THE INDEPENDENTS NEWS 起業家インタビュー(NO.24)/株式会社サイバーテック 代表取締役社長 橋元 賢次

2008年4月1日
THE INDEPENDENTS NEWS
起業家インタビュー(NO.24)

株式会社インディペンデンツが発行しているニュースレター「THE INDEPENDENTS NEWS」に、弊社代表 橋元のインタビュー記事が掲載されましたので、ご報告いたします。

XMLデータベースNo.1企業

市場シェアNo.1

橋元 昨年11月に「NeoCoreXMS」国内総販売事業を三井物産セキュアディレクション社から取得しました。従来主力の「Cyber Luxeon」はデータ更新が強いのですが、「NeoCore」は検索機能が強く、従って両者には大変相乗効果があります。元々「NeoCoreXMS」は商用XMLデータベースでの市場シェアNo.1です。結果、当社の市場シェアは併せて53.5%と断トツになり、従来からある受託開発の事業とあわせ、XMLデータベース事業は非常に好調です。

社運をかけた「Cyber Luxeon」取得

橋元 2005年に米国ソニックソフトウェア社(以下ソニック社)から取得した「Cyber Luxeon」は社運を賭けた事業でした。技術面でのリスク、語学面でのリスク、共に相当高いハードルでした。しかし社員全員が「やろう!」と言ってくれました。誰か一人でも反対するメンバーがいたら取得を諦めるつもりでした。最悪でも保守サービス事業だけでどうにか回収できると想定して事業取得をしました。

大企業との付き合いが信用力に

橋元 しかしフタを空けると保守の更新をした顧客は3分の2しかありませんでした。我々が事業を買い取る以前にソニック社は事業撤退を顧客に伝えていたので水面下でデータベースソフトの乗り換えが始まっていました。想定した顧客の数に達せず・・・これは大きな誤算でした。ただ、失敗だとは思いませんでした。社内メンバーが本当に踏ん張ってくれました。おもしろいと感じてどんどん仕事を進めてくれました。また、ビジネス的にもそれまでとは違って超がつくような大企業が顧客になって対外的な信用力に繋がりました。

...続きはPDFをご覧ください。

起業家インタビュー(NO.24)橋元 賢次
PDFダウンロード(651KB)

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン