HOME  >  セミナーレポート  >  2008/07/23開催:メディア・出版業界に学ぶ、XMLシステム構築のポイントセミナーレポート

2008/07/23開催:メディア・出版業界に学ぶ、XMLシステム構築のポイントセミナーレポート

メディア・出版業界に学ぶ、XMLシステム構築のポイントセミナーレポート

2008年7月23日に住友電工情報システム株式会社 東京支社セミナールームで「XML DBソリューションセミナー『メディア・出版業界に学ぶ、XMLシステム構築のポイント』」を開催しました。

本セミナーは、「NeoCore」のアライアンスパートナーである住友電工情報システム社とXMLの可能性を独自路線で追求するフジミック社との共催セミナーです。

集客

本セミナーは、今、メディア・出版業界で注目されるXMLを、「どのように利用すれば」「どうやって構築すれば」というユーザー視点に基づき、大容量コンテンツ検索と組合わせたユーザー事例とライブデモを用いて説明。技術面ばかりが脚光を浴びていたXML・XMLデータベースを身近に感じていただけるセミナーとして企画しました。

当日は、システム開発会社の方が5割、次いでメディア業界の方が4割を占め、あらためてメディア・出版業界での注目度が高いことを感じました。

セミナーの内容

本セミナーは、「XMLは技術ではない。実現したいことを可能にする道具である。」という想いの下、今、XML・XMLデータベースのユニークな使い方をされているメディア・出版業界に注目。

「メタデータの高速検索とワンソース・マルチユース」「ライブデモでみるユーザー視点のXML利用メリットと必要性」「類似検索エンジンによる大容量XMLコンテンツ検索」の3本立てで、XMLの技術説明が全くないこれまでとは違った構成で開催しました。

メディア・出版業界におけるXMLデータベース事例

「これまでは技術視点からの説明が多かった事例セミナーでしたが、顧客視点での啓蒙活動に取り組んで参ります。」と、弊社小野からの所信表明で始まった事例紹介。

まず最初は、XMLデータベースの解説をRDBとの比較、主な3つの利用用途で纏めた動画にて実施。その後、大手新聞社、出版社、通信サービス会社の事例を使いXMLデータベース「NeoCore」を利用した際の「業務効率化」「情報共有化」「コスト削減」メリットを運用内容を通じてご説明しました。

最後に メディア・出版業界のXMLデータベースの利用価値として以下の3点をあげ、以降のセッションに繋ぎ、締めくくりました。
・制作効率UPからデータの2次利用へ
・既存メディアとネットの共存で、増えるリッチなアプリケーション
・複雑且つ大量のデータ・コンテンツの管理・検索

ライブデモで解説! 楽しくわかりやすいXML

会場の様子その1 「面白いことをしよう!」この想いだけでXMLデータベースの開発、アプリケーション構築を担当したフジミック社 企画推進室 藤原氏が、「NeoCore」を使った、「絵描き歌アプリケーション」、「ニコニコ動画風アプリケーション」(開発工数:2~3人日程度)をデモンストレーションを交えながら説明。

アプリケーションのデモンストレーションが開始すると直ぐに、参加者の方々は画面に釘付け状態でその"ユニークさ"に見入り、笑い声がでるほど。

今回の開発を通じ感じたXMLを用いるメリットとして、
・開発工数の削減
・改修工数の削減
・アプリケーションサーバー側での処理の簡素化 など
をあげ、新しい視聴の実現には、コンテンツに付帯するメタ情報の活用が重要である旨、ご説明いただきました。

全文検索エンジンによる、大容量XMLコンテンツの検索ソリューション

会場の様子その2 情報洪水の今、注目されている検索エンジン。なかでもXMLとの親和性が高く、検索精度と検索速度に定評のある「Quick Solution」について住友電工情報システム社 システム営業部 伊藤氏が説明。

インターネットサーチ(Web検索)とエンタープライズサーチ(社内情報検索)の違いとそこに求められる内容を、普段気にすることのない"検索の裏側"にスポットを当て、ご説明いただきました。

また、検索に留まらない機能、利用方法、純国産だからできる具体的なロードマップについてもご説明いただきました。

まとめ

今回のセミナーアンケートでは、6割を越える参加者がXMLデータベースの導入・顧客への紹介したいという、前向きな結果がでました。セミナーを通じ、メディア・出版業界では、注目されているだけでなく、実用に前向きに動きつつあることがわかりました。また、「特に印象に残った内容」では、全ての事例に興味を持って頂くことができました。

今後も、より面白く、有用な情報提供ができるよう「XMLソリューションセミナー」を企画して参ります。ぜひご期待ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録