サイバーテック社長ブログ

初バカンス

初バカンス

2006年5月22日

d4490f10.JPG

土日にセブ島の隣にある、ボホール島に行ってきた。土曜の午前中は仕事をし、午後から船でボホールへ。土曜は島に到着後買い物をしてホテルに移動。
フィリピンへは今回3回目なのだが、まともなバカンスは初めてなのでとても楽しみにしていたのだが、期待を裏切らない様々な体験をすることができた。どこまでも遠浅の海、さらさらの砂。残念ながらセブ島にはこのようなきれいな砂浜はもう残っておらず、人工海岸化も進んでいるとのこと。
そのあと、チョコレートヒルという、小さなチョコレート色の山がたくさんある場所を見にいく。非常に不思議な場所で、幻想的。
そのあと世界最小のサル「ターシャ」を見に行く。ターシャはおりに入れられているわけではなく、半分囲われた柵の中にほぼ放し飼い状態でおり、触ることもできた。目がくりくりしていてめちゃめちゃかわいらしい。思わずぬいぐるみを2つ購入。ターシャは夜行性でとても臆病なので、撮影時にフラッシュをたいてはいけない、というルール以外は何をしてもよい状態で、子供たちがいじくりたおしていた。たまらず隣の木に飛び移るターシャもいたりして、ちょっとかわいそうだった。
ターシャが飼われている場所からロボボク川くだりの船が出ており、それに乗り込む。川べりに多分水道も電気もない家がたくさん並んでおり、川で洗濯をする人や、体を洗っている人をたくさん見ることができた。彼らをみて、何を楽しみに生きているのだろう、と思ったのだが、では自分はどうなんだ、と自問しても、明確な答えを見出すことが出来なかった。
とてもすばらしい思い出とともに、色々と気づきを与えてくれた、ボホール島への旅だった。

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.