PHPのオフショア開発でフィリピンが選ばれる理由

システム開発のオフショア先として急成長しているフィリピン

近年のグローバル化、多様化、急速な環境の変化に伴い、日本国内ではIT人材の需要が高まっています。しかし、日本国内だけではIT人材の供給が追いつかず、2030年には不足数が78.9万人にものぼると言われています。

そのような状況下、システムエンジニアの採用も国内のアウトソーシングも追いつかず、システム開発プロジェクトをさばききれない状況になっているところも多いようです。その有効な解決策として、近年海外でのオフショア開発の需要が急激に高まっています。

元々オフショア開発の主なアウトソーシング先として注目されていたのは中国でしたが、チャイナリスクの顕在化と共に、近年注目されだしたのがフィリピンのオフショア開発です。若くて技術を持った人口層、近年一新されたIT技術者を育てることに力を入れた教育システム、魅力的なIT業界の所得水準などの好環境から、優秀なエンジニアを続々と輩出しています。

フィリピンにおけるオフショア開発は、中国・インドの代替国から、新興アウトソーシング先として発展してきました。ここ数年、フィリピンは経済的資源を活用し、またインドのケースと同様に、IT&ソフトウェアアウトソーシングを国家の重要産業と位置付け大幅な投資をしています。現在フィリピンは、世界の様々なテクノロジー大手企業に選択されるソフトウェアの開発拠点となっています。

また、フィリピンは世界の「デジタル国家TOP50」で14位にランクインしており、多くの外資系企業がフィリピンに積極的なIT投資を行っています。これらの好要因からフィリピンの信頼度が高まっており、有力な開発委託先に検討する企業が増えています。

日本でPHPの需要は今後伸び続ける

PHPは世界で5番目に広く使用されているプログラミング言語です。
日本においてもPHPの需要は常に高い状態が続いています。PHPの需要が続いていく理由は、需要が拡大するWebサイト構築において、多用されるCMSに無くてはならない開発言語であるPHPが高いシェアを誇っているということです。

日本において、PHPで開発されているWordPressのシェアはとても高いです。WordPressは世界のWEBサイトの約30%以上で利用されているツールですが、日本で採用されるCMSでは80%という高いシェアを獲得しています。

その他のWebアプリケーションにおいても、PHPは頻繁に活用される開発言語でもあり、日本では今後もPHPの開発案件は多くなっていくことが予想されます。したがって開発案件が多くなるにつれ、PHPを熟知したプログラマの需要がさらに拡大していきます。

フィリピン人プログラマはPHPが得意

フィリピンは常に若い労働力であふれており、高いスキルと技術があるIT技術者の労働力が豊富です。英語力が高いことも相まって、フィリピンのIT企業は、アジア地域だけでなく世界的にも重要なITサービスプロバイダーとして重要な役割を果たしています。

特に、PHPはフィリピンのソフトウェア開発者に最も人気のあるプログラミング言語の1つでもあります。理由の一つとして、フィリピンで使われているCMSの80%にPHPが使われていることもあげられます。

これは、フィリピンのオフショアに従事する開発者がPHPに精通しており、Webアプリケーション開発において、高品質の成果物を提供するために必要な専門知識とスキルに容易に対応できることを示しています。

PHPのオフショア開発でフィリピンを選ぶメリット

フィリピンをオフショア先に採用する最大の理由は、コストの最適化です。 フィリピンのPHP開発者は、アジアで最も高品質かつ低コストのプログラマと言えるでしょう。 IT技術者の平均賃金を見ると、フィリピンのオフショア開発者は米国よりも約90%安いことがわかります。例えばインドのIT技術者の場合、米国と比べるとコストは7分の1から3分の1と言われています。 したがって、フィリピンのオフショア開発者は、費用対効果の高いソフトウェア開発を求めている企業にとって非常に理にかなっていると言えるでしょう。

ライター:Iwabuchi

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「機械学習の精度を向上させる方法とは?」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.