図表・画像・音声・動画などの素材管理~共通化

素材(DAM)サーバとしても「Publish MakerX」を活用することができます。テキストコンテンツだけでなく、Web用の低解像度画像と印刷用の高解像度画像といった用途別管理だけではなく、動画・音声・PDF・Excel・Word・PowerPoint・CADデータ・DTPのネイティブデータなど様々なバイナリデータを「素材」として管理する事ができます。個々の素材データには属性を付与する事が出来るため、著作権や利用制限などといった管理情報も登録できます。

登録可能な素材データ

「Publish MakerX」は、テキストコンテンツ以外にも、Web用の画像・印刷用の画像・動画・音声・PDF・Excel・Word・PowerPoint・CADデータ・DTPデータなど様々なバイナリデータを「素材」として管理することができます。画像データは一般的なJPG、PNGなどのラスター形式だけではなく、SVGなどのベクター形式の両方を管理することが可能です。さらに、画像以外の様々なデータ、例えば動画データや、MS Word、Excel、PowerPointといったドキュメントデータなども登録することが可能です。素材データの登録時は、ユニークな名称を自動付与した形で管理することができます。

「Publish MakerX」では、以下のような様々なデータを管理する事ができます。

  • 画像:Web用画像と印刷用画像を分けて登録できます。
  • 文書:MS-Office(Word,Excel,PowePoint等)やPDFなどの文書を登録できます。
  • 音声、動画:mp3,mp4,avi等のマルチメディアデータを登録できます。
  • その他:お客様のご要望に応じて様々なデータ形式やMIME Typeを導入時に設定します。

素材提供者:主に素材の「登録」を行う。編集部:主に素材の「管理」を行う。

素材データの検索・管理~再活用

「Publish MakerX」では、素材サーバにフォルダを作成し、その中に素材データを分類~登録することができます。各素材データには、素材の登録者や日時などの情報管理や、素材の著作権や利用制限などといった管理情報を属性として付与する事が可能です。これにより従来のファイルサーバでは実現できなかった素材データの検索性が飛躍的に向上し、タグ検索も可能となりました。さらに、素材データの著作権の有無もモレなく管理する事ができます。

「Publish MakerX」で管理されている素材データの世代管理や、同一素材に関して、印刷向けの高解像度画像・Web向けの低解像度画像、といった2種類の素材も1つの素材として登録・管理が可能です。

Publish MakerX 素材の登録

DAM(デジタル資産管理)システムとして素材データを活用

リーフレットやWebサイトなど、チラシや販促物、プロモーションサイトなどを作成する際は、企業内に存在する素材データ、もしくは外部委託先の制作会社が管理する素材データがベースとなり、必要に応じてそれらの素材を活用して作成する事が一般的です。それらの素材データを活用する際、参照元が担当ごとのPC内に保存されていたり、あるいはファイルサーバはあるけれどもどこに存在するか分からない、という状況のままでは、最新バージョンかどうかも分かりません。そのように素材データが一元化されておらず、担当者の手元にある情報を流用した結果、実は流用元の素材データに改版が入っていると、手戻りが発生することになります。もし印刷まで回っていると、とりかえしがつきません。

「Publish MakerX」では、素材データの管理部分のみをDAM(デジタル資産管理)システムとしてご利用頂くことも可能です。ライティングはInDesign、Illustratorや別のDTPツールを使いながら、素材のみ「Publish MakerX」で管理する、といった活用方法も可能ですので、ぜひご検討ください。

「Publish  MakerX」はローカルPCに保存された素材データをアップロードし、登録可能

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン