Enterprise Watch/小川浩のネットショッキング

2009年2月10日
Enterprise Watch
「小川浩のネットショッキング」

株式会社インプレスが提供している「Enterprise Watch」に掲載されました。

株式会社モディファイ CEO 小川浩様の連載企画:小川浩のネットショッキング「XMLデータベースは電気自動車」内で弊社代表 橋元がゲストとして対談しております。

【対談内容】

  • RDB(リレーショナルデータベース)よりXMLデータベースははるかに柔軟
  • XMLデータベースは金融や製造業に向いている
  • XMLは次世代のデータフォーマット、XMLデータベースは電気自動車のようなもの

XMLデータベースは電気自動車

今回のゲストは、XMLデータベースの提供と受託開発で知られるサイバーテック社長の橋元さんです。XMLとXMLデータベースの普及に精力的に活動する橋元さんは、XMLデータベースを「柔軟なデータベースである」とよく表現されています。本人も常に柔和な表情を崩さない、橋元さんの挑戦は悪化するばかりの景気の中で、どう左右されるのでしょうか。率直に伺いました。

RDB(リレーショナルデータベース)よりXMLデータベースははるかに柔軟

【小川氏】NeoCoreサミットではありがとうございました。今日はまず橋元さんの個人的なプロフィールを聞かせてください

【橋元氏】パーソナル的な話ですか(笑)。えーと、橋元賢次です(笑)。サイバーテックの社長をしております。サイバーテックは昨年で創業10周年を迎えた会社で、XMLというキーワードでばく進しています。

この業界に入ったきっかけは、小学校でMSXでゲームを作ったりしていたことですね、あのころはファミコン派とMSX派に分かれてましたが。その後、大学は工学部の電気電子工学科に進んで、その流れで沖電気の子会社に入社しました。ところがハードには興味がもてない、ソフトがやりたいと思い、試行錯誤しながら副業でプログラムを書いたりしていました。それでも我慢できず、結局会社を辞めて1998年9月8日に会社を立ち上げることになりました。

【小川氏】サイバーテックは最初からXML専業ですか?

【橋元氏】最初からXML専業であったわけではありません。ただそうではないにせよ、会社を創業した当初からRDB(リレーショナルデータベース)の四角四面の世界には疑問をもっていました。あれは固いデータを入れる固い箱、という思いが強かった。なんて固いソフトなんだと思っていました。

【小川氏】詳しくきかせてください。

【橋元氏】例えば、RDBベースで何かのシステムを構築する際、ちょっと仕様を変えると全部作り直しになるじゃないですか。PostgreSQLベースで解決できるようなプロダクトを作ってみたり、いろいろと試行錯誤してみましたが、結局その思いはぬぐえず、そんなおり、2000年にXMLとXMLデータベースに出会ったんです。

【小川氏】いまのサイバーテックはXML専業といっていいですよね。

【橋元氏】まあそうですね。ただ、受託はXMLがらみが多いとはいえ、他の分野も実施しています。XMLのデータベースの提供と受託開発を二本柱にしているといえばいいですね。拠点は日本とフィリピンにおいています。

...続きはWEBサイト「Enterprise Watch」掲載ページをご覧ください。

「Enterprise Watch」掲載ページはこちら

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン