サイバーテック、フィリピン セブITアウトソーシング事業を強化

報道関係者各位
2014年8月1日
株式会社サイバーテック
サイバーテック、フィリピン セブITアウトソーシング事業を強化

現地拠点開設8周年を記念してWebリニューアル。プレゼント付きアンケートも実施

株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都新宿区、以下サイバーテック)は、同社が「日本品質・フィリピン価格」として展開する日本国内企業向けオフショア開発・ITアウトソーシング事業を大幅に強化することを発表いたしました。それに伴い、Webサイトの全面リニューアルを行うとともに、オフィスの拡張移転も実施いたしました。
また、現地での創業8周年を記念して、プレゼント付きのアンケートを実施いたします。

サイバーテックが「日本品質・フィリピン価格」と銘打って、フィリピン・セブ島を拠点として展開している日本国内企業向けのオフショア開発・ITアウトソーシング事業は、一般的なオフショア開発拠点と比較して20%以上が日本人スタッフという圧倒的な日本人比率を実現しております。従って、俗に「ニアショア」とよばれるレベルと同等、つまり日本国内で実施する場合と同じ水準の「品質・コミュニケーション」のクオリティを実現しております。

さらに特筆すべきポイントと致しまして、フィリピンは東南アジアでありながら公用語が英語という特徴を有しており、その中でもセブ島はフィリピン国内においても高い英語力を有するエリアとして有名であり、欧米企業がコールセンターを多数設置しています。サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、日本企業が海外進出する上で必須となる「英語版Web制作・英語ドキュメント作成・英語サポートサービス」の提供も実施致しております。

このたび2014年8月1日にて現地拠点開設8周年を迎えるにあたり、オフィスを拡張移転いたしました。オフィスを従来の約3倍(200平方メートル)に拡張し、現在の45名体制から10周年を迎える2年後には100名体制、かつ現在の3倍の売上拡大を目指します。

また人員増により、カバーできる業務範囲も拡大するため、それらを適切に告知する目的で、Webサイト(http://www.itoutsourcing.jp/)を全面リニューアルいたしました。従来はHTMLコーディングが主体であった事業内容ですが、提供可能なサービスの範囲が広がり、Webサイトにも掲載されている以下の3つの柱を中心に、今後は様々なお客様のニーズを「日本品質・フィリピン価格」で実現することを目指してゆきます。

CMS導入/Webサイト運用保守(各種CMS導入、コンテンツ移行、Webサイトの運用保守)

大量のデータ加工(画像、動画、音声、各種データフォーマットの変換や加工業務)

英語サイト構築/英語サポート(翻訳~Web作成、プロダクトの英語サポート)

また、今回の新オフィスへの移転およびWebサイトのリニューアル、さらに8月1日の現地拠点開設8周年を記念して、抽選で10名様にフィリピン・セブ島名産の「Cebu 7Dドライマンゴー」をプレゼントするアンケートを実施いたします(締め切り:2014年8月31日)。
アンケートは以下にアクセスください。
http://www.itoutsourcing.jp/eighth-anniversary/

また、アンケートとは別に、以下のような特典を別途設けることにより、フィリピン・セブでのラボ契約に関する告知啓蒙にも取り組んでゆく所存です。

8月中に新規でラボ契約1人月以上をご発注頂いたお客様に対して、ドライマンゴーとフィリピン産ビール(サンミゲル)のセットをプレゼント致します。

9月迄に新規でラボ契約10人月以上をご発注頂いたお客様に対して、成田~フィリピン・セブ間の往復航空券(フィリピン航空)を一名様分プレゼントいたします。

※ラボ契約:作業するエンジニアを長期契約により固定化することで、作業ノウハウの習熟度向上によるメリットをクライアント側で得ることが出来る契約形態のこと。

参考情報

【旧オフィスの住所】
3rd Floor, Left Wing AS Building, UPV Cebu College Campus Lahug, Cebu City, Philippines 6000

【新オフィスの住所】
6th Floor, JDN Square Bldg. P.Remedio St., Banilad, Mandaue City Cebu Philippines 6000
(日本人が数多く往来し、日本食レストランなども数多く存在するエリアとなります。)

【新オフィスの写真】

ビル全体の写真 ビル入り口の写真

屋上にある多目的ホール オフィスからの景観

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
<本件に関するお問合せ先>
株式会社サイバーテック 社長室 広報担当:薮田
E-Mail:info@cybertech.co.jp  TEL:03-3513-8000 FAX:03-3513-8002
<株式会社サイバーテックについて>
株式会社サイバーテックは、1998年に設立されました。「ITによる社会貢献」を目指し、次の3事業を展開しています。(URL:http://www.cybertech.co.jp/

1)「Publish MakerX」事業
ドキュメントを複数名で簡単・スピーディに制作でき、版管理~再利用を正確かつリアルタイムに実現可能なソフトウェア「Publish MakerX」を提供いたします。
※「Publish MakerX」製品紹介ページ:http://www.publish-maker-x.com/

2)XMLデータベース「NeoCore」(ネオコア)事業
柔軟性の高いXMLデータを「なんでも」「早く」「簡単に」効率よく管理できる、国内シェアNo.1のソフトウェア「NeoCore(ネオコア)」を提供いたします。
※「NeoCore」製品紹介ページ:http://www.cybertech.co.jp/xml/xmldb/neocore/

3)フィリピンITアウトソーシング事業
システム開発やコンテンツ制作に必要な要員を「日本品質・フィリピン価格」のラボ型エンジニアリング形式で提供いたします。
※「ITアウトソーシングサービス」紹介ページ:http://www.itoutsourcing.jp/
<XMLデータベースとは>
XMLデータベース(XML DB)は、ネイティブXMLデータベース(NXDB)とも称されます。XMLドキュメントをそのままの形で格納することによって、従来のRDBで必要とされた、複雑なマッピング処理が不要になり、やわらかい情報管理を実現しながら、高いパフォーマンスを保つことが可能です。RDBを機能拡張し、単にデータタイプの一つとしてXMLが扱える「ハイブリッド型データベース」に関しては、ベースとなる設計思想がテーブル型のアーキテクチャを持っています。したがって、「複雑なXMLデータを格納する」「一度格納したデータを更新する」「項目を追加する」といった処理は、XMLデータベースと比較すると、パフォーマンス面で圧倒的に劣ります。(約50倍~100倍)
また、XMLデータベース・RDBともXMLネイティブ検索を実施する際はW3C標準のXQueryが必要となってきますが、実際にクエリー文を書く際にも、XMLデータベースではXQuery構文のみで済むのに対して、RDBでは従来のSQLにXQueryを追加する形となり、クエリー文も膨大な量になるため、「ハイブリッド型データベース」でXMLをハンドリングすると、システムメンテナンスコストは逆に増大する傾向にあります。その他、XMLデータベースに関する様々な情報は、XMLDB.JP(http://www.xmldb.jp/)をご覧ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録