ドキュメント管理に強い、国内シェアNo.1のXML-DB「NeoCore」~オーバービュー

1998年に登場したXMLデータはドキュメントのデファクトスタンダードフォーマットとして普及していますが、XMLデータベース(XML DB)と聞いてすぐに用途が想像できる方はまだまだ少ないのではないでしょうか。
ドキュメント管理に強い国内シェアNo.1のXMLデータベース「NeoCore」の特徴や用途などから、具体的にどのようなシーンで利用されているのか、ご紹介します。

コンテンツファーストの動きとXMLによるデータベース化

一昔前は、コンテンツは管理されるもの、という捉えられ方が一般的であり、CMS(コンテンツ管理システム)を導入すればそれで事足りるような状況でした。
インターネット全盛であり、様々な高機能デバイスも普及している現代において、大量のコンテンツが日々生成される昨今、単に管理するだけではなく、どのように利用できるか、という観点が非常に重要になってきており、コンテンツファーストという考え方も登場しています。

企業内の情報管理により業績向上~構造化データと非構造化データ

「NeoCore」は、企業内で保有し、活用されるすべてのデータのうち、約80%を占める「非構造化データ」の管理に適しています。XMLテクノロジにより、「なんでも・はやく・簡単に」効率よく非構造化データを格納するためのXMLデータベース(XML DB)「NeoCore」 の概要・主な利用用途についてご紹介します。

ドキュメント管理に強いXML-DB「NeoCore」が選ばれる理由

XMLデータベースの日々増加するコンテンツデータをどのように効率的に探すことができるかといった観点では、検索エンジンとは全く異なる特徴があります。
従来の開発方式とは異なったアプローチが可能となる、開発面からおける特徴もふくめたXMLデータベース(XML DB)「NeoCore」のアドバンテージはこちらとなります。

XML-DB「NeoCore」と全文検索エンジン・NoSQLとの違い

日々増加するコンテンツデータをどのように効率的に探すことができるかといった観点では、検索エンジンとは全く異なる特徴があります。
従来の開発方式とは異なったアプローチが可能となる、開発面からおける特徴もふくめたNCのアドバンテージはこちらとなります。

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン