モバイルファーストインデックス(MFI)について

2018年3月にGoogleがモバイルファーストインデックス(MFI)を全てのWebサイトを対象に本格的に展開されたことを発表しました。

Googleは今までに世界中の様々なPC版Webサイトのコンテンツ情報を集めてデータベースに登録する「インデックス」によって、キーワードでの検索結果を瞬時に検索結果に表示させていました。モバイルファーストインデックスとは、今までWebサイト閲覧端末の中心となっていたPCから、スマホ・タブレットの普及拡大に伴い、Googleがスマホ・タブレット等のモバイル版コンテンツをインデックスし、その後ランキングの要素にもモバイル版のページを使うという方針です。

なぜモバイルファーストインデックスが求められたのか

Webサイトの表示をPC版の見た目とモバイル版(スマホ版)の見た目に切り替える方法は以前からありますが、最近ではモバイルフレンドリーに対応したレスポンシブデザインで表示分けするWebサイトが増えています。

こうしたWebサイトは基本的に一つの同じサイトをその画面サイズに合わせて表示を切り替える仕組みとするため、PC版とモバイル版のWebサイトは同じ階層構造を持ちます。したがってGoogleがインデックスをするWebサイトは、PC版・モバイル版のどちらに関しても、検索するデバイスの影響を受けることなく、PC・タブレット・スマホ全て同じ検索結果が表示されます。

ただし、異なるコンテンツをシステム上でPC版とモバイル版に出し分けているWebサイトや、PC版とモバイル版で別々のURLで管理・運営しているWebサイトでは、従来のPC版と異なった階層構造でモバイル版のWebサイトがインデックスされるため、PC版WebサイトがインデックスされたGoogleの検索結果をスマホ・タブレットで見ると、モバイル版とPC版の階層構造が異なるため、エラーとして表示される、といった状況が生まれる可能性がありました。

こういった表示されないといった事態を防ぐために、検索結果の基準をPC版とモバイル版Webサイトの構造を統一する動き(=レスポンシブデザイン)が進みました。かつ、スマホやタブレットの普及に伴い、それらで検索しWebサイトを閲覧するユーザーが増えているため、PC版よりもモバイル版Webサイトを優先する方針である、モバイルファーストインデックスという考え方が進んでいます。これによりPC・スマホ・タブレットのいずれのデバイスで検索した場合であっても、同じURLがインデックスされているため、表示される内容が同じになります。

モバイルファーストインデックスによる影響は?

モバイルファーストインデックスが始まった事により一番懸念されるのが、Webサイトの検索順位です。特にPC版しか用意していないWebサイトではどうなるのかといった声も多くあがっていますが、Googleの公式アナウンスでは、PC版のインデックスは引き続き行われるとありますので、検索結果に出なくなるような事はないでしょう。

また、モバイルファーストインデックスは、インデックスに関わるシステムの変更であり、順位に関わるランキングのアルゴリズムの変更ではないため、ランキング自体には大きな影響がないと言われています。特にサイトのモバイル最適化が不十分なWebサイトにはモバイルファーストインデックスが適用されないため、基本的な順位の大きな変動はないと考えられます。

モバイルファーストインデックスに対応していくために

モバイルファーストインデックスによる検索順位への影響は大きく出ないと言われていますが、Googleはモバイルにおけるサイトの利便性向上をとても重視しています。モバイル最適化に取り組むことがこれからも非常に有効であり、重要となってきます。それは、スマホユーザーが読みやすくわかりやすい、使いやすいといったユーザビリティに優れているWebサイトが検索結果の上位に来るようなる可能性が十分にあるからであり、それを実施することにより逆にネガティブ評価される、という可能性がほぼ皆無であるためです。

GoogleもWebサイトのレスポンシブ対応を推奨しています。ただ、既存のPCサイトを余り知識がない制作会社やデザイナー・コーダーがレスポンシブ対応を行った場合、デザイン・レイアウトによってはスマホでのユーザビリティが逆に悪くなる場合があります。モバイルファーストインデックスに対応していくためには、ただレスポンシブ化すれば良いのではなく、豊富なレスポンシブデザインの実績と経験が必要であり、その上でスマホユーザーの使いやすさを意識して作る事がこれからのWebサイトの有り方としてとても大きくなってくると思います。

ライター:松田

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン