トピックをまとめる「マップエディタ」

コンテンツの最小単位であるトピックを出力単位にまとめたものを「マップ」と呼びます。「Publish MakerX」では、Webブラウザで入稿され、データベースに格納されたトピックを組み合わせてマップとして全体のブック構成を構築します。作成できるマップの数や組み合わせるトピックの数に制限はありません。

マップの作成・編集

「Publish MakerX」で管理するコンテンツの最小単位である「トピックを束ねたもの」を表現する本システムにおける汎用的な概念です。出版コンテンツの制作では、冊子などの出力単位でマップを作成していきます。マップは、トピックの構造を作り上げるだけでなく、デジタルコンテンツに出力する際の属性も付与する事ができます。

データベースに格納されているトピックを検索、マップエディタでコンテンツの並び順や階層構造を指定しながら、コンテンツの出力単位であるマップを組み立てていきます。マップエディタは、Webブラウザ上でコンテンツの階層構造を簡単に編集する事ができ、デジタルコンテンツの編集担当者の編集管理業務を支援します。作成したマップは、HTML出力機能でデジタル出版物向けのHTMLやepubを生成する事ができます。

「Publish MakerX」カテゴリ分けされたマップ

「Publish MakerX」マップの作成

マップの複製

マニュアル(取扱説明書)や社内技術文書は、製品のシリーズ毎に「似たような文書」が多数存在します。「Publish MakerX」のマップエディタでは、マップで構成されるトピックとマップの属性をそのまま複製できる「マップの複製」機能があります。必要に応じて複製したマップの属性やトピック構成など相違部分だけを修正することで、このような「似たような文書」を効率良く作成する事ができます。

また、マップを複製してもマップ内の共通するトピックは複製される事はなく、「ワンソース」のままデータベース内で管理されるので、トピック改訂時にも効率が良く、差し替え漏れなどの人的ミスも防止します。

「Publish MakerX」マップの複製イメージ図

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン