AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービス詳細ページはこちら

AI向けのバウンディングボックス付与は、一見簡単なようで、習熟度や物体検出の理解度の違いにより、学習データの精度にばらつきが生じます。クラウドソーシングによりアノテータを調達することでコストは抑えられますが、学習データのクオリティが低いと、いつまでたってもモデルの精度が向上せず、結果として学習コストが膨らんでしまう、あるいはチューニング工数が想定以上にかかる、という事になります。
サイバーテックが提供する「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション – バウンディングボックス)」サービスでは、自社直営オフショア拠点にて、経験豊富な直接雇用のスタッフがアノテーション作業をリーズナブルに実施いたします。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」が求められる背景

AIの普及が進むにつれ、統計処理的な古いAIではなく、ディープラーニングに代表される新しいAIがどんどん浸透しています。そのような中、一昔前の大規模かつ多大なコストが必要とされてきたディープラーニングですが、昨今は手軽に試すことが可能なフレームワークや、学習モデルを構築するためのインフラ基盤がクラウドで簡単に活用できるため、一部の大手企業だけではなく、中小企業でも試すことが出来る状況となり、ディープラーニングを活用する上でのすそ野が広がりつつあります。

そのような場合、どうしても必要とされるのが学習データとなりますが、人が実施する業務を補足するような目的において、物体検出レベルの取り組みでも人手の補完は多少なりとも行う事ができます。そのような場合、精緻なセグメンテーションまでのアノテーションは不要となり、手軽にアノテーションを実施する、バウンディングボックスによる物体検出が採用される場合が多々あります。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービス概要

バウンディングボックスによるアノテーションは、単純なものであれば単価が安くなりがちであり、クラウドソーシングによるスタッフを集めて管理すると、クオリティコントロールさえうまく行う事が出来れば、コスト的にはリーズナブルに実施することが可能です。しかし、バウンディングボックスによるアノテーションを行った後、さらにセグメンテーションを実施する、といった高度なアノテーションの場合、ディープラーニングの知識に乏しいアノテータ・スタッフ、あるいはアノテーションマネージャが実施するためには、手順書の整備や見直し、クラス付与の判断など、専門的な知識と経験が求められます。

サイバーテックがフィリピン・セブ島に有する自社直営オフショア拠点である「セブITアウトソーシングセンター」では、日本品質で様々なBPO・ITアウトソーシングサービスを提供しており、アノテーション作業においても数十名のスタッフが画像データに対する様々なアノテーション作業に携わっております。オフショア拠点では指示書によるクオリティコントロールは十分可能ですが、複合的なアノテーションを設計し、実施することはなかなか困難です。そのような場合は、本社サイドにて都度コンサルティングに入ることが可能となりますので、どのような背景で、何を考慮しながらバウンディングボックスによる物体検出をしなければならないか、といった事を考慮しつつ、アノテーション・プロジェクト全体を通して、高いクオリティのアノテーションを実現いたします。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービスの特徴

バウンディングボックスだけではなく、アノテーションのプロジェクトも可能!

ディープラーニングによる校正AIを自社で構築し、サービス提供を行っているため、当社はディープラーニング自体のノウハウも有しています。したがって、手順書の作成や、セグメンテーションやクラシフィケーションなども含んだ、複合的なアノテーション・プロジェクトを実施することが可能です。フィリピンの直営オフショア拠点で実施するため、単純なバウンディングボックスのみ付与する業務に関しても、クラウドソーシングによるアノテーション・プロジェクトに匹敵した低コストによるアノテーションが可能です!

直営オフショア拠点による、直接雇用スタッフによる安心のAIアノテーション作業!

当社はフィリピン、セブ島に自社オフィスを所有しているため、作業は直雇用の日本人マネージャーと、同じく直雇用のフィリピン人アノテータが実施します。特にバウンディングボックス単体のアノテーションの場合、価格重視となりがちですので、クラウドワーカーによる在宅作業も多くなります。その場合、プロジェクト内容や実施企業名といった情報の流出や、データ自体の流出や紛失といったセキュリティ面が心配です。当社の場合、指紋認証付きエントランスや監視カメラの設置、日本人管理者常駐などのセキュリティ管理の下で作業を実施するため、セキュリティ面での不安もありません。

チーム体制によるオーダーメイド的アノテーション・プロジェクトが可能!

アノテーション・プロジェクトは、アノテーションマネージャとアノテータによるチーム体制でプロジェクトを実施しており、プロジェクト毎に進捗管理やチェック体制の構成、指示書の作成などを行っています。そのためチームの体制や規模、チェックの有無、工数調整等が可能です。また、アノテーション経験豊富なチームで作業を実施することにより、属人的な「バラツキ・誤差」を極力なくし、高品質なバウンディングボックスやクラス付与を実施します。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービス内容

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービスの流れは以下の通りとなります。

1. 学習データの作成対象となる画像データ・作業手順書やセグメンテーション仕様の確認

学習データの作成対象となる画像データのサンプルと作業手順書を拝見した上で、作業概要(一画像当たりの平均バウンディングボックス数や全体の画像数、納品形態など)をお聞きします。作業手順書が存在しない場合は、バウンディングボックスの付与基準などの仕様に応じた形で、作業手順書もしくはバウンディングボックスの付与ガイドラインを別途作成する事も可能です。構築予定の学習モデルや想定用途・業務などについてもお聞かせいただくと、より最適なご提案が可能です。秘密保持契約の締結が必要となる場合は、いつでもお申しつけください。

下矢印

2. アノテーション(バウンディングボックス付与)の作成体制と想定期間・概算費用のご提示

全画像データに対して、ご要望の仕様やツールで学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス付与)を行った場合の想定体制、および想定期間と概算費用をご提示いたします。特にクオリティに関して、アノテーションマネージャを日本人もしくはフィリピン人のいずれが担当するか・クロスチェックの有無、などの条件により費用は変わるため、ご予算も伺いつつ、最適なプランをご提案いたします。

下矢印

3. 画像データのアノテーション(バウンディングボックス付与)・トライアルプロジェクトの実施

ご提案プランの内容で着手指示頂く前提、もしくは少額のご発注により、少ロットの画像データを用いた学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス付与)を実施いたします。想定体制でご要望のクオリティと量産スピードを両立させることが出来るかどうかに着目した形で進めさせていただき、作成したバウンディングボックスの付与済学習データをご指定の形式で納品するとともに、作業手順書の見直しを実施します。トライアルプロジェクトにおける納品物は、少量とはなりますが、実際のAI学習データとして活用いただけます。

下矢印

4. 画像データのアノテーション(バウンディングボックス付与)・トライアルプロジェクトの評価・検証

小ロットの画像データを用いたアノテーション(バウンディングボックス付与)作業のトライアルプロジェクトを行った結果について、評価・検証を行います。その上で、主にクオリティや作成スピードの面において、当初ご提案した体制やメンバー通りで良いか、あるいは別の体制やメンバーを再検討すべきか、といった内容を本フェーズで検証させていただきます。プロジェクト体制や仕様の変更が発生した場合は、3.に戻り再度トライアルプロジェクトによる学習データの作成を実施することも可能です。トライアルプロジェクトでの成果物をご確認後、正式にご発注頂けますので、オフショア委託が初めてのお客さまでも安心してご依頼いただけます。全体の画像枚数やバウンディングボックスの付与数が少ない場合は、トライアルプロジェクトを延長する形でそのまま本番プロジェクトとした上で、検収を実施して頂く場合もございます。

下矢印

5. 全画像に対してアノテーション(バウンディングボックス付与)作業を実施

画像データのアノテーション(バウンディングボックス付与)・トライアルプロジェクトの評価・検証を行った結果、問題無いとご判断頂いた後、全ての画像データに対して、バウンディングボックスを付与いたします。プロジェクトの途中であっても、画像データの追加や変更・バウンディングボックス付与仕様の変更などにより実施フローの見直しが必要となった場合は、軽微なものであればプロジェクト内で吸収した形で進めることが可能です。大きな方向性の見直しが必要となった場合は、3.もしくは4.のフェーズに戻り、アノテーション・プロジェクトの体制やクオリティ基準の再検討から進めさせていただきます。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービスの事例・価格

AI向け学習データ作成(バウンディングボックスによる画像データのアノテーションの実施)

概要 ディープラーニング(深層学習)用の学習データとして、支給された画像に対して矩形アノテーションを実施(クラス数:10、1画像あたりの平均オブジェクト:5)。データチェックは弊社側100%にて実施。
ボリューム 10,000ファイル
使用ツール・技術 LabelImg、JSON
作業場所 セブITアウトソーシングセンター(フィリピンの自社オフショア拠点)
その他
  • 作業者同士のクロスチェック実施
  • お客様のご要望により本番実施前にサンプルの提出を実施
価格・費用 お問合せください

上記は一般的な「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービスの事例となります。そのほか多数の事例がございます、詳細はお問合せください。

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービス Q&A

「AI向け学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックス)」サービスに関する次のような課題をお持ちではありませんか?

海外オフショアによる学習データ作成(画像データのアノテーション - バウンディングボックスの付与)は、やはり品質・コミュニケーション面で不安です。

バウンディングボックスを付与する画像データのアノテーション作業は、サイバーテックがフィリピンに有する自社直轄オフショア拠点「セブITアウトソーシングセンター」で実施いたしますが、ご契約および受発注をはじめ、東京本社から様々なフォローアップを行わせて頂きます。特に画像データのアノテーションは品質が重要です。「安かろう・悪かろう」といった事が起こりやすい海外ベースのオフショア企業とは異なり、日系企業の海外オフショア拠点として責任を持って取り組ませて頂きます!

バウンディングボックス付与の画像データのアノテーション・プロジェクトの進捗管理について教えてください。

バウンディングボックスを付与する対象画像が大量に存在する場合は、週次で成果物を納品いたしますので、お客様の方で最終チェック頂くという流れが基本となります。ただし、バウンディングボックスを付与する画像データのアノテーションの場合、約1000枚の画像であれば1~2週間程度で終了する場合も多々ありますので、一括納品後、最終チェックを行って頂き、微修正があれば対応させて頂く、といった流れでもご対応可能です。

価格勝負となる、単純なバウンディングボックスの付与でも対応可能でしょうか?

もちろん可能です。画像データのアノテーション(バウンディングボックスの付与)仕様、およびご予算とご希望の納期をお聞かせ頂けると、どれぐらいのアノテーション・レベルで実施可能となるか、すぐに回答させていただきます。自社オフショア拠点ならではの、低価格・高品質の画像データのアノテーション作業をご提案いたします。詳細はお問合せください。

英語が話せません。日本語でのやりとりでもアノテーションの指示は大丈夫?

バウンディングボックスの付与仕様や手順書などが日本語で書かれていても問題ございません。全ての案件に現地日本人スタッフが付きますので、お客様とのコミュニケーションは日本人が担当させて頂きます。日本語が分かる外国籍、あるいは翻訳者や通訳を介したプロジェクト進行とは異なりますので、海外委託における一番のリスクであるコミュニケーションの齟齬を防ぐことができます。

英語で依頼させて頂くと、コストは安くなるでしょうか?

AI関連プロジェクトをご担当されるお客様の中には、日本語・英語のどちらでも普通にコミュニケーションを取って頂ける方がおられます。そのような場合、英語で指示を出して頂くと、日本人コミュニケータのコストが不要となりますので、大変リーズナブルにバウンディングボックスの付与が可能となります。

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.