AI向け学習データ作成(画像データの分類)

ITアウトソーシング「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービス詳細ページはこちら

AIの導入により様々な業務カイゼンが進みつつあり、ルールベースではなくディープラーニング(深層学習)によるAIは注目されている分野となります。ディープラーニングはまだまだ本当に使える分野は限られていますが、その中でも、画像分類は効果的な領域です。
実現には大量の学習データ(教師データ)の準備が必要不可欠ですが、「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスでは、カテゴリ分けによるラベリングを高品質・低価格でご提供いたします。

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」が求められる背景

AI(人工知能)の導入により様々な業務カイゼンが進みつつあります。その中でも、ルールベースではなくディープラーニング(深層学習)によるAIは注目されている分野となります。ディープラーニングが本当に使える分野はまだまだ限られていますが、その中でも、画像分類は効果的な領域のうちの一つです。例えば、犬と猫を区別するように物体(Object)を見分ける画像分類(Image classification)、正常と不良を見分ける故障診断(Daiagnostics)や、離れていきそうな顧客を検知する顧客維持(Customer Retention)など、さまざまな分野で画像分類の概念は使われています。

この画像分類をディープラーニングで行う場合、教師あり学習を行う必要がありますが、そのベースとなる考え方はクラス分類とも言います。これは、その名の通り未知の画像データをカテゴリ分けによるラベリングを行い、学習データを作成してゆくものですが、そうして出来上がったニューラルネットワークは分類器とも呼ばれています。

分類は古くから行われてきた人工知能の代表的な作業であり、代表的なものは「ネガ ポジ分類」です。それらはルールベースで行われることが多く、ディープラーニングよりも1世代前の技術であるため、機械学習アルゴリズムも数多くあります。例えばルールベースで分類する決定木(Decision Tree)や確率で表現するK近傍法、といったものですが、特徴点を見つけて分類してゆく作業はディープラーニングも得意なジャンルです。ハードスペックの向上も相まって、ルールベースで決まらない曖昧なものの分類にはディープラーニングが使われるようになりつつあります。

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービス概要

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、ディープラーニングで「教師あり」学習を行うにあたり必要不可欠な、学習データ(教師データ)を作成するサービスを提供しています。
特に、大量の画像データを学習器により分類し、正誤を判定するAIを考えた場合、大量の学習データが必要となります。工場における故障検出・物流現場における配送物の自動仕分け・医療現場における疾患の検出、といった、仕分けを必要とするAIに求められる学習データを、セブITアウトソーシングセンターの現地ディレクターが責任をもって取りまとめた上で作成いたします。管理者が存在することにより、要件をとりまとめることが可能であるため、お客様側の負荷を減らすことや、品質管理を徹底させることが可能です。お客様側で直接複数のフリーランスに委託し、個別にコミュニケーションを取りつつ品質管理も行う、という手間をかけて頂く必要はもうありません。サイバーテック セブITアウトソーシングセンターによる高品質かつ低コストオペレーションのサービスで、精度の高い画像分類による学習データを作成いたします。

AI向け学習データ作成(画像データの分類)

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスの特徴

安心の直接雇用スタッフによるAI向け画像データの分類作業!

AI向け画像データの分類作業はフィリピン・セブ島に有する自社拠点「セブITアウトソーシングセンター」の直接雇用スタッフのみで実施します。クラウドソーシングによる在宅ワークや再委託による業務推進体制ではありませんので、管理下に置かれた作業端末でAI向け画像データの分類作業を実施します。端末の紛失などによるデータ流出はもちろんのこと、プロジェクト内容自体の情報流出といった心配はありません!

国内フリーランスや他の海外オフショアと比べても圧倒的な低コスト!

AI向け画像データの分類業務の委託先候補としては、様々な海外オフショア拠点があります。比較的リーズナブルなエリアとして代表的な場所は、中国(大連)、ベトナム(ホーチミン・ハノイ)、フィリピン(マニラ)などが知られていますが、セブITアウトソーシングセンターはそれらの都市圏よりも物価が安い「フィリピン中部(セブエリア)」に存在します。大量になりがちのAI向け画像データの分類業務であれば、なおさら効果が発揮されます!

ダブルチェックによる高品質AI画像データの分類!

ディープラーニングにおいて、学習データの品質がばらついてしまうことは、測定器の品質に直結します。画像データの分類作業を平準化させるため、セブITアウトソーシングセンター内では、フィリピン人による作業の2重化を行っており、属人的な「バラツキ・誤差」を極力なくしたAI向け画像データの分類作業により、教師データを作成します。

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービス内容

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスの流れは以下の通りとなります。

1. 画像データのサンプル確認と作業手順書の確認・作成

サンプルとなる画像データを頂くとともに、データの分類仕様が記載された作業手順書を拝見した上でお見積りを致します。作業手順書が存在しない場合は、分類仕様に関してヒアリングを実施することにより、作業手順書の作成に関しても別途お見積りいたします。秘密保持契約の締結が必要となる場合は、いつでもお申しつけください。

下矢印

2. データ量に応じて、トライアルプロジェクトの実施

画像データの数が大量に存在する、あるいは分類仕様が多岐にわたる場合は、ご提案プランの内容で着手指示頂く前提、もしくは少額のご発注により、少ロットの実画像データを用いたトライアルプロジェクトを実施いたします。なお、分類仕様が単純である場合は、本フェーズは省略いたします。

下矢印

3. トライアルプロジェクトの評価・検証

トライアルプロジェクトを実施した場合は、実施結果について、評価・検証を行います。その上で、当初ご提案したプラン通りで良いか、あるいは別のプランを再検討すべきか、このフェーズで検証させていただきます。別プランが良いという判断になった場合は、2.に戻り再度トライアルプロジェクトを実施することも可能です。

下矢印

4. 全画像データを対象とした、本番プロジェクトの開始

全ての画像データを対象とした本番プロジェクトを開始いたします。本番プロジェクトの途中であっても、対象画像データの追加や、分類仕様の変更が必要となった場合は、軽微なものであればプロジェクト内で吸収した形で進めることが可能です。プロジェクトの方向性について大幅な修正が必要となった場合は、2.もしくは3.のフェーズに戻り、方式の再検討から進めさせていただきます。

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスの事例・価格

AIによる食品画像の分類(検出)システム構築に必要となる、学習データの準備(手動仕分け)

概要 ディープラーニング(深層学習)用の学習データとして、支給された食品画像(30カテゴリ)に対して、完全体、2分の1、4分の1、といった3種類に分類。データチェックは弊社側100%にて実施。
ボリューム 30,000ファイル
使用ツール・技術 Windowsフォトビューアー
作業場所 セブITアウトソーシングセンター(フィリピンの自社オフショア拠点)
価格・費用 分類1工程あたり数円~

上記は一般的な「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスの事例となります。そのほか多数の事例がございます、詳細はお問合せください。

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービス Q&A

「AI向け学習データ作成(画像データの分類)」サービスに関する次のような課題をお持ちではありませんか?

海外オフショアは、やはり品質・コミュニケーション面で不安です。

AI向け画像データの分類を行う場所はフィリピン セブITアウトソーシングセンターとなりますが、自社直轄オフショア拠点であり、ご契約および受発注は、全て東京本社と行って頂きます。いわゆる「安かろう・悪かろう」や、突然依頼を断られる、といった海外ベースのオフショア企業とは異なり、日系企業の海外オフショア拠点として責任を持って取り組ませて頂きます!

英語が話せません。日本語でのやりとりでも大丈夫?

セブITアウトソーシングセンターのフィリピン人スタッフは日本語が読めませんが、全ての案件に英語が堪能な現地日本人スタッフが付きますので、日本人とフィリピン人が協調しながら業務を進めております。10年以上の海外オフショア拠点の運営ノウハウがございますので、AI向け画像データの分類仕様の内容も日本語で大丈夫です。海外委託における一番のリスクであるコミュニケーションの齟齬を防ぐことができます。

日本人が全てディレクションに入ると、結局割高になるのでは?

オフショア委託で一番コスト超過に陥る理由は「クオリティや納品内容の齟齬による追加費用」となります。経験豊かな日本人ディレクターがしっかり管理することにより、納期はもちろんのこと、手戻りを防ぐことにより、トータルで見ると低コストにつながります。もちろん国内企業への委託と比べてもリーズナブルです。

外国とのやり取りはタイムラグが心配なのですが

AI向け画像データの分類を行う、セブITアウトソーシングセンターがあるフィリピン・セブ島は、日本との時差がたった1時間しかありません。さらに、始業時間なども日本時間に合わせておりますので、メールやスカイプのやり取りでも国境や時差を感じさせることはございません!

急ぎの納期でも対応してもらえる?

自社オフショア拠点「セブITアウトソーシングセンター」は、フィリピン セブ島エリアの独立系日系ITサービス企業において最大規模となっています。AI向け画像データの分類業務では、短期間で一気に行う事が求められる場合が多くありますが、常に最適な人員配置を行っておりますので、急な納品対応や業務ピークにも柔軟な要員調整が可能です!

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.