2013年5月・6月開催:イベントレポート

2013年5月・6月開催:イベントレポート

サイバーテックが5月と6月に出展しました、2つのイベントについてレポートを掲載します。

多くのお客様にご来場いただき誠に有難うございました。多くのお客様から課題を直接伺うことができ、非常に有意義でした。今後、課題解決のご相談などございましたらお気軽に担当者までお声がけください。

第18回 データウェアハウス&CRM EXPO

「第18回 データウェアハウス&CRM EXPO」

●イベント詳細:https://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/crmexpo2013.php

お客様の売上向上を支援する「商品情報データベース」を中心とした展示とデモをご覧いただきました。この「商品情報データベース」はXML技術を用いて柔軟なデータ管理ができるのが特長です。商品情報の入れ替えなどの商品ライフサイクルの変化が発生したら都度、お客様の管理者の手で項目や属性情報の追加を行うことができます。

お客様の声の一部をご紹介します。

  • 商品ごとに担当部門が分かれてしまっていてその部門単位で文書管理のシステムが異なるため、情報共有ができていない。特にカスタマサポート系の情報共有は必要だ
  • XMLで商品データベースを構築するとユーザにとって何がメリットなのかが理解できた。

「第18回 データウェアハウス&CRM EXPO」会場の様子

第24回 設計・製造ソリューション展

「第24回 設計・製造ソリューション展」

●イベント詳細:https://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/dms2013.php

「製品情報と文書のナレッジデータベース」をテーマに、社内に散在する文書をデータベース化して、高度な検索と文書の再利用を活性化するシステムの展示とデモをご覧いただきました。
展示会場では、製造業のマーケティング部門、設計部門、マニュアル(取扱説明書)制作部門、品質管理部門など様々な部門のお客様と文書やナレッジの共有や課題について情報交換させて頂きました。部門によって解決したい課題が様々でしたが、弊社がご提案する「XMLデータベースを核とした情報系システムの重要性」についてはご理解いただけたと感じました。今後は一つ一つお客様から頂いた課題と宿題に対応していきたいと考えています。

お客様の声の一部をご紹介します。

  • 今使っているRDBでは表現が困難な製品スペック情報を管理できるデータベースがあることが分かった。
  • マニュアルを制作しているが自社の製品とスタイルに合ったシステムがないので導入を見送っていたが、今回のデモを見てマニュアル内製化に適用できると思った。
  • 電子文書だけでなく紙の文書も多く散在している。そのあたりから解決できるサービスやソリューションはないか?

「第24回 設計・製造ソリューション展」会場の様子

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン