サイバーテック、XMLデータベース「NeoCore」のロードマップを発表

報道関係者各位
2012年11月28日
株式会社サイバーテック
サイバーテック、XMLデータベース「NeoCore」のロードマップを発表

パフォーマンス向上・APIの充実化などの機能強化を計画

株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都新宿区、以下サイバーテック)は、同社が主催する日本最大のXMLデータベースイベント「NeoCoreサミット2012」(11月16日金曜日開催)において、XML DB/XMLデータベース「NeoCore」のロードマップを発表し、ユーザからの要望が多い「パフォーマンス向上」「APIの充実化」などの機能強化計画を発表しました。

サイバーテックの代表取締役である橋元は、「NeoCoreサミット2012」の冒頭の講演「XML DB NeoCoreの戦略と今後について」において、「ネットワークインフラの低価格化や様々なデバイスの普及に伴い、ドキュメントや画像などのコンテンツデータなど、膨大なデータ処理が求められるビッグデータ時代においてXMLデータもその例外ではない。マイクロソフトOfficeなど企業で扱うドキュメントデータのフォーマットもXMLがベースとなりその数は日々増大している」と語った。

このようなデータが増殖、増大する「データ・パンデミック」状態の中、企業が取り扱うドキュメントやメタデータを効率良く「検索・複製・再利用」するための基盤としてXML DBのニーズが確実に高まっているという内容とともに、続くセッションではKVS(Key Value Store)と同じくXML DBもNoSQLのうちの一つであり、さらに「適材適所」が進んでいる、という内容でイベント自体は終了した。

このような背景の中、XML DBトップシェアの「NeoCore」については、今後の開発計画が発表された。「NeoCore」ユーザからの要望が多い「最新OS環境でのパフォーマンス向上」や、現在主体となるJavaによる開発に加え、開発の敷居を下げることが可能となる「PHPのAPIを実装」した次期バージョンを2013年中に提供する予定であると発表した。

サイバーテックでは、XML・XML DBの普及啓蒙と各種関連する情報の公開に積極的に取り組んでおり、今後もイベント・セミナーやWebサイトを通じて公開する予定です。

関連URL

「NeoCoreサミット2012」開催レポート:
https://www.neocore.jp/summit-new/neocoresummit2012_report1.html

NeoCoreについて

XMLは元々マニュアル管理のニーズから誕生したSGMLをベースとしており、現場でのドキュメント管理やナレッジ管理などの柔軟なデータハンドリングが求められる用途に非常に適したデータフォーマットです。XML DB「NeoCore」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な"やわらかい"データベース・エンジンで、国内出荷ライセンス数は500ライセンスを超え、国内No.1シェアのXML DB/XMLデータベースです。

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
<本件に関するお問合せ先>
株式会社サイバーテック 社長室 広報担当:渡辺
E-Mail:info@cybertech.co.jp  TEL:03-3513-8000 FAX:03-3513-8002
<株式会社サイバーテックについて>
株式会社サイバーテックは、1998年に設立されました。「ITによる社会貢献」を目指し、次の3事業を展開しています。1)ドキュメント・ナレッジ・コンテンツなどの柔軟性が求められるデータを、XMLテクノロジとデータベース管理システムで解決。RDBなどの従来型では困難な、柔軟性の高い「XML DB (XMLデータベース管理システム)」 のご提供。2)国内エンジニアだけではなく、フィリピン・セブ島の自社オフショアセンターと連携した「エンジニアリングサービス」のご提供。3)お客様側で運用が簡単に行えるWeb構築や、スマートフォン向けWeb最適化サービス・Facebookアプリケーションをはじめ、ECサイトやメディアサイト等のWeb運用、画像変換やレタッチ、データ変換/加工、HTMLコーディング、翻訳(日英・英日)サービスなどを「日本品質・フィリピン価格」でご提供する「オフショアITアウトソーシングサービス」。
URL:https://www.cybertech.co.jp/
<XMLデータベースとは>
XMLデータベース(XML DB)は、ネイティブXMLデータベース(NXDB)とも称されます。XMLドキュメントをそのままの形で格納することによって、従来のRDBで必要とされた、複雑なマッピング処理が不要になり、やわらかい情報管理を実現しながら、高いパフォーマンスを保つことが可能です。RDBを機能拡張し、単にデータタイプの一つとしてXMLが扱える「ハイブリッド型データベース」に関しては、ベースとなる設計思想がテーブル型のアーキテクチャを持っています。したがって、「複雑なXMLデータを格納する」「一度格納したデータを更新する」「項目を追加する」といった処理は、XMLデータベースと比較すると、パフォーマンス面で圧倒的に劣ります。(約50倍~100倍)
また、XMLデータベース・RDBともXMLネイティブ検索を実施する際はW3C標準のXQueryが必要となってきますが、実際にクエリー文を書く際にも、XMLデータベースではXQuery構文のみで済むのに対して、RDBでは従来のSQLにXQueryを追加する形となり、クエリー文も膨大な量になるため、「ハイブリッド型データベース」でXMLをハンドリングすると、システムメンテナンスコストは逆に増大する傾向にあります。その他、XMLデータベースに関する様々な情報は、XMLDB.JP(http://www.xmldb.jp/)をご覧ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン