機械翻訳~これだけ進化したGoogle翻訳

機械翻訳とは?

機械翻訳とは、ある言語を、ソフトウェアやクラウドサービスを利用して別の言語に自動的に翻訳する事です。機械翻訳の種類はたくさんあり、有名なのがGoogle翻訳です。またMicrosoftのBing Microsoft TranslatorもWeb上で使用できる機械翻訳となります。

皆さんも一度は使った事があると思いますが、機械翻訳は日本社会では切っても切れない重要なツールになります。ご存知の通り、日本では日本語以外の言語が必要ない極めて異例な国です。しかし現代は、日本国内だけでなく、世界に視野を広げてより大きく成長するグローバルの時代です。それに伴い他言語、特に英語などが必要になってきますが、日常的に使っていない人にとっては、多言語の習得は敷居が高いと思います。そんな時に機械翻訳はとても便利です。他言語を勉強する必要もなく一瞬で自動翻訳してくれます。これほど便利なツールはありません。

機械翻訳によるコミュニケーションは可能か?

セブITアウトソーシングセンターでは、Google翻訳を使用し、本社従業員とフィリピン人作業員が直接コミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めています。

機械翻訳の進歩は目まぐるしく、昔に比べれば文章としてまともに使えるようになってきています。昔の翻訳例を出したいのですが、当時の私自身が英語に対して未熟だった事もあり、それは割愛させていただきますが、英語が得意ではなかった私でも酷いと思うほど使えない機能でした。しかし、現在は以下の通り、それなりに使えるツールになってきていると思います。

例1
以下の文章を翻訳してください
Please translate the following sentences.

例2
質問があります。内容はワードにまとめましたので、宜しくお願いします。
I have a question. The contents are summarized in the words, so thank you.

例3
右のヘッダーイメージを左に少し動かしてください。
Move the right header image a little to the left.

上記の様に、多少ぎこちない部分はありますが、伝わるレベルにはなっています。
セブITアウトソーシングセンターの作業員は、第一言語が英語ではないフィリピン人ですので、スタンダードな英語であれば、適切な表現や単語などといった、第一言語が英語圏の人が感じる違和感はあまりありません。簡易的な作業であれば機械翻訳でのコミュニケーションは十分可能だと思っています。

機械翻訳できない文章は避ける~Google翻訳の場合

次回のコラムで詳しく説明しますが、翻訳メモリなどを活用しない限り、現状ではそのままでは機械翻訳ができない文章があります。Google翻訳を使った場合、以下の通りとなります。

  • 英語に存在しない日本語
    「お疲れ様です」は、日本特有の概念なのでそれ以外の言語では翻訳できません。また、「トルツメ」などの専門用語は機械翻訳できません
  • 敬語や尊敬語
    敬語や尊敬語も日本語だけのものです。フォーマルな言い方は英語にも存在しますが、別の言語なので誤訳の原因になります。「A社で働かせていただいております」など必要ない受動態は、翻訳されますが、働くのは自分の意志のため、そのままではおかしな表現になってしまいます。
  • 主語を入れる
    日本語の主語は殆ど省略されますが、英語は主語が絶対に必要なため、主語を省略すると誤訳の原因となります。

上記は、Google翻訳を使った、日本語から英語への機械翻訳がうまくいかない例です。では逆に、英語から日本語への誤訳の原因になる例は以下になります。

  • 長い文章を使用しない
    文章が長ければ長い程、精度は下がります。関係代名詞など必要なければ取り除いて、短く伝える必要があります。
  • 無生物主語構文を使わない
    日本語には物などの無生物が話したり、決断したり意思を持つことで表現される文章がありません。
  • 句動詞・イディオムを使わない
    単純に、一つの単語に含まれる意味が多すぎるため、上手く翻訳できません。使用は控えた方がいいでしょう。

Google翻訳を活用すれば、格安アウトソーシングが現実的なものに

機械翻訳を上手に取り入れるには、英語と日本語の違いを理解し、翻訳する前に日本語の文章を簡易的に直す作業が必要となります。

セブITアウトソーシングセンターでは、自社Webサイトの更新や、自社CMS製品のテストといった社内案件を、Google翻訳を用いたアウトソーシングプロジェクトの実験として積極的に実施しています。本社とのやりとりでもGoogle翻訳を積極的に利用しており、どうすれば伝わりやすいかなどノウハウを貯めてまいりました。うまく伝わらない場合はセブITアウトソーシングセンター内の日本人スタッフがヘルプとして間に入り、コミュニケーションをサポートしています。簡単な作業のアウトソーシングであれば、格安プランとして外部のお客様に活用いただく、といったことも現実的なものになるのではないかと考えています。

ライター:Kondo

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「機械学習の精度を向上させる方法とは?」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.