サイバーテック社長ブログ

お約束の、フィリピン・セブ島クリスマスパーティ

お約束の、フィリピン・セブ島クリスマスパーティ

2018年12月22日

毎年12月に、フィリピンのセブITアウトソーシングセンターでは、恒例のクリスマスパーティが開催されます。今年も先週開催されましたが、私は現地滞在中でしたので、参加してきました。場所は、セブ市内に昔からある、21階建てのゴールデンピークというホテルの22階のパーティスペースで開催されることになりました。ゴールデンピークは昔からあるのでよく知っていましたが、屋上にこういったパーティスペースがあることは知らなかったです。

当日は風がとても気持ちよく、絶好のパーティ日和だったのですが、実はセブ島に到着早々、現地の風邪にやられてしまい、ひどい咳と熱がある状態でパーティ当日を迎えてしまいました。フィリピンあるあるで、今更恥ずかしいのですが、オフィス内ではずっと長袖を着ていたにもかかわらず、キンキンに冷えた冷房にやられてしまったようです。とりあえず、なめすぎると意識がもうろうとする現地の薬用トローチを大量に買ってきて連続投入しつつ、写真では分かりにくいですが、473mlの巨大MONSTER ENERGY(日本で売られている通常のものは355ml)のハイパワーで治そうとがんばりましたが、当日までに間に合わなかったようです。

フィリピンの薬用トローチと巨大MONSTER ENERGY

クリスマスパーティ一当日は、レッドホース(現地のビール)が私のテーブルにはケースごと運ばれてきました。熱のせいで味覚も変わっているのか、体が全く受け付けず、せっかくのパーティなのに飲めない状態でした。前回優勝した恒例の瓶ビール一気大会も、今回は飲み切ることすらできない始末。

そのような中、日本では完全にセクハラやろ!というゲームをはじめ(私は参加してませんよ。笑)、ビデオ上映、ダンスコンテスト、プレゼント交換など、たっぷり五時間。そのほかに、プレゼントを山盛りもらいましたが、サイバーテック セブファミリーよりという形で、別枠でプレゼントや寄せ書きなどをもらいました。私からは、本社20周年のロゴ入りモバイルバッテリーを一人一人手渡しでプレゼント。今回のセブ行きは、直行便が取れなかったので、マニラ経由で行きました。これもフィリピンあるあるですが、マニラ空港で止められて色々難癖つけられたり、1つくれたら通すとか言われたり(むろん拒否しました)、リチウムイオン50個の持ち込みは、実は結構大変でした。

私の渡航に日程を合わせてくれたという事もあるようで、全員参加というわけにはいきませんでしたが、そこはノリのよいフィリピーノ、大盛り上がりでした!

セブITアウトソーシングセンターのクリスマスパーティでの集合写真

いつもパーティは朝まで続きますが、一次会の中締めが終了したところで、体調がますます悪化してきたので、二次会用の現金をポケットマネーから渡して、帰ることにしました。

それから、さすがにパーティの日の無理がたたったのか、滞在中はずっと体調が芳しくなく、微熱が続いている状態です。帰国後もしばらくこのまま年越しかもしれません。汗

海外の病院にお世話になったことは今まで無いのですが、セブには日本人ヘルプデスクがいる病院が2~3あります。物は試しで、行ってみるのもありでしたね。

間もなく帰国しますが、セブ島から...少し早いですが、皆様、良いお年を!

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.