派遣サービスと比較した、Webサイト運用・運営アウトソース

Webサイトの運用・運営をアウトソーシングする際に、専門スキルを有したスタッフを派遣会社から社内に派遣してもらう、あるいは正社員と派遣スタッフによるチームで実施している企業は多いのではないでしょうか。いずれの場合もメリット・デメリットが存在しますが、シーサーWebマスターを活用頂くと、それはどのように変わるでしょうか?

様々なアウトソーシング形態~派遣スタッフによるWeb運用・運営

派遣スタッフイメージ画像

Webサイトの運用・運営をアウトソーシングする際、一番多いパターンが「CMSを扱ったことがある・HTMLコーディングが少し分かる」といったスキルのスタッフを社内に派遣してもらう形ではないでしょうか。

派遣スタッフによる実施は、すぐ横にWebサイトの担当者がいる状態になりますので、「指示がしやすい」という事が一番のメリットになります。しかしながら、派遣業務において最大の課題になるのが、繁忙期と閑散期の調整です。

Webサイトの運用・運営を派遣スタッフで実施した場合、派遣契約の内容や、派遣スタッフの方にもよりますが、繁忙期は契約時間を超えた形で業務をしてもらう、あるいは外部委託も併用した形で乗り切れることが多いかと思います。

実は大きな問題となるのは、閑散期のコスト負担です。

コンテンツ企画~ライティング~Webサイトの更新まで派遣スタッフで全て担当出来るのであれば、閑散期であってもSEO対策を兼ねてコンテンツを増やしていく、といった作業はあるかと思いますが、コンテンツ企画~作成担当が社員であり、ホームページの更新が派遣スタッフ、という形で担当が分かれている場合が問題です。

業務が繁忙期に突入した場合や、その他突発的な事情でコンテンツ企画~作成側の社員が動けなくなると、コンテンツライティングが滞ります。そうすると、WebサイトへのUPを行う派遣スタッフ側は待ち状態になり、緊急性の高くないWebメンテナンスや雑用をしながら、ひたすらコンテンツが作成されるのを待つ、ということになりかねません。このような場合、待機状態に発生する費用はどれぐらいになるでしょうか。

Web関連のスキルを有する派遣スタッフの時給はおおよそ2,700~3,000円ぐらいであるため、仮に3,000円とすると、20日フル稼働の場合、月額費用は480,000円となります。そのうち週に一度の割合で半日の待機状態が発生した場合、実質稼働分は432,000円となり、3,000円×16時間=48,000円のロスとなります。

派遣スタッフは契約終了も早い~リスクは全て企業側が負担

皆さまご存じの通り、派遣スタッフは3年を過ぎると直接雇用に転換する義務が生じます。

十分な業務量があり、そのままWebサイトの運用・運営業務を継続してもらうという流れで会社側・派遣スタッフ側ともに進めば、そちらに越したことはありませんが、一般的な派遣スタッフのニーズや、派遣契約の性質上、途中で契約を終了したい、と派遣スタッフ側から申し出ることは日常茶飯事です。

派遣会社はスタッフの意思を優先させ、契約を終了するとともに次の候補者を提案するという流れとなりますが、その場合、以下の問題が発生するのではないでしょうか

  • 次の派遣スタッフが存在するかどうか?
  • 候補者はどれだけのWeb関連スキルを持っているか?
  • 引継ぎコストはどれぐらい発生するか?

うまく1. 2.がクリアしたとしても、引継ぎのため、新しい派遣スタッフが現在の派遣スタッフと平行して来社し、業務引継ぎを実施する必要があります。その際、引継ぎコストは全て委託会社側が負担となるため、一定期間、通常の2倍の費用を派遣会社に支払う必要があります。

ある程度の派遣スタッフ数でWebサイト更新を実施している場合や、社員の方も混じったチーム編成では、一人の派遣スタッフが入れ替わっても業務を少しずつ進めながら引き継ぎを行うことができますが、派遣スタッフが一人の場合、新しい派遣スタッフのスキルがそのまま引継ぎ期間の長さ・引継ぎ内容の精度に反映されるため、委託企業側が負担する費用は想定以上に膨らむ傾向となります。

引継ぎ完了したと思いきや、新しい派遣スタッフの方から早々に契約終了したいという希望が出てきた場合、引き継いだばかりでこれから運用開始、という状況にもかかわらず、また新しい派遣スタッフの方に引継ぎをしなければならないという、企業側から見れば目も当てられない状況となります。

月額固定費用+超過分は別途ご清算~シーサーWebマスターで解決

シーサーWebマスターでは、「派遣スタッフの入れ替わりによる委託企業側の負担」や「派遣スタッフの待機費用」といった心配はございません。

業務全体の閑散期と繁忙期のうち、閑散期に合わせたプランでご契約頂くことにより、定常的にみなさまのWebサイトの更新業務などを行いつつ、繁忙期は別途追加で対応させていただきます。

シーサーWebマスターであれば、毎月の基本料金を閑散期の稼働分として位置づけ、繁忙期を追加でご依頼頂く形で進めていただけますので、派遣スタッフでWebサイト運用・運営を実施する場合と比べて、以下のようなメリットがあります。

その1:閑散期と繁忙期の調整が容易

シーサーWebマスターでは、Webサイトの運用において最低限必要とされるタスクをメニュー化しておりますので、閑散期におけるWebサイト運用・運営に求められる内容にぴったりあてはまります。そのうえで繁忙期は追加でご指示頂けますと対応させていただきます。

その2:お客様のご予算にフレキシブルに対応

Webサイトにまつわる想定業務量が増加した・減少した、といった場合から、年度当初の想定予算が、当初見込みと期中では異なってきた、といった場合まで、様々な要因でWebに関する予算配分に変更が発生する場合も、追加御依頼分の有無で調整いただけますので、余計な出費が不要です。

その3:引継ぎコスト不要

派遣契約と異なり、契約終了やスキルのばらつきといった、俗人的なリスクが存在いたしませんので、安心してお任せください。もちろん、お客様に突発的な費用負担が発生することはございません。

シーサーWebマスターでは、フィリピン セブ島の自社オフショア拠点とも連携し
「オフショア × ニアショア = 日本品質・低価格」
を実現しております。Webにまつわるお話でしたら、ぜひご相談ください!

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン