Webサイト最適化サービス

Webサイトの最適化が求められる背景

Web関連技術は日進月歩で非常に移り変わりが早いですが、オーガニック検索での上位表示を継続する、あるいは進歩しつづけるデバイスに対応したWebサイトにするには、継続的なWebサイトの更新と最適化が必要です。例えば、PCで閲覧される事を想定したWebサイトにすることで、ビジネスパースンからの問い合わせを増やすことが出来るかもしれません。しかしながら、求職者はWebサイトをスマホで見ることが多いため、スマホ向けに最適化させることも求められます。それらの課題に対応するためには、最新のトレンドや技術情報をキャッチアップした上で、最適な方法を採用した上で、Webサイトに反映させる必要があります。

Webサイトは企業にとって無くてはならないものとなりますが、社内で少しWebのことを知っている人が最適な手法をWebサイトに反映させることには限界があります。また、Webサイトの更新や運用業務を広告代理店に依頼すると、企画やデザインは良いものが出てきますが、技術要素が後回しになる事が多くなるため、問い合わせを獲得するためのインターネット広告費用が膨れ上がるばかりです。

技術的観点でWebサイトに携わるのはWebエンジニアになりますが、エンジニアは常に不足しており、実施したいことを理解した上で実装してくれるWeb技術者に巡り合うことはハードルが高くなってきております。広告代理店に依頼するとWebエンジニアは外部調達が中心となりますが、間に代理店が入ることで、コミュニケーションロスが発生することはもとより、中抜き体質になる商流では、無駄なコストが発生することになります。

Webサイト最適化サービスの概要

Webサイトの最適化を進めるにあたり、具体的にどの箇所をどのように修正したら良いかという指示書、あるいは方向性を示す指標は必要となります。そのような課題を抽出するためのツールとして、様々な有償のツールが存在しますが、そのような取り組みがまだである場合、手軽に始められる手法として、Googleが無償で提供している「Page Speed Insight」を利用する事で、改善ポイントを手軽に抽出することができます。

「Page Speed Insight」によって抽出された課題を一つずつ解決してゆくことを通してWebサイトを最適化することにより、ユーザビリティ向上はもとより、オーガニック検索での上位表示が期待出来るため、SEO対策にもつながります。抽出された課題は、社内の制作チーム、あるいは有識者が実施することでWebサイトの最適化を進めることが出来ますが、以下のような場合は、弊社が提供している別途サービス「サブスクWeb運用」で継続的にWebサイトの最適化や、継続的な更新が実施できます。

  • 社内に適切なWeb担当者、あるいはWebマスターが存在しない
  • Web担当者は存在するが、多忙でWeb最適化まで手が回らない
  • 専門的な知見を有しているベンダーからさらにアドバイスが欲しい
  • 社内メンバーを動かすと高い社内原価がかかるので、リーズナブルにアウトソースしたい

また、Web最適化と並行した形で、以下のようなSEO対策コンサルティングをご提供することも可能です。

  • 前月ふりかえりと現在の状況確認
  • 次月までの強化対策案のご提示
  • 強化対策に即したコンテンツライティング~公開

SEOコンサルティングの詳細はこちら

Webサイト最適化サービスの特徴

Webサイトの課題抽出を行うツールはゼロ円でOK!

Webサイトのアクセス向上を目指すには、現状のWebサイトの課題抽出が不可欠です。弊社がオススメするのは、Webサイトのユーザビリティ向上やオーガニック検索に向けたSEO対策などの課題抽出に適している「Page Speed Insight」となります。Googleが提供しており、ツール自体は無償でご利用頂けますが、そちらを活用した簡易コンサルを実施させて頂くことも可能です!

無償対応は、弊社規定に基づいたページ数、および企業様が対象となりますのでご了承ください。

Webサイトの最適化は月額5万円~実施可能

Webサイトのユーザビリティやコーディングレベルの最適化、あるいは構造化といった作業は、むろんお客様側でも実施可能ですが、弊社が提供する「サブスクWeb運用」サービスを活用頂くと、Webサイト最適化に数多く携わってきたプロのコーダーやエンジニアが高い時間効率で作業を行います。その結果、トータルコストを抑えることが出来るとともに、お客様から見ると、自然とアクセス数が伸びてくることを体感いただけます!

広告とSEO対策のハイブリッド形式による対策で、さらにリード獲得UP!

Webサイト自体を最適化することでGoogleやBingなどの検索エンジンからの評価が高まり、かつユーザビリティ向上に伴い、アクセスしてきた方の滞在時間も増加します。そのような形でWebサイトの最適化がなされた後で、リスティング広告やディスプレイ広告(リターゲティング広告)などの様々なインターネット広告を活用することで、単に広告を活用するよりもより費用対効果が高まります。

Webサイト最適化サービスの内容

Webサイト最適化サービスの流れは以下の通りとなります。

1. Webサイトにおいて、現状の状況および課題を確認

お問合せを頂いてから、対象となるWebサイトの情報を頂いた上で、Googleが提供する「Page Speed Insight」を活用した分析を実施します。専門的な表現や項目なども多数存在するので、分析結果はオンラインミーティングにて弊社担当から、Webサイトの現在の状況およびどのように改善してゆけばよいかという方向性の解説を行わせていただきます。

下矢印

2. Webサイトの診断結果をふまえて検討

Webサイト診断の結果を受けて、御社側でWebサイトの改善を全て実施する、あるいは何も実施されないのであれば、その時点で弊社からのフォローは終了いたします。Webサイトの改善により最適化を弊社にご依頼されることをご希望いただいた際は、どれぐらいのスケジュール感でWebサイト最適化を完了させたいかという目途をお伺いした上で、「サブスクWeb運用」にある複数のプランについて、お客様と相談の上、決定いたします。

下矢印

3. Webサイト最適化作業に着手

HTMLコーディングレベルの修正など、Web最適化に向けた詳細のフローは「サブスクWeb運用」に記載の通りですが、「サブスクWeb運用」でサポート対象外の内容に関しても、必要に応じて対応させて頂きます。継続的に最適化作業を実施することで「Page Speed Insight」の評点を上げてゆきます。「Page Speed Insight」を活用した評点チェックは月次ベースで実施することが望ましいため、月次ミーティングにて確認および方向性の修正などを実施いたします。

下矢印

4. さらなるアクセス向上に向けて~インターネット広告の活用

Web最適化が「Page Speed Insight」にて目標とするレベルまで達した場合、ほぼ確実にアクセス数は伸びているはずです。さらにアクセス数を増やしたい場合、あるいは季節要因などでアクセス数を増やしたい場合は、インターネット広告を活用することでさらにアクセス数を増すことが可能です。ユーザビリティ面においてWebサイトは最適化されているので、インターネット広告に対して高い費用対効果が見込めます。

Webサイト最適化サービス Q&A

Webサイトの最適化にまつわる次のような課題をお持ちではありませんか?

Webサイトの最適化には、どのようなメリットがありますか?

皆様がお持ちのWebサイトを最適化することにより、ページ読み込み速度の向上、検索エンジンでのランキング向上、ユーザーエクスペリエンスの向上などが含まれますので、これらがユーザーからのトラフィックとコンバージョン率の向上につながります。

Webページのコンテンツ閲覧速度が影響する理由は何でしょうか?

閲覧ユーザーにWebサイトのコンテンツをいち早く届けるために、Webページの速度を最適化することは重要な対策となります。遅いページ速度はユーザーエクスペリエンスを悪化させるだけではなく、GoogleやBingなどの検索エンジンランキングにも影響を与える可能性があります。

コンテンツマーケティングとWebサイト最適化の関係は何ですか?

コンテンツマーケティングはWebサイト最適化の一部となります。高品質なコンテンツの提供により、検索エンジンによるオーガニック検索結果を向上させるSEO対策の効果をはじめ、ユーザーエンゲージメントの増加が期待されます。

Webサイト最適化のフィードバック後は自社内でも対策をすることは可能でしょうか?

対策項目にもよりますが、Webサイトに関する知識をある程度お持ちの担当者様が社内におられましたら、具体的な対策を講じる事が可能です。実際に実施してみた後、どうしても社内で対策が困難となる内容が出てきましたら、そちらのみ弊社にご依頼いただくことも可能です。

Webサイト最適化のフィードバック後の対策をサイバーテックに依頼することが可能ですか?

はい、基本的に全ての項目に対応しているので、ご依頼頂ければ対応可能です。対策はフィリピンに有する自社オフショア拠点「セブITアウトソーシングセンター」で実施しますので、リーズナブルにご提供することが可能です。

御相談、ご質問はこちら

サービスご案内資料や、特別資料「Webサイト運用における注意点~コンテンツやセキュリティ対策、基盤運用まで」がダウンロードできます。

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届けします。

pagetop ボタン
サイバーテックお知らせ画像
©2018 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.