Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化・英語サイト作成)

ITアウトソーシング「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービス詳細ページはこちら

Webサイトを新たに構築する、あるいはリニューアルを行う際、昨今ではスマホ対応(レスポンシブ化)を意識することは常識的です。また、英語版のWebサイトが存在する場合は、日本語のコンテンツ更新に追随する形で、英語ページも更新する必要が出てきます。
「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービスにて、スマホ対応のWebサイト構築や英語版Webサイト構築も低コストで実現し、アクセスUPを実現します。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」が求められる背景

現在では、Webサイトによる広告・告知をはじめ、インターネット経由による問い合わせの流入からフォローアップ~成約という流れである、Webマーケティングを中心とした「リードナーチャリング」による考え方が一般的です。その取り組みにおいて、Webサイトへのアクセス数を増やすことは最低限必要であり、そこから導線の設計をはじめ、Webサイトを活用することにより高い効果を出している企業もあります。また、採用面においても、求職者が企業の情報を取得する方法として、コーポレートWebサイトにアクセスすることが一般的です。

いずれの場合も、近年増加しているWebサイト閲覧端末は、スマートフォンやタブレット端末などが主流となっています。古いデザインのWebサイトは文字が小さいため、それらのデバイスでは非常に見ずらいだけではなく、閲覧者により「この企業はIT化が進んでいない」というレッテルを貼られてしまうと、それだけで資料請求などの問い合わせや、求職者のマインドは冷めてしまいます。また、PCのスペックも向上しているため、モニタの横幅も広がっており、古いデザインのWebは、画面の左端、もしくは真ん中にぽつんと存在するような状況になってしまいます。

このように、Webサイトは企業の顔としての重要性は日増しに高まっていますが、古いデザインのままとなっているWebサイト、特にPCで見た場合、左上にきゅっと偏ったデザインのWebサイトは早急にリニューアルを検討すべきです。具体的かつ速やかに実施すべき対策としては、古いPCやスマホ、タブレット端末のどれで見ても見やすいWebサイト、いわゆる「レスポンシブ・デザイン」にすることが挙げられます。また、WebリニューアルのタイミングでCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入する事で、SEO対策面から見ても、オーガニック検索において効果を発揮することがほとんどです。さらに、海外向けやインバウンド対応といった面において、英語版のWebページを設置しておくことも思わぬ効果が得られる可能性を秘めています。結果的に、レスポンシブ対応やCMS導入、英語版Webページの設置により、Webリニューアル費用はすぐに元が取れることでしょう。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービス概要

サイバーテックが提供する「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」では、文字通り1世代前のWebサイトを、スマートフォン・タブレット端末による閲覧を意識した、現代のデバイスで閲覧されることを想定したWebサイトによみがえらせます。もちろん従来のPCによる閲覧も意識したWebサイトを構築するので、PCでアクセスした場合、一昔前のWebデザインにある、ブラウザの真ん中に縦長のコンテンツとして表示されることや、さらにもう一世代前の、左端に偏ったWebサイトとは、もうおさらばです。

皆様のWebサイトの構築・リニューアルを行う拠点は、フィリピン セブ島に有する自社海外拠点「サイバーテック セブITアウトソーシングセンター」となります。同拠点は、レスポンシブデザインを中心とした、Webサイト構築・リニューアルに関する豊富な実績を有しており、日本人ディレクターの元、リーズナブルにスマートフォン・タブレット端末向けレスポンシブ対応を行います。制作後のWebサイトは、日本人による日本語チェックを行う事で、日本品質かつリーズナブルにご提供させていただきます。

また、同拠点はネイティブレベルの英語力を生かし、英語サイトの制作にも数多くの実績とノウハウを有しています。日本語のコンテンツから作成するだけではなく、日本語のWebサイトをそのまま英訳し、素材作成も含めワンストップで実施いたします。特に日本語よりも英語の方が文字数が増えるため、レイアウト調整などもオマカセください。最終確認は、フィリピン人によるネイティブチェックを行い、欧米から見ても恥ずかしくない英語サイトを作成いたします。サイバーテックは、海外オフショア拠点の特徴を生かして、低コストでのWebサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)を実現いたします。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービスの特徴

様々なCMSの実績あり。スマホ対策もばっちり!

最新のCMSを導入と同時に、スマホ対策(レスポンシブ対応)も行うことができます。様々なCMSの知識を有する経験豊富なエンジニアが多数在籍していますので、各CMSに応じた最適化を行い、SEO効果の高いWebサイト構築・リニューアルを実施致します。ご要望されたCMSへの対応はもちろん、CMSの選定からご提案させて頂くことも可能です。また、オフショアでは日本国内と同じ環境を準備することが難しいとされるスマホ実機テストは、必要に応じてニアショア拠点であるサイバーテック沖縄で実施させていただきます。

コーポレートサイト中心に、数多くの制作実績!

これまで、サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、CMSでのコーポレートサイトの新規構築やリニューアル制作を数多く行ってきました。現在に至るまで蓄積してきた様々な作業ノウハウにて、構築からPHP・JavaScriptの実装、HTMLやCSSコーディングの手作業と変換の組み合わせをワンストップで行い、低価格・ハイクオリティを実現いたします。

英語版Webサイトの制作も可能!

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、「フィリピン」というITと英語の両方を得意とするロケーションの長所を活かし、日本語のWebサイトから英語のWebサイトまでをワンストップで制作するサービスもご提供しています。日本語テキストが入った画像なども、英訳した画像を新たに制作し、必要に応じて画像リサイズやWebサイト自体をレイアウト変更するといった最適化も可能です。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化・英語サイト作成)」サービス内容

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化・英語サイト作成)」サービスの流れは以下の通りとなります。

1. 現在のWebサイトにおける、お客様の課題確認(抽出)

単にスマホ対応・英語サイト対応を行うといっても、手段は複数存在します。課題が不明確であれば、ワークショップ形式による課題抽出から行うことも可能です。ご希望のデザインやベンチマーキングされているWebサイトがあれば、現在のWebサイトの状況と照らし合わせて適切なアドバイスをさせていただきます。CMSが導入されている場合は、必要に応じてアカウントをお借りして現状を確認させて頂く場合もございます。

下矢印

2. 現状のWebサイトの把握

CMSが導入されていれば、スマホ対応はスタイルシートやテンプレートの差し替えにより比較的低コストで行うことができますが、まだ導入されていない場合は全ページのコーディングを行うか、新しくCMSを導入することから始めるか、という選択を頂く必要があります。どちらが良いかは、お客様のWebサイト運営ポリシー次第になりますが、ご判断いただけるよう、適切にアドバイスさせて頂きます(CMS導入・コンテンツ移行や、Webサイト運用代行なども承っております)

下矢印

3. 新Webサイトの構造・デザインなどのご確認(Webサイト構築・リニューアル)

ご要望内容を反映させたワイヤーフレームもしくはPhotoshopなどで作成したデザイン案により、新Webサイトをご確認いただきます。方針確定から調整を経たのち、全ページのリニューアルに入らせて頂きます。スマホ対応や英語対応にあたり、画像サイズの調整が必要となる場合は、元素材から再作成、もしくは既存の画像データを流用して作成、といった形で進めます。英語対応の場合は、英訳も全て当社で行わせていただくことが可能であるため、お客様側で特にご対応いただく必要はございません。実装はフィリピン人エンジニアがPHPやJavaScript等も含め、HTML・CSSコーディングを行います。

下矢印

4. 最終確認

ディレクターとは別にアサインした日本人スタッフによってダブルチェックを行ない、最終的な動作確認や日本語のもれ・改行ミスなどのチェックを行い、リニューアルされたWebサイトをお客様にご確認頂きます。とくに、ブレークポイント(レイアウトが変わる境目となるWebブラウザの幅)の位置や様子、英語サイトであれば文字量が増加しますので雰囲気などをご覧いただき、微調整が必要であれば修正した上で納品いたします。納品形態はCMSへ直接データ投入、もしくはファイル渡しなど、ご希望をおっしゃって頂ければ対応いたします。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービスの事例・価格

PC用Webサイトのスマホ・タブレット向けレスポンシブ化作業

概要 googleの検索エンジンの大幅な基準の変更以降、Webサイトのスマホ対応の重要性が増していることを受け、企業サイトの新規構築時にHTML5・CSS3によって、スマホ・タブレット向けレスポンシブコーディングでスマホ最適化。低価格でのスマホ対応を実現した。
ツール HTMLエディタ, WordPress, Movable Type

英語版Webサイト構築・制作作業

概要 既存の日本語Webサイトをベースに、英語版Webサイトの構築・制作。翻訳業務も含めて、英語圏であるフィリピンにて実施。高い英語力とIT技術によってワンストップ製作を実現した。
ツール HTMLエディタ, WordPress, Movable Type

上記は一般的な「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービスの事例となります。そのほか多数の事例がございます、詳細はお問合せください。

「Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)」サービス Q&A

Webサイト構築・リニューアル(レスポンシブ化、英語サイト作成)に関して、次のような疑問やお問い合わせにお応えしてきました!

現在のWebサイトをSEO効果が高いWebサイトに作り変えられますか?

目的に合わせたCMSを導入することによりWebサイトのコンテンツを楽にスピーディに増やせるので、高いSEO効果が期待できます!

Movable TypeやWordPressといったCMSでは物足りないのですが・・・

Teamsite、NORENなどの高機能CMSも導入実績ございます。また、お客さまからCMSをご指定頂くことも可能です!

新たにCMSを導入すると、コンテンツ管理が楽になりますか?

CMSを導入することにより、ブログのような感覚でスピーディにコンテンツ追加もできる上、画像の管理なども楽になります。

HTMLに詳しい人間がいないので、HTMLコーディングごとお願いしたい

Webサイトにかかるオペレーション全てを代行いたします。HTMLコーディング作業自体も外注とすることで、コンテンツのライティングに集中頂くことが可能です!

Webサイトの運用・保守にかかるコストを下げたい

オフショアならではの低コストにより、当然のことながらWebサイト運用にかかるコストを日本国内より下げることができます。日本人をアサインすることで、日本品質を維持しながらのコストカットが可能です!

新しく英語版Webサイトを立ち上げたい

英語への翻訳~Webサイト構築までをワンストップで実施します!
「セブITアウトソーシングセンター」では、今まで様々な企業様のWebサイト構築・リニューアルや、それに伴うCMSの導入を行わせて頂きました。豊富な実績と経験がございますので、まずはお気軽にご相談下さい。

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.