Webサイトの運用には、費用も安い運用保守の代行サービスが効果的!

はじめに

自社のWebサイトに関して十分に機能しているのか気になってはいるものの、なかなか手が付けられないという方も多いのではないでしょうか。人手が不足してWebサイト運用に手が回らない場合や、より効果的なWebサイトを目指したい場合は、Webサイトの運用を代行する、という手段がおすすめです。この記事では、改めてサイト運用の重要性を整理し、運用保守の代行を活用するメリットについてお伝えします。

Webサイトを運用することの重要性

そもそも、自社Webサイトの運用はなぜ必要なのでしょうか。情報がインターネットで誰でも手軽に入手できる現代において、より魅力的で効果的なサイトに更新し続けることが利益を生み出すための手段のひとつであることは常識となりつつあります。そのため、企業にとって自社のWebサイトをどれだけ集客力があり、情報を発信できるものにするのかは営業戦略の大きなポイントと言えます。また、検索した人にとってニーズのある充実したWebサイトを提供することは、企業の知名度を上げるといったブランディング向上につながり、その結果その企業や製品・サービスに対するファンを増やす効果が得られます。そのため、Webサイトは持っているだけではなく、目的を定めてより充実度の高いものに逐次更新していく必要があるのです。

運用におけるポイントとは?

Webサイトをより効果的なものにするには、どのような点が運用のポイントとなるのでしょうか。まず、常に新しいコンテンツを生み出すことにより、Webサイトの更新頻度を高くすることが挙げられます。更新頻度を上げて良質なコンテンツを増やし続けることは、商品やサービス、企業名などを検索した際に上位に表示されるようになるというSEO対策につながります。Webサイトを運用してSEO対策をしっかり行うことは、企業の業績に直接影響するポイントと言えるでしょう。

また、より効果を上げるためには、Webサイトを訪れた人が企業の目的とするアクションまで辿り着くためのページ構成やフォームの最適化、レイアウトの改修なども必要です。例えば、商品の注文が目的であれば、注文ボタンまでスムーズに進めるような構成であるかを常にチェックするとより効果的なWebサイトになるでしょう。本来、自社のWebサイトによって集客率や業績を上げるためにはこのような運用保守が必要です。

企業が抱えがちなサイト運用の問題点とは?

Webサイト運用の重要性は感じているものの、人手不足が顕著になっているWeb業界において、必要な人材を確保するのが難しかったり、そもそも何から始めればいいのか分からなかったりといった悩みを抱えている企業も多いのが現状ではないでしょうか。Webやシステム担当者を確保していても他の業務で多忙なため、アクセスの改善やコンテンツの改修など積極的な対策には乗り出せていないという企業も多いはずです。

また、Webサイトの制作を依頼したデザイン会社に運用をまるごと依頼している場合や、少しWebの事を知っている派遣スタッフにとりあえずは依頼している場合、サイトでの集客効果の実感には至っていない企業は多いのではないでしょうか。デザイン会社などに依頼する場合、どうしても受託型のWebサイト制作案件が優先となって業務の繁忙期と閑散期の差が激しく、Webサイトの運用保守を定常的に行うための体制が取れない場合が大半です。人手が足りず、派遣社員にWeb業務を任せている場合、定期的な更新作業は何とかなるとしても、派遣スタッフがWebの専門家ではない場合、クライアント企業のマーケティング担当者などと上手く連携が取れず、効果的なSEO対策などに取り組むことができないといった問題が考えられます。

Webサイトの運営代行で実施出来る事とメリット

Webサイトの運用をサイバーテックの「Webサイト運用アウトソーシング・運営代行」サービスで実施する場合、どのようなことが可能なのでしょうか。まず、運用保守や各種対策を専任で行うエンジニアやHTMLコーダー、PHPプログラマといったプロのスタッフが確保されているため、定期的なコンテンツの更新作業だけでなく、企業が必要とするタイミングで動的コンテンツの制作やWebページの作成を依頼することができます。そのため、例えば企業の繁忙期などにもタイムリーな対応でキャンペーン用のWebページを更新することや、動画などのWebコンテンツ自体の制作の相談をするといったことが可能です。

また、「Webサイト運用アウトソーシング・運営代行」は非常にリーズナブルなサービスとなります。派遣会社に支払う派遣スタッフの費用や、デザイン会社に依頼する費用よりも50%前後は安い、という事がポイントです。その理由は、自社運営の海外オフショアによって低コストを実現しており、多くの日本人スタッフを確保していることで日本語でのWebサイト更新依頼はもちろんのこと、日本人による最終チェックが可能であるためです。このように、Webサイトの運営代行を活用することで、自社の社員の負担を増やすことなく、プロによる継続的なWebサイト運用とより積極的なSEO対策が可能になるというメリットが得られます。

効果的なWebサイト運用には運営代行サービスの活用を

企業にとってWebサイトは業績を上げるための重要なツールのひとつであり、できればもっと活用したいと思っている人も多いはずです。人手不足によってなかなか対策ができていないと感じる場合は、安い費用で依頼が可能なWebのプロによる運営代行サービスを活用して、より積極的で効果的なWebサイト運用を行ってみてはいかがでしょうか。

ライター:ナオ

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「Web運用をアウトソースすると良いコト10選」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.