DITAとトピックライティング

「トピックライティング」は、従来から存在するデザイン重視の「ブック指向ライティング」とは異なり、コンテンツの構造に従って部品化された「トピック」という単位で原稿を入稿・編集するライティング手法です。ここでは、トピックライティングとXMLベースのアーキテクチャであるDITAとの違いや、マニュアル(取扱説明書)との関係、さらにはCMSに求められる内容・方向性の違いなどもまとめてあります。

DITAとトピックライティングが注目される理由

顧客ニーズの多様化に伴い、企業が提供する製品やサービスも多様化、かつスピーディな提供が求められているのではないでしょうか。それらに付随するマニュアル(取扱説明書)にも、正確性を担保しつつ、同様の変化が求められています。
それらを実現するために、単に現場による力業ではなく、仕組み化によるドキュメンテーション手法は「トピックライティング」と呼ばれます。さらにその概念のXMLベースのアーキテクチャがDITAとなります。

トピックライティングによるドキュメンテーション

「トピックライティング」は、「トピック指向ライティング」とも言われます。従来から存在する、デザイン重視の「ブック指向ライティング」とは異なり、コンテンツの構造に従って部品化された「トピック」という単位で原稿を入稿・編集するライティング手法であり、それぞれ制作フローや考え方が異なります。
ここでは、トピックライティングに関する基本的な考え方や、ブック指向ライティングとの違いについて触れています。

DITAによるドキュメンテーション

DITAは、Darwin Information Typing Architectureの略で、製造業やソフトウェア業界におけるマニュアル(取扱説明書)をはじめとする技術情報を効率良く制作・管理・配信・再利用するために策定されたXMLベースのアーキテクチャです。ここではDITAによるドキュメンテーションの概要と仕様、制作環境について解説します。

DITAとトピックライティング、導入するならどちら?

ここでは、DITAに適したドキュメントとトピックライティングで十分効果が得られるドキュメントの要件について、その違いを解説します。DITAでは、ドキュメントを製品の設計製造プロセスの成果物として位置付け、ドキュメントの制作や改訂の現場に対して厳密な運用を求めます。一方でトピックライティングは、構造化・部品化のルールを守れば、専門知識が無いチーム内でもドキュメントを編集する事ができます。

トピックライティングを「Publish MakerX」で実施

「トピックライティング」は、「トピック指向ライティング」とも言われます。従来から存在する、デザイン重視の「ブック指向ライティング」とは異なり、コンテンツの構造に従って部品化された「トピック」という単位で原稿を入稿・編集するライティング手法です。
「Publush MakerX」によるドキュメンテーションでは、どのようにトピックライティングを実現できるのでしょうか?

DITA対応CMSと「Publish MakerX」との違い

「Publish MakerX」は、ドキュメントをトピック単位に部品化して登録・管理し、インデックスの役割をするマップでドキュメント全体の構成を管理します。このように、「Publish MakerX」のコンテンツ管理は、DITA対応CMSと同じ管理手法を採用しています。
「Publish MakerX」によるドキュメンテーションは、DITA対応のCMSとどこが違うのか?を解説します。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン