アジア・マーケットレビュー Vol.22 No.4 2010 3/1号/フィリピンで大きく伸びるBPO産業

アジア・マーケットレビュー
Vol.22 No.4「2010 3/1号」
P.22~P.25

株式会社重化学工業通信社が出版している小社刊「アジア・マーケットレビュー」にサイバーテック代表取締役社長 橋元の講演が掲載されましたのでご報告いたします。

フィリピンで大きく伸びるBPO産業

去る2月8日からフィリピンのマニラ湾に面したSMXコンベンションセンターで開催したフィリピン最大のIT展「e-Services フィリピン」は今回が第10回。毎年オープニングに駆けつけるアロヨ大統領の今年の挨拶には例年になく力がこもっていた。今年5月10日の大統領選で退くアロヨ大統領だが、「フィリピンのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が劇的に拡大、今やインドに肉薄するスケールになった」という成果を強調した。フィリピンのBPOの民間工業会であるBPAPのまとめでは、09年のフィリピンのBPO部門の売上高は、世界不況下にもかかわらず前年比19%伸びの72億2,530万米ドル、内コールセンターが50億ドルで残りがバックオフィス(11億1,800万米ドル)、ITアウトソーシング(5億6,800万米ドル)、アニメーション(1億2,000万米ドル)、ゲーム(450万米ドル)だった。

アジア・マーケットレビュー 2010年3/1号 表紙画像

国際機関日本アセアンセンター(本部 東京)では、この「e-Services フィリピン2010」開催に合わせ、フィリピンIT(情報技術)関連事業の最新事情をさぐる視察ミッションを派遣、筆者はこれに同行した。

同ミッションに参加した安藤証券(東京)の安藤敏行社長は「金融関連で沖縄に進出しているが、沖縄に地理的に近いフィリピンに09年末に初めて関心を抱いて今回のミッションに参加した。沖縄でも中国市場を向く人が増えているが、私はこれからは南だと直感した。私はロシアなど、海外に出るたびに新ビジネスを即決してきたが、今回は注文発注システム開発をセブ島のローカル企業にお願いすることを決めた。今後フィリピンともビジネスが増えそうな予感がしている」と語った。

...続きはPDFをご覧ください。


フィリピンで大きく伸びるBPO産業
PDFダウンロード(721KB)

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン