トピックライティングを「Publish MakerX」で実施

「トピックライティング」は、「トピック指向ライティング」とも言われます。従来から存在する、デザイン重視の「ブック指向ライティング」とは異なり、コンテンツの構造に従って部品化された「トピック」という単位で原稿を入稿・編集するライティング手法です。
「Publush MakerX」によるドキュメンテーションでは、どのようにトピックライティングを実現できるのでしょうか?

「Publish MakerX」でトピックライティング

サイバーテックの「Publish MakerX」は、マニュアルやトリセツ(取扱説明書)などの構造化ドキュメントを編集・管理・出力するための機能を持ったコンテンツ管理システムです。

「Publish MakerX」では、Webブラウザ上でブログへ投稿するのと同じような操作で使える「トピックエディタ」により、構造化コンテンツである「トピック」を作成します。マニュアルの編集担当者は「Publish MakerX」の「トピックエディタ」を使用するにあたり、高度なDTPの知識や、XMLあるいはDITAのスキルは不要で、トピックライティングの基本的な考え方を理解するだけで構造化ドキュメントの作成が可能です。

例えば、コンテンツの構造を指定するには、「スタイル」メニューの「アウトラインスタイル」から「見出し・章・項・節・脚注」などを選択するだけです。また、コンテンツ内の見た目を指定するには、「スタイル」メニューの「インラインスタイル」から「囲み罫・外枠」などを選択するのみで実施できます。

トピック編集機能のスタイル選択画面
▲トピック編集機能のスタイル選択画面

さらにトピックエディタでは、「下線・強調・囲み罫・ルビ・上付き/下付き・脚注・リンク指定」といったテキストスタイルの設定やスペック表のような複雑な表の作成や編集も、編集ボタンを選択するだけの簡単操作で行えます。

トピック編集機能のボタン
▲トピック編集機能のボタン

トピックエディタの機能

サイバーテックの「Publish MakerX」では、Web入稿したコンテンツは、本システムで文章を構成する最小単位(=トピック)となり、トピックの複製・流用を簡単に行うことができます。トピックは階層化することができ、例えば章にあたるトピックの配下に節にあたるトピックを作成していく、といった使い方も出来ます。

トピックエディタでは、テキスト編集の他に、図版の挿入・構造の指定・スタイル付けを行うことができます。また最新バージョンでは、数式(MathML3.0)のサポート、ルビ、脚注編集への画像登録機能、HTMLソースの直接編集機能を搭載しました。トピックエディタは、学習参考書や教材コンテンツの制作だけでなく、マニュアル(取扱説明書)や技術標準文書・規格票などのドキュメンテーションに最適な「トピックライティング」に対応しているため、制作・編集現場の業務効率化を実現します。

さらに、「Publish MakerX」では、トピックに属性情報を付与することができます。属性情報は、「製品型番」「シリーズ名」「事業所名」など、項目は自由に決める事ができます。これら属性情報は、トピックを分類、検索する目的で使用できます。このトピック属性は、「Publish MakerX」導入時に、お客様の要望を取り入れて設定します。

その他、「Publish MakerX」には、トピックの版数管理をする「版管理機能」や、複数の言語を管理する「多言語管理オプション」、MS Wordファイルを一括してトピックとして登録する「Word一括登録オプション」などの機能があります。

既存のマニュアルデータを移行~Word・DTPデータでもトピックライティング

サイバーテックでは、出来るだけお客様の現場部門(制作ご担当者様)、もしくは委託先の制作会社様で運用中の、従来のDTPやFrameMaker、Wordなどを使った「ブック指向ライティング」から「トピック指向ライティング」へスムーズに移行して頂くサポートを実施しております。例えば、「トピック指向ライティング」の導入を決めた後、具体的なタスクに落とし込むフェーズのアドバイスやサポートをはじめ、トピックライティングを行う際に必ず検討が必要となる

「マニュアルの構造化のやり方を教えて欲しい」

「レイアウトやデザインを見直すポイントを教えて欲しい」

「制作会社や翻訳会社との役割分担はどう変わるのか」

といった課題に対して、お客様のプロジェクトに参画して、具体的なテーマを一緒に解決する、コンサルティングサービスも実施しております。

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン