「Publish MakerX」導入効果

ドキュメントフォーマットとして、今やデファクトスタンダートであるXMLデータを基盤に持つ国産のドキュメンテーションCMS「Publish MakerX」。様々な業界や用途で必要とされるマニュアル(取扱説明書)やドキュメントの制作・改訂・配布・管理などにおける課題に対して、どのように解決することができるのでしょうか。

Publish MakerXの適用分野(製造業)

製造業において、マニュアル(取扱説明書)の制作コストダウンや多言語化を進める際、効率化だけではなく、翻訳費用をどれだけ下げることができるか、という課題は非常に重要な要素となります。
「Publish MakerX」は、多言語マニュアル(操作マニュアル・保守マニュアル)の標準化とコストダウンを実現し、品質向上・ムダムラ防止を実現できる、国産のソフトウエア製品です。

Publish MakerXの適用分野(ソフトウエア)

ソフトウエアほど頻繁に改版が行われるものはありません。ソースコードの構成管理とともに、付随する様々なドキュメントやマニュアルもバージョンアップに追随してゆく必要があり、それらはシステム全体の品質へとつながります。
「Publish MakerX」は、ドキュメントやマニュアルの改訂をしっかり管理するだけではなく、WebマニュアルやFAQなど、コンテンツの2次利用もカンタンに行うことができる、国産ソフトウエア製品です。

Publish MakerXの適用分野(金融・サービス業)

金融業やサービス業において、本部と拠点が一体となって日々取り組まれているサービスレベル向上活動に伴い、マニュアルもバージョンアップや差し替えが発生します。
「Publish MakerX」は、改版前と後を比較(新旧対照)することにより、常に最新のマニュアルと差分情報が把握できるため、事務規程といった構造化ドキュメントの制作とコンテンツの一元管理、ワンソース・マルチユースに適した国産ソフトウエア製品です。

Publish MakerXの適用分野(教育サービス)

通信教育や学習塾、教材出版社などの教育サービス企業では、来るべきICT教育サービスへの準備が進んでいます。教室で使用するプリント教材や出版物としての紙の教材は提供しながらも、新たな学習ニーズに対応するため、タブレットによる自宅学習環境の提供や、動画や音声を使った遠隔授業などデジタルコンテンツを再利用したサービスを提供し始めています。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン