2008/02/28開催:「XML DBが描く、新しいWebの姿」 builder tech day

builder tech day でデモンストレーション

2008年2月28日(木)晴天 場所:ベルサール八重洲

2008年2月28日、ベルサール八重洲で、「builer tech day」(主催:シーネットネットワークスジャパン株式会社)が開催されました。コードを書く技術者のためのコミュニティメディア「builder」のイベントとして始まった「builer tech day」は今回が記念すべき第1回目。「openAPI&beyond」をテーマに、OpenIDの普及を積極推進するシックス・アパートと共催で行い、150名定員の会場は満席状態で、盛り上がりをみせていました。

株式会社サイバーテックは、このイベントの初日に、「どうも今晩は、XML DBです。」というタイトルでデモンストレーションを行いました。builder tech dayの公式サイトでもセミナーリポートが載っていますのでそちらもあわせてご覧ください。

builder 「どうも、XML DBです:プロローグ」はこちら

ウェブページのhtmlデータをXML DBで再利用してみよう!

会場の様子その1

今回のデモンストレーションでお見せしたネタは、通常はWebシステムの出力形式である、html(正しくはxhtml)ファイルをXMLデータベースにそのまま格納して、検索したり別のスタイルをはめて再利用しちゃいましょう、という内容のデモをご覧頂きました。具体的には、JavaScriptからさまざまなXPathを用いて「NeoCore」に登録されたXHTMLデータを取得し、その取得結果をブラウザに表示させるというモノです。builder tech dayの公式サイトでも本セッションのリポートが掲載されています。


builder tech day セッションリポートはこちら

「NeoCore」についてはこちら

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン