サイバーテック、XMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を維持

報道関係者各位
2014年10月1日
株式会社サイバーテック
サイバーテック、XMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を維持

出荷金額において38.0%の市場占有率

株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都新宿区、以下サイバーテック)は、2014年10月1日、民間調査会社の株式会社富士キメラ総研(代表取締役社長:田中 一志 本社:東京都中央区、以下富士キメラ総研)が実施している調査資料「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」の2013年度の製品市場 合計出荷金額において、XMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を維持したことを発表いたします。

「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」によると、サイバーテックが提供するXMLデータベース(XML DB)製品「NeoCore」の合計出荷金額で38.0%の製品市場占有率を獲得しています。(2013年度実績)

XML DB国内市場 シェア一位/富士キメラ総研調べ。「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」

サイバーテックは、2007年10月にXMLデータベース「NeoCore」の日本国内総販売店事業を三井物産セキュアディレクション株式会社から取得、その後は2008年から6年連続で開催する自社イベント「NeoCoreサミット」などを中心にマーケティング活動を展開しており、順調に問い合わせ件数や出荷本数を伸ばしています。

XMLデータベースの注目すべき用途としては、製造業・金融業・サービス業などで多用されるマニュアル(取扱説明書)類が、紙ではなくWeb経由で閲覧する事が増えていることが挙げられますが、理由としては、スマートフォンやタブレット端末などの普及が大きな理由となります。その際にWebと非常に親和性の高いXMLで元となるデータを記述し、XMLデータベース「NeoCore」で管理することにより、あくまで中心はWebになりますが、必要に応じて紙やPDFで出力する、といったスタイルが急拡大しています。

また、近年の画像・音声・動画データなどのコンテンツデータの増加に伴う「メタデータ」のニーズが飛躍的に高まっていますが、メタデータの管理にもXMLデータベース「NeoCore」の採用が進んでおり、お問い合わせも多様化しつつ増加傾向にあります。

さらに、海外でのデファクトスタンダードになっている、マニュアル等の技術情報を制作・発行・配布するためのXMLに基づいたアーキテクチャ「DITA(Darwin Information Typing Architecture)」の国内企業の採用も追い風となっております。

XMLデータベース「NeoCore」に関する製品戦略としては、販売パートナーやアライアンスパートナーと協業した様々なソリューション展開を実施しております。

また、XMLデータベース「NeoCore」の組み込み用途にも積極的に取り組んでおり、主要製品としては以下のようなものが存在いたします。

XMLデータベース「NeoCore」組み込み主要製品

「Publish MakerX」(株式会社サイバーテック)

Webから技術文書の作成・編集や版管理を行うだけではなく、ワークフロー機能により、ユーザ/グループ等の多様な権限設定が可能なドキュメント作成支援システムです。
http://www.publish-maker-x.com/

「PhotoCabin」(株式会社ディアイスクエア)

大量の業務用イメージを柔軟な検索手法で探し出すことが可能な、業務用イメージ管理システムです。
http://www.cybertech.co.jp/xml/xmldb/photocabin/

「XMLZaix」(日本総合システム株式会社)

Webカタログやメタ情報管理がノン・プログラミングで実施可能な、メタ情報管理パッケージです。
http://www.cybertech.co.jp/xml/xmldb/xmlzaix/

その他にも、従来の印刷用途で用いられる組版用ソフトウェアなども存在いたします。

今後サイバーテックでは、XMLデータベースパッケージにおけるリーディングカンパニーとして、XMLデータベースの新しい価値を創造し、パートナーの協力のもと、製品内容・サービスの強化を行い、XMLやXMLデータベースの有益な製品情報や提案ノウハウを積極的に提供していきたいと考えています。

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
<本件に関するお問合せ先>
株式会社サイバーテック 社長室 広報担当:薮田
E-Mail:info@cybertech.co.jp  TEL:03-3513-8000 FAX:03-3513-8002
<株式会社サイバーテックについて>
株式会社サイバーテックは、1998年に設立されました。「ITによる社会貢献」を目指し、次の3事業を展開しています。(URL:http://www.cybertech.co.jp/

1)「Publish MakerX」事業
ドキュメントを複数名で簡単・スピーディに制作でき、版管理~再利用を正確かつリアルタイムに実現可能なソフトウェア「Publish MakerX」を提供いたします。
※「Publish MakerX」製品紹介ページ:http://www.publish-maker-x.com/

2)XMLデータベース「NeoCore」(ネオコア)事業
柔軟性の高いXMLデータを「なんでも」「早く」「簡単に」効率よく管理できる、国内シェアNo.1のソフトウェア「NeoCore(ネオコア)」を提供いたします。
※「NeoCore」製品紹介ページ:http://www.cybertech.co.jp/xml/xmldb/neocore/

3)フィリピンITアウトソーシング事業
システム開発やコンテンツ制作に必要な要員を「日本品質・フィリピン価格」のラボ型エンジニアリング形式で提供いたします。
※「ITアウトソーシングサービス」紹介ページ:http://www.itoutsourcing.jp/
<XMLデータベースとは>
XMLデータベース(XML DB)は、ネイティブXMLデータベース(NXDB)とも称されます。XMLドキュメントをそのままの形で格納することによって、従来のRDBで必要とされた、複雑なマッピング処理が不要になり、やわらかい情報管理を実現しながら、高いパフォーマンスを保つことが可能です。RDBを機能拡張し、単にデータタイプの一つとしてXMLが扱える「ハイブリッド型データベース」に関しては、ベースとなる設計思想がテーブル型のアーキテクチャを持っています。したがって、「複雑なXMLデータを格納する」「一度格納したデータを更新する」「項目を追加する」といった処理は、XMLデータベースと比較すると、パフォーマンス面で圧倒的に劣ります。(約50倍~100倍)
また、XMLデータベース・RDBともXMLネイティブ検索を実施する際はW3C標準のXQueryが必要となってきますが、実際にクエリー文を書く際にも、XMLデータベースではXQuery構文のみで済むのに対して、RDBでは従来のSQLにXQueryを追加する形となり、クエリー文も膨大な量になるため、「ハイブリッド型データベース」でXMLをハンドリングすると、システムメンテナンスコストは逆に増大する傾向にあります。その他、XMLデータベースに関する様々な情報は、XMLDB.JP(http://www.xmldb.jp/)をご覧ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録