サイバーテック社長ブログ

セブ島なう+マニラなう

セブ島なう+マニラなう

2011年7月13日

先月末に、毎度恒例のセブ島に行ってきた。ただし、今回はいつもの成田~セブ島の往復だけではなく、まずセブ島入りして4泊5日だけ滞在した後、マニラに移動して2泊3日滞在。
しかも、今回どちらかというとマニラ行きがメイン。セブはアウトソーシングセンターがあるので行くのは分かるけれども、なぜマニラ?

ちなみに、マニラに行くのは今回が2回目。ちなみに前回のマニラは、セブに拠点を設立する際にJETROや会計士に色々と話を聞きに行くために渡航したので、5年ほど前の話となる。

というわけで、今回マニラに行った理由は・・・

私が所属するEO(Entrepreneurs Organization http://www.eojapan.org/)という起業家機構の勉強会が、フィリピンメンバー主催によりマニラで開催されたため。我々EOジャパンメンバー20名はゲストとして訪問した。

ちなみにEOとは、1987年にDell Inc.の創設者マイケル・デル氏らによって設立された、年商$1MILLIONを越える会社の若手起業家の世界的ネットワーク。現在42カ国120チャプター、約7300名のメンバーによって構成されている。日本は2チャプターあり、メンバーは180名ほど。

セブ島で数日間過ごした後、夕方にマニラ着。その日の夜にディナーパーティがあり、その場で翌日以降のプランが発表されたが、おおっと、かなりてんこもり。具体的には、EOフィリピンメンバーの学校やオフィスを移動しながら、以下のような分野ごとに、1日半で順番にセッションを行ってもらうというもの。
・教育&採用(ホスト2名)
・フィリピンにおけるマーケティングと広告(ホスト3名)
・小売(ホスト5名)
・IT(ホスト4名)
セッションはEOフィリピンメンバーによるものなので、当然全て英語。仮に全て日本語だったとしても、けっこう内容山盛りでおなかいっぱいだったと思われる。
そのような中、一応全てのセッションを通して同時通訳の方がおられたが、私の場合、フィリピンの色々な特徴を知っているだけに、話の背景を理解している状態でセッションを聞くことが出来たため、英語のプレゼンテーションの方をメインで聞いて、なんとか理解することができた。(^^)v

そして、セッション後や夜の懇親パーティ等でも色々なEOフィリピンメンバーと話をすることができた。当初目標としていた「パートナー探し」は、フィリピンメンバーの事業ドメインが微妙に異なっていたりして、直接的には結びつかなかったが、希望をくれれば紹介してもらう約束をとりつけたので、引き続きやりとりを行う予定だ。

また、同時通訳は複数の現地在住日本人の方に入って頂いたが、さすがに長期間滞在している方々ばかりで、皆さん色々なことをよくご存知。とかく治安面の不安がつきまとうマニラだが、次回渡航時には心強い!

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.