる執筆スタイルにも対応しており、制作・編集現場の業務効率化を実現します。

トピックの入稿・編集

「Publish MakerX」では、「トピックエディタ」のメニューやボタンを選択するだけで、表や画像の挿入や「下線・強調・囲み罫・ルビ」などのスタイル情報を持つこともできるのでXML やHTML の知識は不要です。専門知識をお持ちの方であれば、ボタン一つでHTMLソースを直接確認・編集する事も可能です。

また、MathMLに対応しており、Microsoft Word の数式エディタで作成した数式をMathMLに変換し、トピックエディタに貼り付けることにより数式を組み込む事ができます。縦書きのコンテンツも、トピックエディタ上で指定のタグを挿入するだけで組み込むことができます。

「Publish MakerX」Blog記事を投稿する感覚で編集ができる、使い勝手の良いブラウザベースのエディタ

トピックは、章にあたるトピックの配下に節にあたるトピックを作成していく、といった「見出し・章・項・節・脚注」などの階層化も可能です。

「Publish MakerX」文書作成・編集エディタ(トピック)

トピック属性情報の付加

トピックはコンテンツの種類や分類に使用するための情報として属性情報(文書説明・種類、関連キーワードなど)を持ち、これらの一部は検索項目として使用できます。トピックの属性は、「Publish MakerX」導入時に、お客様の要望を取り入れて設定します。
※属性情報の項目および検索項目については初期導入時にサポートパックの費用内で決定します。

また、「Publish MakerX」のトピックエディタには、トピックの属性情報のみを流用する「属性流用」と属性情報だけではなく内容もそのまま流用できる「複製」機能があり、「似たような文書」を効率良く作成する事ができます。

複製されたトピックには、どのトピックから複製したのかという複製元情報や、元になるトピックからは、複製先トピック情報との関係性を見ることが出来る機能があり、複製元情報や複製先情報は、後から追加・削除も実施することも可能です。

「Publish MakerX」トピック属性編集画面のイメージ図

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン