サイバーテック、2年連続XMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を獲得

報道関係者各位
2009年1月15日
株式会社サイバーテック
サイバーテック、2年連続XMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を獲得

XMLデータの増加に伴い、2009年度のXML DBパッケージの成長予測は138.9%

XMLおよびXMLデータベース(XML DB) (※1)のリーディングカンパニーである、株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都千代田区、以下サイバーテック)は2009年1月15日、民間調査会社の株式会社富士キメラ総研(代表取締役社長:田中 一志 本社:東京都中央区、以下富士キメラ総研)が実施している調査資料「2008パッケージソリューション・マーケティング便覧」の2007年の製品市場占有率においてXMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を獲得したことを発表いたします。

「2008パッケージソリューション・マーケティング便覧」によると、サイバーテックが提供するXMLデータベース製品「NeoCoreXMS」と「Cyber Luxeon」両製品の合計出荷本数で38.1%、また出荷金額においても36.9%の製品市場占有率を獲得しています。

富士キメラ総研によると、企業内のXMLデータの増加に伴い、非定型データの管理を行うXMLデータベース(XML DB)が注目されており、特にXML-EDIによる電子商取引、Office Open XMLによるオフィス文書の普及を契機としたXMLデータベース市場全体の底上げが期待できるとされ、2009年度のXMLデータベースパッケージ国内市場の伸びは、前年比138.9%で成長すると予測されています。

サイバーテックは、上記XMLデータベース市場の成長に合わせて、2007年10月に「NeoCoreXMS」の日本国内総販売店事業を取得、その後も順調に問い合わせ件数や出荷本数を伸ばしています。これにより、前年に引き続き2年連続(※2)でXMLデータベースパッケージ国内市場シェア1位を獲得しました。

2008年10月22日には、日本最大のXMLデータベースイベント「NeoCoreサミット2008」を開催し、セミナーの参加者が100名を超える成功を収めています。また、2008年9月には、開発用途に限定した「NeoCoreXMS開発ライセンス」を提供、同年10月にはXMLデータベースの特徴である、データ構造の変化に柔軟に対応可能な商品情報管理パッケージ「MDM Master」を提供するなど、XMLを使ったシステム開発者のニーズに応える商品ラインナップの強化を図ってまいりました。

今後サイバーテックでは、XMLデータベースパッケージにおけるリーディングカンパニーとして、製品・サービスの拡充を進めるとともに、パートナー施策を強化、販売パートナー企業を通じた市場の拡大と、顧客業務の効率化や経営課題の解決に貢献していきます。

※1 関連URL:http://www.cybertech.co.jp/
※2 2007年10月20日サイバーテック配信プレスリリース参照:http://www.cybertech.co.jp/xml/press/xmldb50.php

今回の発表にあたり、各社様より以下の通りエンドースを頂いております。 (五十音順 敬称略)

株式会社アプレッソは、今回の発表を歓迎いたします。
サイバーテック様が2年連続でXMLデータベース国内シェア1位を獲得されたことは、今後さらに適用範囲が広がるXMLデータに対して、ニーズに合った2つのXMLデータベースを提供し続けている豊富な実績と経験が、多くのお客様やパートナー様に高く評価されたものと確信しております。
当社が提供するデータ連携ソリューション「DataSpider Servista」と、サイバーテック様が提供するXMLデータベースと組み合わせることにより、低コストで変化に対応できるアプリケーション構築環境の提供とお客様の問題解決をサポートできるものと大いに期待しております。

株式会社アプレッソ 代表取締役社長  長谷川 礼司

アンテナハウス株式会社は、これまでも弊社は「XSLFormatter」でXMLデータベースとの連携を進めて参りました。2月には「XSLFormatter」新バージョン「AntennaHouseFormatterV5」の出荷開始を予定しており、XMLデータベースシェアNO.1のサイバーテック社との協業体制を更に強化し、XML市場拡大を目指して参ります。

アンテナハウス株式会社 代表取締役  小林 徳滋

「NeoCoreXMS」と「Cyber Luxeon」によるXMLデータベース市場シェア第1位の獲得おめでとうございます。
既に500社を超える企業でご採用いただいている当社製品「ASTERIA」は、従来よりサイバーテック社の「NeoCoreXMS」と「Cyber Luxeon」に対応しております。
今後ともサイバーテック社のXMLデータベース製品との連携で、さらにお客様のシステムに貢献できることを期待しております。

インフォテリア株式会社 代表取締役社長/CEO  平野 洋一郎

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、このたびのサイバーテックの発表を歓迎し賛同を表明いたします。
高い信頼性を保ちながら柔軟性と拡張性をあわせもつ「NeoCoreXMS」は迅速な対応が求められるビジネス要件に即応できるデータベースであり、当社が提供する帳票型入力画面デザインツール「StraForm」との連携によって入力フォームの柔軟な運用環境を提供することで、業務効率化や課題解決に貢献できるものと考え、今後もさらなる市場拡大に期待いたします。

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長  内野 弘幸

株式会社エクスイズムは、当社の自動組版ソリューション「BASE MODEL」を「NeoCoreXMS」と連携して、世界標準仕様となったPDF形式ドキュメント配信と印刷制作分野でWebベースの工程管理を実現するソリューションを展開してまいります。
「NeoCoreXMS」及びXMLデータベース市場の拡大は、顧客企業の課題解決・高い付加価値の提供を実現するものと確信し2009年も大いに期待しております。

