「Publish MakerX」導入による業務フローの最適化

マニュアル作成システム「Publish MakerX」導入による業務フローの最適化

マニュアル作成システム「Publish MakerX」は、DTPを中心とする既存の業務フローを最適化し、飛躍的な制作の効率化とコストダウン・マニュアル品質の向上と配信のスピードアップを実現するツールです。システム導入に伴う業務フローの変更は、お客様側の管理者・現場の制作者にとって大変な作業となりますが、新たな制作方法と改訂フローに移行する事で、コンテンツやドキュメントをデータベースで一元管理しながら、紙とデジタルメディア作成・改訂の同時進行が可能となります。ペーパレス化とともに移行が進んでいる、電子マニュアル(Webマニュアル)対応も同時に行うことが可能となり、大きなメリットを享受する事ができます。

マニュアル作成システム「Publish MakerX」導入前

簡単なマニュアルからページ数が多いマニュアル、あるいは多言語で展開されているマニュアルの制作フローにおいて、Microsoft Wordなどのツールや、InDesignやFrameMakerなどのDTPツールを用いた場合、次のような課題が存在するのではないでしょうか?

マスタデータがDTPデータのため、改訂時の編集作業が煩雑化している。

版管理が手作業のため、誤って古い版の原稿を修正するリスクがある。

多人数のプロジェクトでは、データのやり取りが全て担当者間で個別にやり取りされる。

紙面制作の校了が終わるまでWebサイト制作側は待たなければいけない。

紙面制作とWebマニュアル(HTMLマニュアル)の制作において、同じコンテンツを2度校正している。

Publish MakerX 導入前の図

マニュアル作成システム「Publish MakerX」導入後

マスタデータが一元化され最新版のコンテンツに誰でもアクセスする事ができるようになります。また、DTP作業が不要となり、ライターやマニュアル制作担当者のライティングや改訂内容を編集担当者が承認もしくは却下するワークフローにて、品質の高いマニュアルが作成、もしくは改訂作業が完了するため、紙ベースのマニュアルとWebマニュアル(HTMLマニュアル)の両方で実施されていた校正作業も1回で済むため、今まで2重の時間とコストが必要であった部分が半減します。バージョン確定後、HTMLマニュアルの出力指示を行うのみで電子マニュアル(Webマニュアル)が完成します。マニュアル作成ツール「Publish MakerX」を導入することで、次のように課題解決を行うことができます。

一元管理されたマニュアルコンテンツをWebブラウザで編集する形となるため、改訂時に必要となる編集作業がわかりやすい。

ワークフローによりバージョン確定後は修正が不可能となるため、誤って古い版の原稿を修正するリスクは無くなる。

マニュアルコンテンツはXMLデータベースで一元管理されているため、多人数のプロジェクトでもデータの授受は不要。誰がどこを修正しなければならないといった情報も管理される。

ワンソース・マルチユースにより、PDF組版出力と電子マニュアル(HTMLマニュアル)の同時出力が可能となるため、前工程を待つ必要は無くなる。

レイアウトと情報を分離することで、PDF組版出力と電子マニュアル(HTMLマニュアル)それぞれのテンプレートにコンテンツを流し込む事が可能となるため、校正が必要な場合は一度で済む。

Publish MakerX 導入後の図

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「マニュアル作成の効率化とコストダウンを実現するポイントとは? 」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.