ユーザごとに設定可能な権限管理・システム管理

ユーザやグループごとの権限(機能制限)の設定、コンテンツ操作ログの閲覧、トピックエディタの機能制限など、様々なシステム管理者向けの機能を「Publish MakerX」は提供します。利用者やグループ単位で利用可能な機能を細かく設定することができるため、協力会社や外部の執筆者・校正者に対してはセキュリティを確保しながら必要な機能だけを利用して頂く事ができます。

ユーザ管理・グループ管理

「Publish MakerX」では、様々なシステム管理者機能を標準で提供します。
「Publish MakerX」にログインするためには使用者アカウントをが必要となります。システム管理者がアカウントの登録、削除を行います。原則として1人1アカウントを使用します。アカウントごとにグループ、権限、役割を設定することができます。

また、システム管理者はシステムに最初から用意されているグループを除き、必要に応じた「グループ」の作成、削除が行えます。システム管理者は「執筆者」「素材DB登録者」など担当業務により任意の「グループ」を作成し、それぞれのグループに使用者を割り当てます。使用者は複数のグループに所属することも可能です。 グループには使用者の他、権限、役割を設定することができます。

「Publish MakerX」ユーザ管理

「Publish MakerX」グループ管理

権限と役割の付与

「Publish MakerX」では、以下の「権限」があり、「使用者」「グループ」「役割」毎に使用可能な権限を設定することができます。

  • システム管理権限
  • トピック上級管理権限
  • トピック管理権限
  • トピック制限付き管理権限
  • トピック参照権限(メモ編集可)
  • トピック参照権限
  • マップ上級管理権限
  • マップ責了承認権限
  • マップ編集権限
  • マップ制限付き編集権限
  • マップ参照権限(メモ編集可)
  • マップ参照権限
  • 素材上級管理権限
  • 素材管理権限
  • 素材制限付き管理権限
  • 素材参照権限

また、頻繁に使用するシステム権限を複数種類組み合わせ、「役割」として設定することができます。役割は、権限、使用者、グループ単位で付与することができます。

これにより、例えば「編集部門に所属する担当者はトピックとマップの作成・更新・削除機能のみ使用できる」「外部の校正担当者はトピックの閲覧権限のみ」などといった社内のセキュリティポリシーに従った柔軟な権限の付与を可能にしました。これらの機能は全て管理者機能で設定する事ができます。

「Publish MakerX」役割の設定

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン