製造業における、マニュアルや取扱説明書(トリセツ)の多言語化・構造化・標準化

製造業において、マニュアルや取扱説明書(トリセツ)の制作コストダウンや多言語化を進める際、効率化だけではなく、翻訳費用をどれだけ下げることができるか、という課題は非常に重要な要素となります。さらにページ数の多いトリセツでは、昨今Webマニュアル(HTMLマニュアル)による配信も求められています。
「Publish MakerX」は、多言語マニュアル(操作マニュアル・保守マニュアル)の標準化とコストダウンを実現し、品質向上・ムダムラ防止を実現できる、国産のソフトウェア製品です。

翻訳コスト削減/脱Word・標準化・・・●マニュアル(取扱説明書)●サービスマニュアル●規格票・技術標準文書●作業指示書●総合カタログ

製造業の多言語マニュアル(操作マニュアル・保守マニュアル)

製造業では、消費者のニーズが多様化することで、ますます多品種の製品提供が求められており、付随するマニュアル(取扱説明書)も同時に多岐にわたってきています。したがって、マニュアル制作・改訂が増加する傾向にある一方、市場に製品を投入するサイクルが短くなってきているため、マニュアルの制作スピードの向上も同時に求められてきています。

さらに、産業用機器や通信装置・工作機械など、業務用機器のマニュアルは、現場のユーザが使いやすいかどうかが非常に重要です。そのため、機器操作や保守作業を解説するためのイラストや図面、画面写真が多用されます。それらのイラストや図面はCADデータから流用されるため、元の図面データが更新されると加工後のイラストデータも更新する必要があり、過去の履歴情報も含めた全てを管理する必要があります。

一方、サプライチェーンのグローバル化に伴い、マニュアル自体の多言語対応が求められています。翻訳は文字数カウントにより金額が決まる外部業者に委託することが多いため、初版以降の改訂時に文字数を意識せずに翻訳を委託すると全マニュアルの文字数がカウントされ、とんでもない翻訳コストがかかることになります。それらの課題を持つマニュアルは、例えば以下のようなものです。

操作マニュアルの例

  • 自動車、バイク、トラクター、建設機械などの建設・輸送用機器の取扱説明書
  • コピー機、パソコン、スマートフォンなどの民生用電子機器の取扱説明書
  • AV機器、カーナビゲーションなどのエレクトロニクス製品の取扱説明書
  • 時計や計測機器などの精密機器の取扱説明書
  • 半導体製造機器や工作機械への組み込み用マニュアル

保守マニュアルの例

  • 住宅用設備機器(ドア、窓、トイレなど)の施工マニュアル
  • 業務用機器及び部品のメンテナンスマニュアル
  • 業務用機器及び部品のトラブルシューティングマニュアル

整備マニュアルの例

  • 定期点検が必要となる設備や機材などの分解整備時に必要となるマニュアル
  • 法令に則った部品交換が必要となる機材や設備などのリファレンスマニュアル

操作マニュアルや保守マニュアルなどに「Publish MakerX」が向いている理由

「Publish MakerX」は、製造業の多言語マニュアルの制作・管理に適したCMS(コンテンツ管理システム)であり、製造業が購入者に販売する製品に同梱する「操作マニュアル」や、製品の設置や施工、整備や保守メンテナンスなどのアフターサービスを行う業者が使用する「保守マニュアル」「整備マニュアル」といったドキュメンテーションまで幅広く対応します。

これらのマニュアルは、改訂時も含め、内容の正確性・厳密性が非常に重要視されるとともに、レイアウトに関してはシンプルなものが多いため、テンプレート化=標準化しやすいのも特徴です。近年は、タブレット端末を活用したエラー診断機能や故障部品の在庫問い合わせ機能などのアプリケーションと一体となった電子マニュアル(取扱説明書)のニーズが増えていますが、「Publish MakerX」では、組版により印刷にも使えるPDFの生成と同時並行でWebマニュアルを出力できますので、2度手間になることがありません。

また、マニュアルの標準化を実現しますので、コンテンツのモジュール化により、改訂を行ったマニュアルの部品のみ翻訳業者に依頼することができます。このため、最小限の文字数による翻訳コストで済みますので、圧倒的な翻訳コストの削減につながります。

「Publish MakerX」の導入により、特に効果が高いマニュアルの特徴としては以下のようなものがあげられます。

操作マニュアル・保守マニュアル・整備マニュアルの特長

  • コンテンツのボリュームとバリエーションが多い
  • CAD図面やイラストなどの素材管理が必要
  • スペック表などの表形式のコンテンツが多い
  • 多言語で展開する必要がある
  • 改訂が定期的に発生する
  • 紙が中心だが、検索性も高いWeb(HTML)マニュアルも求められつつある

このように、「Publish MakerX」は、操作マニュアル、保守マニュアルや整備マニュアルといった企業の現場部門が使用するマニュアル(取扱説明書)のドキュメンテーションに最適なコンテンツ管理システムとして、以下のような業種の企業様で導入されています。

  • 業務用機器メーカー(設備機器、工作機械、事務機器など)
  • 輸送用機械メーカー(重機、トラック、船舶、航空機など)
  • 情報通信機器メーカー(パソコン、スマートフォン、コピー機など)
  • 半導体メーカー、エレクトロニクスメーカー、部品メーカーなど

御相談、ご質問はこちら

お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

pagetop ボタン