AI向け画像アノテーション

ITアウトソーシング「画像アノテーション」サービス詳細ページはこちら

ハードウェアのスペック向上とともに、AI(人工知能)へのニーズは日増しに高まっており、従来のルールベースによるAIや、応用技術であるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)から、ディープラーニング(深層学習)へとニーズは移りつつあります。
実現には大量の学習データ(教師データ)の準備が必要不可欠ですが、「AI向け画像アノテーション」サービスでは、高品質・低価格のアノテーションサービスをご提供いたします。

「AI向け画像アノテーション」が求められる背景

ハードウェアのスペック向上とともに、AI(人工知能)技術を応用したソリューションへのニーズは日増しに高まっています。その中でも、従来のルールベースによるAIや、応用技術であるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を用いた業務最適化といった動きは既に一般化しつつあり、次世代のAIとしてディープラーニング(深層学習)に注目が集まっています。それに伴い、先進的な企業はPOC(Proof of Concept:概念実証)やトライアルプロジェクトにより、取り組むAIの対象としてはディープラーニングに移りつつあります。このディープラーニングに必要不可欠なものは、ハイパーパラメーターの設定といったチューニングなどの構築ノウハウと同時に、大量の学習データ(教師データ)となります。

サイバーテックでは、数年前からディープラーニングに取り組み、現在は多言語マニュアルの標準化・改訂コスト削減・Web化を実現する自社開発のCMS(コンテンツ管理システム)「Publish MakerX」のオプションとして、AI校正機能を提供しています。

AI向け画像アノテーションは、サイバーテックがフィリピン セブ島に有する自社オフショア拠点「セブITアウトソーシングセンター」にて実施いたします。日本品質で様々なBPO・ITアウトソーシングサービスを提供する同拠点では、数年前よりAI校正オプションに用いる学習データ作成を行っております。画像アノテーションの受託においても、それらのノウハウを流用し、海外オフショア委託による低価格オペレーションながら、高品質のAIアノテーションサービスを提供いたします。

「AI向け画像アノテーション」サービス概要

サイバーテックが有する自社オフショア拠点である「セブitアウトソーシングセンター」にて、日本人管理者の下、アノテータが様々なディープラーニング向け学習データを作成しています。アノテーションに関しては、主に以下の2種類の画像アノテーションサービス(矩形物体認識・イメージ セマンテック セグメンテーション)を提供しております。
ディープラーニングに関する技術は日々進化しており、そのほか様々なAIアノテーションに関する取り組みを実施しております。最新情報はお問合せください。

矩形物体認識(オブジェクト ディテクション / object detection)

矩形物体認識(object recognition)画面キャプチャ画像お客様からの指示書によりご指定いただいたツールや仕様に応じて、入力した画像から検出する物体を矩形(バウンディングボックス)で囲み、その物体が何であるかを示すタグ(クラス)付けと、矩形の座標情報のラベル付け(ローカライゼーション)を行います。
※サンプル画像で用いた使用ツール:LabelImg


領域抽出(イメージ セマンティック セグメンテーション / Image Semantic Segmentation)

セグメンテーション 画面キャプチャ画像お客様からの指示書によりご指定いただいたツールや仕様に応じて、入力した画像の輪郭線情報の付与(セマンテックセグメンテーション)、およびラベリングを行います。ポリゴン情報はJSONファイル形式で提供いたします(labelmeの場合)。XMLファイルなどへのパースが必要な際は別途ご対応いたします。
※サンプル画像で用いた使用ツール:labelme


「AI向け画像アノテーション」サービスの特徴

安心の直接雇用スタッフによるAIアノテーション作業!

AIアノテーションはフィリピン・セブ島に有する自社拠点「セブITアウトソーシングセンター」の直接雇用スタッフのみで実施します。クラウドソーシングによる在宅ワークや再委託による業務推進体制ではありませんので、管理下に置かれた作業端末でAI向け画像アノテーション作業を実施します。端末の紛失などによるデータ流出はもちろんのこと、プロジェクト内容自体の情報流出といった心配はありません!

リーズナブル!

AIアノテーション業務の委託先候補としては、様々な海外オフショア拠点があります。比較的リーズナブルなエリアとして代表的な場所は、中国(大連)、ベトナム(ホーチミン・ハノイ)、フィリピン(マニラ)などが知られていますが、セブITアウトソーシングセンターはそれらの都市圏よりも物価が安い「フィリピン中部(セブエリア)」に存在します。大量になりがちのAI向け画像アノテーション業務であれば、なおさら効果が発揮されます!

チーム体制による高品質AIアノテーション!

セブITアウトソーシングセンター内では、日本人もしくはフィリピン人によるアノテーションマネージャとアノテーター(担当者)によるチーム体制で、属人的な「バラツキ・誤差」を極力なくしたAI向け画像アノテーション作業により、教師データを作成します。

「AI向け画像アノテーション」サービス Q&A

「AI向け画像アノテーション」サービスに関する次のような課題をお持ちではありませんか?

海外オフショアは、やはり品質・コミュニケーション面で不安です。

AI向け画像アノテーションの実施場所はフィリピン・セブITアウトソーシングセンターとなりますが、自社直轄オフショア拠点であり、ご契約および受発注は、全て東京本社と行って頂きます。いわゆる「安かろう・悪かろう」や、突然依頼を断られる、といった海外ベースのオフショア企業とは異なり、日系企業の海外オフショア拠点として責任を持って取り組ませて頂きます!

英語が話せません。日本語でのやりとりでも大丈夫?

セブITアウトソーシングセンターのフィリピン人スタッフは日本語が読めませんが、全ての案件に英語が堪能な現地日本人スタッフが付きますので、日本人とフィリピン人が協調しながら業務を進めております。10年以上の海外オフショア拠点の運営ノウハウがございますので、AI向けアノテーションの指示内容も日本語で大丈夫です。海外委託における一番のリスクであるコミュニケーションの齟齬を防ぐことができます。

日本人が全てディレクションに入ると、結局割高になるのでは?

オフショア委託で一番コスト超過に陥る理由は「クオリティや納品内容の齟齬による追加費用」となります。経験豊かな日本人ディレクターがしっかり管理することにより、納期はもちろんのこと、手戻りを防ぐことにより、トータルで見ると低コストにつながります。もちろん国内企業への委託と比べてもリーズナブルです。

外国とのやり取りはタイムラグが心配なのですが

AI向けアノテーションを行う、セブITアウトソーシングセンターがあるフィリピン・セブ島は、日本との時差がたった1時間しかありません。さらに、始業時間なども日本時間に合わせておりますので、メールやスカイプのやり取りでも国境や時差を感じさせることはございません!

急ぎの納期でも対応してもらえる?

自社オフショア拠点「セブITアウトソーシングセンター」は、フィリピン セブ島エリアの独立系日系ITサービス企業において最大規模となっています。AI向けアノテーションでは短期間で一気に行う事が求められる場合が多くありますが、常に最適な人員配置を行っておりますので、急な納品対応や業務ピークにも柔軟な要員調整が可能です!

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン