「Publish MakerX」翻訳メモリ連携機能(XMLインポート・エクスポート)

マニュアルの多言語化が求められる背景

操作マニュアル(取扱説明書)に近年求められる大きな役割として、マニュアルの多言語化があります。グローバリゼーションによる製品やサービスの海外展開が進むにつれ、現地での操作方法を説明するにはどうしてもマニュアルが必要となります。従来は日本語と英語の2か国語を準備すれば事足りていましたが、本格的なマニュアルの多言語展開を視野に入れるのであれば、日本語から英語のマニュアルを作成したのち、英語版をベースにマニュアルの多言語化を検討したほうが、翻訳コストや品質といった面から考えても有利となります。

産業機械や工作機械などに不可欠である操作マニュアルや、保守マニュアル・技術標準文書といったドキュメントを多言語で作成~改訂を実施する必要がある場合、「Publish MakerX」の多言語管理機能は、お客様の制作効率を飛躍的に向上させるとともに、翻訳コスト削減と品質向上を同時に実現することができます。特に翻訳を外部委託している場合、翻訳にかかるコストを圧倒的に削減することが可能となります。

多言語マニュアルの作成~管理機能の特徴

多言語コンテンツ(マップとトピック)に関連付けて翻訳を実施

多言語コンテンツを「Publish MakerX」上で作成する場合、任意の言語情報を持ったトピックとマップをそれぞれ関連付けることが可能です。例えば以下の図のように、日本語と英語のトピックやマップをそれぞれ関連付けることができ、ソース言語である日本語に対応する英語のマップやトピックを識別することが可能となります。また、この関連付け情報により、あるマップに配置されているトピックについて、多言語コンテンツの状態を一覧で確認することもできるようになっていますので、翻訳対象言語の中で現在未翻訳になっているトピックのみをピックアップして翻訳を実施する、といった効率的な翻訳作業が可能となります。

多言語コンテンツの関連付けイメージ画像

多言語情報マトリクス機能で一元管理

多言語マニュアルの編集において一番の課題は、複数言語にわたるブック内のトピックにおいて、どの言語のどのトピックが翻訳完了なのか、翻訳ちゅうなのか、未着手なのかといった事が非常に分かりにくいという事があげられます。「Publish MakerX」では、マップに紐付くトピックの翻訳状況を一元管理することが可能となっており、翻訳情報管理画面では、システムに登録されている言語と、マップに紐づいているトピックの情報をマトリクスで表示します。この管理画面を確認することによって、ソース言語に対する各言語のトピックの状態(トピックが準備されていない/トピックは存在するが、マップに紐づいていない、など)を確認することができます。さらに、オプション機能である「翻訳支援ツール連携機能」をご利用頂くことで、ここから翻訳依頼を実行することも可能です。翻訳依頼を実行すると、翻訳中などのステータスも表示されます。

多言語情報マトリクス機能により、「Publish MakerX」の多言語管理機能では、作業状況をリアルタイムに一元管理できますので、翻訳依頼漏れや翻訳作業の遅延を効率的に管理できるだけでなく、マニュアル制作に関わる関係者全員で情報を共有することができます。これらの操作を全て「Publish MakerX」ではWebブラウザのみで行いますので、作業担当者の交代などにもスムーズに対応することが可能となり、翻訳作業の途中でアップロードいただき、改めて別の作業者へ翻訳依頼をかけ直すことも容易です。特別なスペックのパソコンは不要で、出先の環境であっても作業を行うことが可能です。

多言語情報マトリクス機能イメージ画像

Tradosの活用~翻訳支援ツール連携オプションの利用でさらに効率的な作業環境

Trados(トラドス)に代表される、コンピュータ支援翻訳(CAT)ツールとの連携オプションを合わせてご利用いただきますと、翻訳情報管理画面に「翻訳」ボタンが出てきます。これにより、管理画面からの翻訳依頼も可能となり、アカウントに現地子会社や代理店の方、あるいは外部翻訳者を追加することでさらにマニュアル制作業務の一元化を行う事が可能となり、翻訳業務の効率化とコストダウンを実現することができます。

トピック単位によるXMLダウンロード・アップロード機能

「Publish MakerX」は、翻訳支援ツールとして最も使われている「Trados(トラドス)」をはじめ、様々な翻訳支援ツールに対応しています。翻訳支援ツール連携オプションをご利用頂かない場合も、トピック単位で翻訳用XMLファイルのダウンロード・アップロードを行うことでXMLファイルのダウンロード~翻訳~結果をアップロードするだけで翻訳済トピックを作成することができます。

そのため、マップ配下に大量のトピックがある場合でも、複数の翻訳作業者へ分割して依頼することが可能です。また新規の翻訳作業者に依頼する場合にテストトピック単体で依頼することや、ソース言語のトピックが全て完成していない状態であっても、完成したものから少しずつ翻訳依頼していくなど、様々なシーンで柔軟に対応いただけます。

トピック単位による翻訳~XMLインポート・エクスポート

Tradosとの連携オプションが無い場合であっても、「Publish MakerX」では、トピック単位でXMLデータの入出力を行うことができます。この機能を活用いただくと、外部翻訳支援ツールとの連携により、製造業におけるトリセツ(取扱説明書)や保守マニュアル、技術標準文書など、多言語で作成することが求められるドキュメントの翻訳業務をトピック単位で実施することが可能となります。翻訳支援ツールは、一般的に用いられるTradosをはじめとする様々なものに対応していますので、今までナレッジを蓄積してきた翻訳メモリの情報をそのまま継承して活用することが可能となります。

また、XMLは汎用性の高いデータフォーマットでもあるので、翻訳支援ツールとの連携だけではなく、様々な外部のシステムやツールとも簡単にデータの受け渡しや連携をすることができます。XMLファイルは、トピック機能の「XML」タブを押すと、いつでも閲覧することができます。そちらで表示内容を確認することも可能ですし、XMLの記述中身は気にせず、XMLファイル形式でのエクスポートや、XMLデータを「Publish MakerX」のトピックとしてインポートする事ができます。

「Publish MakerX」多言語管理機能の概要イメージ図

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「マニュアル作成の効率化とコストダウンを実現するポイントとは? 」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.