オウンドメディアのWebサイト運営により利益を上げるには?

コーポレートWebサイトは増加傾向に

コーポレートWebサイト(企業のWebサイト)は数多くあります。低コストで簡単にWeb上に立ち上げることができ、宣伝しやすく、世界中のユーザーが閲覧できます。それらは反対に、たくさんの競争者がいるという事にもなります。コーポレートWebサイトの目的は、たくさんのライバルからファンを獲得し、利益をもたらす事になります。その中でも、より効果的な手法として、オウンドメディア(Owned Media:自社で保有するメディア)を運営する、という方法があります。

オウンドメディアにおいて、もっとも重要なのはWebサイトの更新です。意外かもしれませんが、更新されていないオウンドメディアは、商品のないスーパーと同じです。スーパーに買い物に行ったら商品が何もない、その様なスーパーは二度と行きませんよね(海外のコンビニはよくこのような光景を目にします)。品切れにならないように定期的に更新すれば、客離れ(ユーザー離れ)は減るでしょう。

オウンドメディアのWebサイト運営をする上での注意点

オウンドメディアは簡単に作成して、Web上に持つ事ができますが、個人のブログではないため、以下にある意外な部分で宣伝効果が小さくなることがあります。

  • サイトの見た目が悪い
  • 情報が見にくい
  • 目的が分からない
  • 情報を取得しにくい
  • 誤字脱字が多い

どうしても素人が作るWebサイトとプロが作るWebサイトでは差がでてしまいますので、「サイトの見た目が悪い」ことでユーザーが離れていくのは、とてももったいないことです。

自社でオウンドメディアの運営ができなければ代行してみよう!

信頼される品質のWebサイトを自社で制作・運用できない場合は、代行という方法があります。どのようなデザインのWebサイトがいいのか、掲載情報はどのようなものにするかなど、イメージをPowerPointやWord、Excelなどで作成し、細かいデザインやコーディングはプロに任せることで、よりユーザー目線のWebサイトが出来上がります。また、専門の業者に依頼すれば、検索上位にヒットするようなSEO対策をしっかり行ったWebサイトを作成することができます。

次に重要なのは運用とメンテナンスです。Webサイトを構築した後は、定期的にコンテンツを追加したり、最新の企業情報を公開していくことになりますが、Webサイトの構築が自社である程度可能であっても、運用・メンテナンスは制作部門とは別のコーディングスキルのない担当者が行う場合が多いと思います。毎回オウンドメディアWebサイトのソースコードを担当者が編集するのは、時間も手間もかかる作業ですが、弊社はフィリピン・セブ島に自社オフショア拠点を有していますので、頻繁に発生するWebサイトの更新を安いコストで請け負う事が可能です。現地日本人スタッフによるディレクション・プロジェクトマネジメントを実施していますので、「日本品質」で「安心」してご利用いただけます。フィリピン人メンバーも充実していますので、ページ数の多いWebサイトの保守代行も得意です。

オウンドメディアの運営がもたらす利益

「営業は足を使え」と昔はよく言ったものです。直接会社に訪問して商談を勝ち取りました。また、自宅訪問で電化製品などの売り込みも平成初期までは存在したのを覚えてます。昔の営業は「能動的」で、自ら行動し利益につなげるオフェンシブな手法が主でした。

しかし、誰でも簡単に使用できるWebサービスで自社独自のWebメディア=オウンドメディアにより、お問い合わせのあった顧客と交渉し、案件を受注する「受動的」な手法に変化しました。ディフェンシブな手法では、相手からの行動を待つ事になりますので、Webサイトからお問い合わせが来るような企業サイトを制作することが大切です。そのためにはコストを削減して品質の低いWebサイトを自社で作成するより、外注して品質の高いWebサイトを作成してもらった方がより良い利益が生まれます。

「Webにただ情報を掲載するだけの、オウンドメディア」と認識していると、せっかくの利益を逃すことになりかねません。必要なところでは恐れずコストをかけるべきだと思います。

ライター:Kondo

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.