IT Pro/ITエンジニアのスキル向上ゼミナール「【中級】一流エンジニアのタイムマネジメント 第2回 計画編」

2006年8月28日
IT Pro
ITエンジニアのスキル向上ゼミナール

日経BP社が運営しているIT情報サイトITpro内「ITエンジニアのスキル向上ゼミナール」に弊社 取締役 システム開発部長 白井のインタビューが掲載されましたのでご報告いたします。

【中級】一流エンジニアのタイムマネジメント 第2回

計画編 すべてのタスクについて実行日時を決めておく

あなたが普段使っているスケジュール表を開いて欲しい。紙の手帳でもパソコン・ソフトでも構わない。そこに、どんな予定を書き込んでいるだろうか。おそらく予定が詰まっている日もあれば、空欄のままになっている日もあるのではないか。

ダスキンの加盟店大手である武蔵野(東京都武蔵野市)で、企業向けを主力としたプロバイダー事業を担当する斎木修インターネット事業部課長のスケジュール表は違う。毎日びっしりとスケジュールが詰まっている。ITエンジニアとして飛び抜けて多忙だからというわけではない。スケジュール表の使い方が、普通とは違うのだ。

開始時刻が決まっている会議や打ち合わせ、顧客訪問などのアポイントメントは、誰もがスケジュール表に書き込むだろう。斎木氏はそんな時刻の決まった予定だけでなく、期限までにやればよい「提案書作成」のようなタスクも記入している。すべてのタスクについて、いつ行うかを決めているのだ。

間際になって慌てないために

タイムマネジメントにおいてタスクの洗い出しの次に行うのは、スケジューリングである。その際に重要なのは斎木氏のように、すべてのタスクについて、実行予定の日時を決めてしまうことだ。

一般的には、ある期限までにやればよいタスクが発生すると、スケジュールをチェックして実行する日や週を大まかに決めるにとどまることが多い。「2週間後までに提案資料を完成させる」というタスクが生じたなら、「来週やろう」と決めておくという具合だ。

...続きはWEBサイト「IT Pro」掲載ページをご覧ください。

「IT Pro」掲載ページはこちら

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン