月刊グラフィックサービス No.657 2006年7月号/METAWORKS XCSを支える国産XML DB Cyber Luxeon(サイバー ラクセオン)

月刊グラフィックサービス
No.657 2006年7月号
P.34~P.36

社団法人日本グラフィックサービスが出版している「月刊グラフィックサービス」に、弊社のXMLデータベース「Cyber Luxeon」に関する記事が掲載されましたのでご報告いたします。

METAWORKS XCSを支える国産XML DB Cyber Luxeon(サイバー ラクセオン)
~日本初の商用XMLデータベース eXcelon(SonicXIS)の優れた技術を継承、更に進化~

大企業で多数の実績~XMLネイティブDB

月刊グラフィックサービス No.657 2006年7月号 表紙画像

ビジネス環境の変化やサービスの多様化が進む中、企業の情報システムを支えるXML技術およびXMLデータベースが注目を集めています。
Cyber Luxeonは大企業の基幹システムを補完する、「基幹に近い情報系」で使われています。なぜ基幹なのかというと、他社のXMLデータベースは検索インデックスの作り方に枠をこらしたテキスト検索志向のアーキテクチャなのですが、Cyber Luxeonはインデックス検索だけでなく、データの挿入、検索、更新というサイクルをバランス良く保証し、またトランザクション処理や排他制御などDBMSとして、非常に行き届いた仕組みをとっています。つまり(当然ではあるのですが)XMLをデータとしてとらえ、データ処理志向のアーキテクチャをとっています。

データの検索だけでなく、格納、更新を頻繁に行う業務システムに適したデータベースといえます。またCyber Luxeonは1つのデータベースのXMLデータを複数サーバーのメモリに分散配置して、パフォーマンスを向上させることができる点も魅力です。アクセス数の増加にともない、サーバーの増設だけでパフォーマンスを改善することができること、これもCyber Luxeonが大手企業で採用されている理由の一つです。

変化に強いアーキテクチャ~RDBとの比較

RDBと比較した場合、XMLデータベースの最大の特徴は柔軟性の高さにあります。例えば業務アプリケーションにRDBを採用する場合、データベースの構造設計を堅牢に行い、整理整頓されたデータを大量に取り扱うことを主眼におきます。会計処理など、項目の見直しがなく、数値型データを膨大に集計するなどの業務要件にはベストマッチといえます。

一方XMLデータベースは、製造業の部品・図面管理や仕様書など、複雑で不定形な、階層型データ・モデルの統合管理や、カタログ等のドキュメント制作のような一品一様に近い個性的なデータの統合管理に秀でています。Cyber Luxeonでは新しい項目、属性が必要になった時点でダイナミックにタグの追加や階層の設定をすることができます。データを貯めながらビジネス・ニーズに即した形にデータベースを育て続けることができるというイメージです(図2)。

...続きはPDFをご覧ください。


METAWORKS XCSを支える国産XML DB Cyber Luxeon
PDFダウンロード(810KB)

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン