SCM(流通BMS)

流通業では、現在主流となっているJCA手順から、XMLをベースとした次世代標準EDI(流通BMS)への移行が進んでおり、次世代標準EDIへのスムーズな移行と業務の効率化を可能にします。

流通BMSに対応。XML DBを活用した次世代EDIソリューション

流通BMSに対応。XML DBを活用した次世代EDIソリューション

取引先や商品によって異なる帳票形式やデータフォーマットにも柔軟に対応。アプリケーション開発効率向上とメンテナンスコストの削減を実現

流通BMS対応。次世代EDIソリューションの概要

「流通BMSへの対応は待ったなし。JCA手順による限界が見えてきたEDI 」

流通業では、現在主流のJCA手順から、XMLをベースとした標準EDIへの移行が進んでいます。しかし、流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)をそのまま業務システム側で格納・再利用する事ができないため、既存システムに合わせるための「マッピング」を手作業で行う必要がありました。さらに、雑貨や化粧品などの多品種を取り扱う卸・メーカーでは、取引先や商品によって異なる帳票形式やデータフォーマットにシステムが対応できないケースが発生するなどの課題を抱えていました。

「流通BMS対応。次世代EDIソリューション」は、XMLデータベースの特性を活かし、取引先や商品によって異なる帳票形式やデータフォーマットに柔軟に対応。

これにより、小売と卸・メーカー間の発注・受注状況をリアルタイムに、基幹システムと連携。又、データの二次利用として、ピックアップリスト、出荷伝票、商品ラベルの作成にも活用できる。複雑化した商品情報、短期での商品情報属性の変更に柔軟・迅速に対応します。

XMLデータベースと流通BMSに対応した業務パッケージが、流通業での本格的なEDI普及を支援します。

JCA手順によるEDI、Web-EDIの課題

JCA手順

伝送速度が遅い。

主に発注のみにしか利用されていない。

通信用の専用モデムが必要。

Web-EDI

取引相手ごとに画面が異なる。

複数サーバのリアルタイムな連携ができない。

次世代流通業SCMソリューションの解決方法

  • 次世代標準EDIのXMLフォーマットをそのまま格納。
  • 異なる企業間の接続は、標準化されたebMS(※)やJX手順で実行。
  • ebXML MS仕様でサーバ・サーバ間連携を非同期に連携。
  • 共通画面でのサービス提供

ebMS:GS1が推奨しているインターネットEDI標準通信プロトコルの1つで、ebXML MS仕様に準拠したサーバ・サーバ間通信プロトコルです。メッセージ、シグナルを非同期に送信することができます。

クライアント・サーバ型(大規模小売業向け)

XML/XML DBのサイバーテック:クライアント・サーバ型(大規模小売業向け)システム構成図

ASP型(中小規模小売業向け)

XML/XML DBのサイバーテック:ASP型(中小規模小売業向け)システム構成図

期待効果

Value.1 コスト削減

商品情報の追加・変更によるデータベース設計変更コスト、アプリケーション開発コストを大幅削減

伝票入力に掛かる人件費コストが大幅軽減

Value.2 顧客満足の向上

商品情報の変更や追加をリアルタイムに顧客へ提供

ピッキングリストなどの帳票印刷データとして商品情報の再利用が可能

商品マスタや取引先マスタを持たない卸・メーカーであってもEDIが利用可能

Value.3 時間短縮

あらゆる業務関連のデータを1箇所に格納できることから、短期間で迅速なアプリケーション開発が実現可能

システムの特長

次世代標準EDIのXMLフォーマットを直に格納。この為、高価なトランスレータの購入は一切不要。変換・マッピング作業の負担を削減。

XMLデータベースなら、データベースに格納された次世代標準EDIのXMLメッセージを高速に検索することが可能。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録