オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行

ITアウトソーシング「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービス詳細ページはこちら

コンテンツマーケティング全盛の昨今、オウンドメディアによるWebマーケティングは大きな効果を得る事が出来る一方、Webマスターや担当者には、コンテンツの作成とWebサイトの更新業務の両方が求められます。
「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」では、オウンドメディアを運営するWebサイトへの投稿やレイアウト調整・画像レタッチなどを低コストで代行いたします。本サービスにより、担当者はコンテンツ企画・作成に注力できるため、アクセスUPを最短で実現することが可能です。

オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行が求められる背景

費用対効果が高いリード獲得手法として、Webマーケティングは主流となっています。WebサイトへのアクセスUP~リード獲得を直接的かつ短期的に獲得するためには、リスティング広告などが一般的ですが、広告を出し続けない限り、一過性のものであり永続性はありません。広告出稿をやめるとアクセス数は元に戻るため、揮発性が高いデジタルマーケティング手法といえます。

リスティング広告などに代表されるWeb上での広告配信と異なり、アクセスUPの手法として永続性が高く、注目されている手法が、オウンドメディアの運営によるPV(ページビュー)やCV(コンバージョン)の向上によるリードの獲得です。検索エンジンの代表格であるGoogleが、良質のコンテンツと数を重要視するポリシーに変更したことに伴い、Webメディアを運営することがGoogleからの評価アップに直結するため、オーガニック検索においても絶大な効果を発揮します。

しかしながら、オウンドメディアの運営には、目的に即した内容のコンテンツを立ち上げる企画力もさることながら、いかにしてコンテンツを増やしてゆくかということが非常に重要となります。また、コンテンツの企画~ライティングとは全く別作業として、それらをWebサイトに掲載するための作業が別途発生します。つまり、Webマスターや担当者は、コンテンツの内容とWebサイト自体の事と両方を考える必要に迫られるため、どうしても思考が分散してしまいます。オウンドメディアの拡大期、あるいは運営業務全体の効率を考えた際、この「コンテンツ制作」と「Webサイトの更新」のいずれかをアウトソースする場合、事業内容の理解やWebマーケティング・SEOなどにおける専門性から考えると、「Webサイトの更新業務」をアウトソースした方が高い効果を期待することができます。

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービス概要

オウンドメディアへのコンテンツ更新業務において、単に原稿をCMSにコピーするだけであればカンタンですが、PVを稼ぐ、あるいは問合せを増やすためのSEO対策を考えると、Webサイトを構造化し、メタ情報をしっかり設定することは基本となります。また、SEO対策を狙うのであれば、コンテンツの内容に一部踏み込んだ形でライティングを行うことも重要となります。さらに、キャンページなど、定型コンテンツとは異なる内容をWebで公開したい場合は、ある程度のHTMLコーディングスキルが必要となります。

サイバーテックが提供する「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」は、オウンドメディアを運営するWebサイトへの投稿やレイアウト調整・画像レタッチなどを低コストで代行させていただくサービスとなります。本サービスにより、オウンドメディアの運営責任者やコンテンツ企画・ライティングなどを行う担当者は、本来必要とされるコンテンツ企画・作成に注力することが可能となります。したがって、コンテンツマーケティングに必要とされる良質なコンテンツが、量と質の両面からより良い物になり、アクセス数アップを最短で実現できます。

また、ディレクターがWebサイトの更新業務も掛け持ちで行っている場合、他のプロジェクトを進めるキャパシティが無くなるばかりか、コスト的にも大きな損失になります。Webサイトの更新業務をアウトソースすることで、ディレクターを更新業務からリリースすることが可能となり、より多くのプロジェクトや案件を回すことができる体制を構築することが可能となります。

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービスの特徴

日本語コンテンツを、日本語コミュニケーションで、きめ細かい更新代行!

お客さまの窓口は、全て現地に常駐する「日本人ディレクター」が直接対応いたします。日本国内のWeb更新代行サービス企業への依頼と全く同じ感覚で、Backlog、Chatwork、Redmineなどのタスク管理ツールを中心に、メールやスカイプを用いたコミュニケーション手段を併用頂くことにより、海外オフショアであることを意識せず、タスクを依頼いただけます。
また、フィリピンのセブ島は日本との時差が1時間なので、お客様からのリクエストに対して、時差の影響でお待たせすることなく、業務時間内でのクイックレスポンスを実現いたします。Webサイトの運用・運営を日本語品質で、トータルに、かつ低コストで代行頂します。

複数の日本人ディレクター+制作チームによる安心の更新体制!

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは複数の日本人ディレクターが常駐しております。
現地では、日本人ディレクター管理の下、経験豊富な複数のフィリピン人エンジニアが制作チームを構成しており、本社向け案件にも取り組んでおりますので、常に稼働調整が可能な状況を維持しております。したがって、お客様の繁忙期や閑散期へのリソース調整はもちろんのこと、チーム体制にてお客様のオウンドメディア運営用Webサイトへの更新も滞ることなく、責任をもって遂行させていただきます。

面倒なコンテンツ流し込みからHTMLコーディング、画像レタッチまで全て代行!

CMSの有無にかかわらず、単なるコンテンツの流し込みだけではなく、レイアウトの調整に欠かせないHTMLコーディングや画像レタッチなども全て行わせて頂きます。また、JavaSceiptを多用した動的なキャンペーンページの新規作成など、スキルレベルが多岐に渡る依頼内容に関しても、現地日本人ディレクター管理の下、フィリピン人エンジニアが全て対応いたします。
一般的なWebサイトのBPOでは、データ流し込みや簡単なHTMLコーディング以外は対象外となる事も多いかと思います。サイバーテックの「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」では、CSS(スタイルシート)のコーディングや、JavaScriptの実装といった内容から、PHPによるテンプレート作成といった作業も実施可能です。

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービス内容

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」の流れは以下の通りとなります。

1. オウンドメディア運営Webサイトの状況・運用フローなどの確認

構成図(サイトマップ)やお持ちの各種ドキュメントなど、事前に頂ける資料があればそちらを拝見した上で、現在のWebサイト運用・運営における更新フローや、オウンドメディアが目指す目標、コンセプトや課題なども含め、確認させていただきます。Webサイトのみではなく、周辺メディア(メールマガジン・SNSなど)の運用・運営に関しても、必要に応じて確認させていただきます。資料類が全く無い状態でも問題ありません。またオウンドメディアの企画から一緒に検討させて頂く必要がある場合は、別途コンサルティングサービスのご提供が可能です。

下矢印

2. オウンドメディア運営Webサイト・CMSの状況確認

現在運用中のWebサイトのログイン情報(CMSが導入されているのであれば、CMSのログイン情報)を共有いただき、プラグインなども含めた現在の状況を確認させていただきます。Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを拝見したほうが良い場合は、弊社アカウントを追加いただきます。

下矢印

3. オウンドメディアのWeb運用・運営費用のご提示

ご希望の予算をベースに、オウンドメディアのWeb運用を行った場合の更新フローや利用ツールを検討し、想定工数を検討した上で概算見積りという形でご提示いたします。あわせてコンテンツのライティング代行・リライト代行などのニーズがあれば、そちらも含めた形でご提案いたします。過去に様々なWebサイト運用・運営代行を実施してきたノウハウをもとに、必要に応じて既存フローやSEOの方向性などについて改善提案を実施させていただきます。

下矢印

4. オウンドメディア運営トライアル

お客様側で実際にオウンドメディア運営の流れを一度確認されたい場合は、テストコンテンツもしくは小ロットの実コンテンツをご用意頂き、単発もしくは短期間のトライアルを行わせて頂きます。コンテンツのライティング代行やリライト代行をご希望の場合も対応させていただきます。

下矢印

5. オウンドメディアのWebサイト運営代行の開始

問題無しとお客様の方で判断された場合、そのままオウンドメディアのWebサイト運営代行を開始いたします。お客さまの指示やご要望にも柔軟に対応させていただきながら、Webサイト閲覧ユーザーのターゲットとなる年齢層や業種に合わせたオウンドメディアのWebサイト運用・運営代行を実施いたします。方向性の補正や、さらなるアクセスUPなどを目指したい場合は、別途コンサルティングサービスでお客様と一緒に検討させていただきます。

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービスの事例・価格

ニュース配信Webサイト(オウンドメディア)のCMSにニュース記事を流し込み、レイアウトを調整

概要 お客様が運営中の専門業界向けニュース記事配信サイトの記事更新業務を担当。長期契約(ラボ契約)により、お客様のWebサイト運営チームの一員として参画。
ボリューム 配信記事数は1日につき5~10件程度。
使用ツール・技術 HTML/CSS、JavaScript、Backlog(タスク管理ツール)
CMS お客様の開発による、独自CMS
作業場所 セブITアウトソーシングセンター(フィリピンの自社オフショア拠点)
価格・費用 お問合せください

上記は一般的な「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービスの事例となります。そのほか多数の事例がございます、詳細はお問合せください。

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービス Q&A

「オウンドメディアの運営アウトソーシング・運用代行」サービスに関して、よくあるご質問をまとめてみました。

オウンドメディアのWeb担当者が急に退職した。とりあえずピンチヒッターとして依頼は可能でしょうか?

オウンドメディアを運営されている場合、コンテンツライティングは複数名で行われていることが多いのですが、Webサイトのオペレーション担当者を複数名設置されている場合は少ないかもしれません。新規採用でカバーしようとしても、タイミングよく適任者が見つかることは少ないのではないでしょうか。そのような際、経験豊富な当社にまずはお任せ頂ければ、作成されたコンテンツの公開ペースを落とすことなく、オウンドメディアWebの運用・運営を継続いたします!

オウンドメディアWebの立ち上げを全て外注に任せたため中身がよくわからない

オウンドメディアWebの構造につきましては、ご依頼時に弊社側にて確認を行わせていただきますが、サイトマップなどの引継ぎ資料が存在しない場合でも問題ありません。現状のWebサイトを拝見した上で、運用の方向性についてご確認させていただき、お客様に最適な運用をご提案いたします!

現在のオウンドメディアWebのサイト運用・運営体制をうまく引き継げるか不安です

オウンドメディアWebのサイト運用・運営体制は、社内で実施されている場合や、他の企業に既にアウトソーシングされている場合など、色々なケースが想定されます。いずれの場合も経験豊富な日本人ディレクターがご対応させていただきますので安心ください。必要に応じて、サイバーテック本社側でもフォローアップさせて頂くことが可能です。

オウンドメディアWeb自体への機能追加なども依頼したい

オウンドメディアWebのサイト運用・運営代行の実施体制において、費用や要員(ラボ型契約によりサービスをご提供している場合はその工数)の範囲内にて、Webサイトへの機能追加やデザイン変更などの対応も承っております。大規模な改修が必要な場合は、別途「Webサイト構築・。リニューアル」サービスでご対応させていただきます。

Webサイトの運用・運営は現在社内で行っており、あまり予算がかけられない

ご予算に不安があるのであればなおさらオフショア委託をご検討ください。Webサイトの運用・運営代行に数多く取り組んでいるプロである弊社であれば、想像以上にすばやく実施出来てしまうかもしれません。お客様のご予算で実現できる最適なオウンドメディア運用をご提案いたします!

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.