XMLデータベースに関するFAQ

ライセンス形態や購入先など、XML DBの導入前に良く頂く質問をまとめました。

導入・購入に関するFAQ

XML(エックス エム エル)とは?

eXtensible Markup Languageの略で、W3C(World Wide Web Consortium)が制定したマークアップ言語です。「マークアップする」とは、データの前後に特定の文字列(タグ)を使って印を付けることです。マークアップ言語にはXMLのほかにHTMLなどがあり、これらはデータをマークアップして、さまざまな属性を表現する機能を備えています。XMLはユーザが独自のタグを指定できることから、マークアップ言語を作成するためのメタ言語(メタ言語とは、言語を作る言語)とも言われています。


XMLのメリットは?

XML文書のテキストですから、人間にもデータの意味が分かりやすい独自のタグを設定し、しかも階層構造を定義できるため、多様なデータ構造を表現することができるとともに、データ構造の変更に柔軟に対応できます。 また、アプリケーションの処理がしやすいという特徴やデータが特定のアプリケーションに縛られることがなくなるというメリットもあります。


ネイティブXMLデータベースとは?
ネイティブXMLデータベースを使うと何がいいのですか?

ネイティブXMLデータベースとはXML文書をそのままの形式で格納できるデータベースです。XMLデータをリレーショナルデータベースに格納しようとすると、スキーマ設計が必要になります。 またテーブルやオブジェクトにマッピングすることになり、XMLの持つ多様なデータ構造をそのまま表現することが難しくなります。ネイティブとはXMLのデータ構造をそのままの形で管理することができ、XMLデータの持つ多様なデータ構造をそのまま表現することができます。


ネイティブXMLデータベースにはどんな種類がありますか?

ネイティブXMLデータベースを大きく分類するとスキーマ型とスキーマレス型があります。スキーマ型とはXMLを格納するときにスキーマ定義をし、その定義どおりにデータを格納するデータベースです。 スキーマレス型とは、格納するときスキーマ定義の必要がなく、XMLのドキュメントであれば格納できるデータベースです。NeoCoreはスキーマレス型です。


XML DBを学習したいのですが、良い方法を教えてください。

サイバーテックでは、XMLデータベース技術者の育成や普及啓蒙に積極的に取り組んでいます。企業のシステム部門の方は、各種トレーニングをご用意していますのでお気軽にお問い合せ下さい。

また、個人の方は、「NeoCore」や「NeoCoreEX」に関する書籍と情報サイトをご案内しています。こちらを参考にしてください。
XMLDB.JP
書籍「XMLデータベース入門」
書籍「XMLデータベース入門以前」


NeoCore/NeoCoreEXの販売パートナー制度について教えてください。

サイバーテックではNeoCore・NeoCoreEX共に、販売パートナー企業を募集しております。 パートナー企業様には、XMLデータベース製品の販売・システムインテグレーションを通じて、以下のようなメリットをご提供できます。

案件受注機会の拡大
問い合わせの中から、厳選された案件をご紹介。

提案の独自性
XMLデータベースを用いた、競合他社との強烈な差別化を図る提案が可能です。案件の受注確度も高まります。

XML関連分野におけるナレッジの蓄積
XML技術を応用した各種分野におけるナレッジを蓄積頂くことが可能です。

テクニカルサポート
経験豊富なサイバーテックの技術陣による技術支援を受けることができます。

開発リソースの確保
プライム提案企業様の後方支援という形にて、受託開発事業も実施致しております。日本企業では珍しい、XML技術に精通した自社オフショア拠点(フィリピン・セブ島)もご活用頂く事が可能です。

詳しくはこちら


NeoCore/NeoCoreEXはどこから購入すればよいですか?

販売パートナー企業からご購入頂きます。ご不明の際は、サイバーテックまでお問い合せ下さい。

販売パートナー企業一覧はこちら


日本語のマニュアルはありますか?

NeoCore/NeoCoreEXともに日本語のマニュアルをご用意しております。


他社DBとの比較資料やベンチマーク結果はありますか?

製品選定や提案に利用する比較資料やベンチマーク結果を取り揃えています。 詳しくは、Webフォームからお問い合せ頂くか、弊社担当営業まで、直接お問い合せ下さい。


推奨ハードウエア環境を教えてください。

NeoCore/NeoCoreEX共に、各製品ページをご覧ください。

【NeoCoreはこちら】
【NeoCoreEXはこちら】


対応するプラットフォームは何ですか?

NeoCore/NeoCoreEX共に以下の3つのプラットフォームをサポートしています。

・Microsoft Windows
・Solaris
・RedHat Enterprise Linux

詳しくは、各製品ページをご覧ください。

【NeoCoreはこちら】
【NeoCoreEXはこちら】


XMLデータベースのライセンス形態は?

NeoCore

「30日評価版ライセンス」から、9万8000円(税別)にてデモやプロトタイプ開発・評価目的でご利用できる、「Developer Edition」をご用意致しております。また、実際の業務にてご利用頂けるライセンスとしては、それぞれのご利用シーンに応じた形でのご選択が可能な「Workgroup Edition」「Limited Edition」「Standard Edition」の3種類をご用意しています。これら5種類の「NeoCore」は、全てライセンスキーの入れ替えだけで簡単にステップアップができます。

詳しくは製品ページへ。

NeoCoreEX

NeoCoreEXは、中堅企業・特定業務・特定部門向けに提供しているStandard Editionと、大規模サーバーシステムやASP/CSPサービス向けに、分散キャッシュ機能やターボサーチ機能を搭載したEnterprise Editionをご用意しています。

詳しくは製品ページへ。


各業界でのXMLデータベースの導入事例や実績を教えてください。

製造、金融、商社、出版印刷など幅広い業種で500社以上の導入実績があります。製造業においては、部品管理や技術情報管理での利用が多く、金融関連では、業務規程集や保険約款の改定管理での利用事例があります。出版印刷分野では、カタログや情報誌、マニュアルの制作効率化での実績が多数あります。

導入事例の詳細はこちらのページをご覧ください。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録