株式会社エクスイズム 代表取締役社長  徳江 一義

このたびの株式会社サイバーテック様のXMLデータベースパッケージ国内市場シェア2年連続1位獲得、誠におめでとうございます。
今、社内情報の効率的活用に向けて、XMLデータベースの利用が注目されております。
弊社の「QuickSolution」は業界最速・最大容量を誇り、辞書メンテナンスが不要でしかもJava実装の純国産検索エンジンで、XMLデータベースに対しても高速検索が可能です。弊社では、お客様のハイレベルな検索ニーズにお応えするために、「QuickSolution」と「NeoCoreXMS」の連携を通じて、今後もより精度の高い企業内検索ソリューションを提供してまいります。

住友電工情報システム株式会社 ビジネスソリューション開発部 部長  谷本 収

今回のサイバーテックの発表を歓迎いたします。
企業を取り巻く環境は急速に変化しており、事業環境の変化や戦略変更に対して迅速・柔軟に対応できる情報システムへの期待が高まっています。
NECは、XMLデータを整理・蓄積し再利用することで高い業務効率を実現する「Cyber Luxeon」と弊社の高信頼なサービス実行基盤「WebOTX」の連携が、データとサービス双方の柔軟性を高め、お客様の課題解決に大きく役立つと考えております。
今後、サイバーテック様との強力なパートナーシップのもと、お客様に満足していただけるシステム基盤の提供を推進して参ります。

日本電気株式会社 第二システムソフトウェア事業部 グループマネージャ  久保田 卓見

私ども株式会社日本ユニテックは、これまで25年に渡りドキュメントソリューションに取り組んでまいりました。その中で培い、育てていただいた「つなぐ」力を「NeoCoreXMS」と連携させることでより一層効果的に発揮できるものと大いに期待しております。
これからも、「NeoCoreXMS」及びXMLデータベース市場の拡大により,顧客企業の課題解決・高い付加価値の提供が実現していくことを願っています。

株式会社日本ユニテック 常務取締役  武田 雅美

XMLデータベースパッケージ国内市場シェア2年連続1位、お喜びいたします。
株式会社日立システムアンドサービスでは、「NeoCoreXMS」の超高速性能を評価し、当社XMLソリューション(Prowise.XML)の中心製品と位置付け展開しております。XMLによる企業システム統合案件は年々増え続けており、今後も貴社製品と組み合せ、最適なソリューションが提供できるものと期待しております。

株式会社日立システムアンドサービス Webテクノロジービジネス推進センター センター長  岸本 喜次

2年連続XMLデータベースパッケージシェアNo.1獲得おめでとうございます。
株式会社プロフィールドは、XML技術をベースとしたコンテンツマネジメント製品XCMS®ならびに、Adobe® InDesign®/Adobe InDesign Server対応のXML自動組版プラグインProDIX®ファミリーを活用したNeoCoreとの連携ソリューションを、様々な業界・業種の顧客に提供してまいりました。顧客が抱える様々な課題を解決するドキュメント制作・コンテンツ管理ソリューションの中核となる、XMLデータベース市場の今後の拡大に大いに期待しております。

株式会社プロフィールド 代表取締役社長  植野 博

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
<本件に関するお問合せ先>
株式会社サイバーテック 社長室 広報担当:中村
E-Mail:info@cybertech.co.jp  TEL:03-5577-8000 FAX:03-5577-8002
<株式会社サイバーテックについて>
株式会社サイバーテックは、1998年に設立されました。コンテンツ管理(CMS)・文書管理・ドキュメント管理や、複雑なデータの管理に適しているXMLデータベース(XML DB)ソフトウェア「NeoCoreXMS」、「Cyber Luxeon」の2製品の提供をはじめ、各種業界向けプロダクトの提供や受託開発を実施いたしております。2006年には、フィリピン・セブ島にオフショア開発センターを設立しました。http://www.cybertech.co.jp/
<XMLデータベースについて>
XMLデータベース(XML DB)は、ネイティブXMLデータベース(NXDB)とも称されます。XMLドキュメントをそのままの形で格納し、利用することによって、従来のRDBで必要とされた、複雑なマッピング処理が不要になり、やわらかい情報管理を実現しながら、高いパフォーマンスを保つことが可能です。RDBを機能拡張し、単にデータタイプの一つとしてXMLが扱える「ハイブリッド型データベース」に関しては、やはりベースとなる設計思想がテーブル型のアーキテクチャを持っています。したがって、「複雑なXMLデータを格納する」「一度格納したデータを更新する」「項目を追加する」といった処理は、XMLデータベースと比較すると、パフォーマンス面で圧倒的に劣ります。(約50倍~100倍) また、XMLデータベース・RDBともXMLネイティブ検索を実施する際はXQueryが必要となってきますが、実際にクエリー文を書く際にも、XMLデータベースではXQuery構文のみで済むのに対して、RDBでは従来のSQLにXQueryを追加する形となり、クエリー文も膨大な量になるため、「ハイブリッド型データベース」でXMLをハンドリングすると、システムメンテナンスコストは逆に増大する傾向にあります。その他、XMLデータベースに関する様々な情報は、XMLDB.JP(http://www.xmldb.jp/)をご覧ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン