EnterpriseZine/XML DBがRDBMSに置き換わるなんて、昔は無理なことを言ってました-XMLデータベースは特化した領域で確実に評価されている

2012年11月9日
EnterpriseZine

株式会社翔泳社が提供している情報提供Webマガジン「EnterpriseZine」の特集記事に弊社代表の橋元の記事が掲載されましたのでご報告いたします。

XMLDBがRDBMSに置き換わるなんて、昔は無理なことを言ってました - XMLデータベースは特化した領域で確実に評価されている

谷川 耕一[著]

「XMLデータベースがリレーショナル・データベースに置き換わるなんて、昔はかなり無茶なことを言っていました」と言うのは、XMLデータベース製品である「NeoCore」を提供する株式会社サイバーテック 代表取締役社長の橋元賢次氏だ。橋元氏は、「XMLデータベースはリレーショナル・データベースとはまったく別物」と言う。なので企業のITシステムのメインストリームで利用すべきものでもない。

XMLデータベースはリレーショナルに取って代わるものではない

XMLデータベースには適正なサイズがあり、それを適正な用途で利用することで、市場で評価を得ているとのこと。

「ニーズは以前より高まっていて、市場はじわじわと拡大しています」と橋元氏。とはいえ、リレーショナル・データベースの市場が100あるとすれば、XMLデータベースの市場はせいぜい1程度。徐々に拡大しているからと言って、これがやがて80になるかというそういうことではない。

XMLデータベースは、2000年ころに一度ブームがあった。橋元氏が言うように、当時はリレーショナルを置き換えるのではという勢いがあったのだ。もちろん、そうはならなかった。むしろその後は、あまり目立たなかったかもしれない。当時は、純粋なXMLデータベースもあれば、XMLデータをリレーショナル・データベースで扱えるようになった時期でもある。IBM DB2では、リレーショナルでありながら、XMLデータを柔軟に扱えるのがいまも特長の1つになっている。

...続きはWEBサイト「EnterpriseZine」掲載ページをご覧ください。

「EnterpriseZine」掲載ページはこちら

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン