クラウド Watch/サイバーテック、XMLデータベースの普及啓蒙を目指す「NeoCoreサミット2011」を開催

2011年10月30日
クラウド Watch

株式会社インプレスが提供しているクラウド関連情報サイト「クラウド Watch」に、弊社主催イベントに関する記事が掲載されましたのでご報告いたします。

サイバーテック、XMLデータベースの普及啓蒙を目指す「NeoCoreサミット2011」を開催

株式会社サイバーテックは10月28日、XMLおよびXMLデータベースの普及啓蒙を目的としたイベント「NeoCoreサミット2011」を開催した。今年で4回目となる今回は、『XMLデータベースで「集める・ためる・活用する」』をメインテーマとして、情報系システムに欠かせないXMLデータベース製品だけでなく、それを支える連携製品やサービスまで幅広く紹介した。

イベントではまず、サイバーテック 代表取締役社長の橋元賢次氏が、『「集める・ためる・活用する」とXMLデータベース』と題し、同社の提供するXMLデータベースエンジン「NeoCoreXMS」を中心とした「集める・ためる・活用する」の概要を説明した。「XMLデータは、集めて、ためることで、さまざまに活用することができる。たとえば、集めたXMLデータをWebやスマートフォンなどに配信したり、たまったXMLをもとに組み版をして印刷物を作成したり、マルチメディアコンテンツとしてDVDに焼いて配布するなど。その中核を担うのが、当社のXMLデータベースエンジン『NeoCoreXMS』である」と、XMLデータの格納に最適なデータベースエンジンとして「NeoCoreXMS」を展開しているという。

「ただ、『NeoCoreXMS』は、あくまでXMLデータを集めるための箱であり、たまったXMLデータをユーザーに有効活用してもらうためには、販売パートナーとの協力体制が重要になる。そこで、当社では、『NeoCoreXMS』の販売パートナーに向けて、サードパーティ製品と連携したデータ活用ソリューションの提供やパートナー製品の開発支援、さらにはセブ島にある当社アウトソーシングセンターを利用した開発プロジェクトの低コスト化などのサポートを行っている。これらの『NeoCoreXMS』をとりまくホールプロダクトを販売パートナーに提供することで、エンドユーザーへの提案力向上、また競合との差別化を支援する」と、単なる製品提供だけでなく、販売パートナーのサポートにも力を注いでいると橋元氏は力を込める。

...続きはWEBサイト「クラウド Watch」掲載ページをご覧ください。

「クラウド Watch」掲載ページはこちら

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン