2009/01/06開催:「技術標準策定の必要性とその推進方法・システム化のコツ」

このイベント・セミナーは終了しました

ユーザ向け定例セミナー【製造業編】

技術標準策定の必要性とその推進方法・システム化のコツ

対象

  • 製造業の技術管理部門・技術標準室・品質管理部門・CSR部門のプロジェクトマネージャ様
  • 標準化推進ご担当者様

こんな課題にお答えします

  • 社内の技術標準化の進め方がわからない
  • 社内の技術ノウハウや設計手法の蓄積と共有化の方法についてノウハウを知りたい
  • 社内技術文書の一元化とシステム化について実現方法を知りたい

概要

主催 株式会社サイバーテック
日時 2009年1月6日(火)16:00~17:30(受付15:45~)
会場 株式会社サイバーテック セミナールーム
MAP
定員 10名(参加費無料:事前登録制)

アジェンダ

16:00~16:40 技術標準策定の必要性とその推進方法・システム化のコツ
大手エレクトロニクスメーカーの技術標準室長として活躍されていた、米山和雄氏を特別講師としてお迎えし、製造業で遵法の源となる重要な「技術」に関する標準化の必要性をレクチャー頂きます。
また、技術標準にとどまらず、「環境情報」や「エンジニアリングレポート」、「特許」に至るまで、全社的に管理すべき技術関連文書のシステム化事例についても、ご自身のご経験も交え、具体的にご紹介頂きます。 特別講師:モノ造りコンサルティング BLUE WAVE FRONT代表 米山 和雄氏

■特別講師プロフィール
BLUE WAVE FRONT 代表 米山 和雄 氏
(元、ソニー株式会社 モノ造り技術センター 技術標準室 室長)

BLUE WAVE FRONTは、技術情報のマネジメントからモノ造り改革を提案します。
具体的には、資材調達や設計、製造活動で社内基準とルールの根幹となる「技術標準の制定」と維持管理のための「マネジメント体制の構築」、これを促進するための「教育ツール」についてご支援します。この他にも、材料や部品・設計成果物に付与するコードマネジメントツールやデータベースシステム、さらにはXML DBを使った製品情報や仕様管理、エンジニアリングレポートに代表される技術ドキュメントのためのシステム構築のご相談も承ります。
16:40~17:00 事例解説と製品紹介
製造業における、XML DBの導入事例とそこで使われている製品・ソリューションをご紹介します。 株式会社サイバーテック
17:00~17:30 個別相談会
※ご希望の方に対して、個別にご相談を承ります。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン