Webサイトへの製品情報・マニュアル公開

製造業などでは、製品リリース後にもかかわらず、Webサイトに公開する製品カタログやマニュアルがしばらく古いまま、といったケースが見受けられます。本ソリューションでは制作業務の効率化により、Webサイトへの公開リードタイムを短縮します。

Webサイトへの製品情報・マニュアル公開ソリューション

Webサイトへの製品情報・マニュアル公開ソリューション

昨今はWebサイト上でスピーディに情報発信をすることが顧客満足度の向上にもつながります。したがって、本当のところはWebサイトのみで製品情報を公開したいけれども、代理店などから紙媒体も必須というリクエストがあるため、どうしても「Webと紙媒体」の両方で制作する必要に迫られている製造業の方々は多いのではないでしょうか。

本ソリューションではそもそもの「Webサイトへの公開リードタイムの短縮」という課題だけではなく、制作業務を内製化することにより「コストダウン・納期短縮」まで実現いたします。

現状の課題

●Webと紙のマニュアル制作コストを下げたい

制作業務を印刷会社・制作会社などに全てアウトソースしている場合、レイアウト情報を持たないWORDで原稿作成~版下~赤入れ、といったサイクルを繰り返すことが一般的です。

一見楽そうですが、やりとりが発生する度に修正コスト・オペレーションコスト・コミュニケーションコストが膨らみます。紙媒体とWebの両方を同様の方法で実施している場合、当然コストは2倍となります。

●製品リリース後の情報反映が遅い

一部アウトソースしている場合や、ある程度内製化している場合でも、DTPによる紙媒体の作成が完了してから、DTPデータなどを元にWebサイトの制作を行うことが一般的です。

ただしこの制作フローでは流れが直列式となり、Webサイトへの公開が紙媒体よりも後になるといった現象も起こります。むろん当初からWebサイトのみに公開する場合よりも期間はかかります。

●旧版の流用はコピペなのでヌケモレが発生

おおよそ、改定時には昨年用いた旧版のDTPデータをコピーして改版をすることにより制作を行うのではないでしょうか。その場合、修正箇所の把握は担当者のカン頼みになり、担当者により品質のぶれ=ヌケモレが発生する可能性が生じます。もちろん熟練の方でも、この箇所は修正したがこの箇所は修正漏れだった、ということは当然起こりえます。

↓ 解決します!

本ソリューションでこう変わる!

●PDFとWeb制作を内製化~ワンタイムで!

プレビューで都度確認しながら制作を進めることができるため、外部業者とのやりとりが不要となり、制作業務の内製化、すなわち「赤入れ」が不要となります。さらにレイアウトと執筆作業を分離することにより、紙媒体やWebサイトへのレイアウトを気にする事なく、本来の記述内容に専念できるため、コンテンツ執筆を行う方の負荷軽減にもつながり、社内外のコストを下げることができます。

●ボタン一つでPDFとWebマニュアルを公開!

本ソリューションでは、紙媒体用データ(PDF)とWebサイトへの配信用データ(Webマニュアル)を一度の制作プロセスで作成することが出来るため、制作リードタイムのスピードアップにつながります。PDFやWebコンテンツの出力は、いつでもボタン一つでダウンロード・Webサーバ(Web CMS)に配信、といった選択がカンタンに行えます。

●CMSでコンテンツの一元化を実現!

従来のコンテンツを部品化しデータベース化することにより、修正が必要な個所の内容を修正するのみで、その記述を流用している複数のコンテンツに修正内容が自動的に反映されます。したがって、「このページは修正されているけれども、このページは修正されていない」といったヌケモレが防止できます。

ソリューション概要図と特徴

Webサイトへの製品情報・マニュアル公開ソリューション概要図

紙媒体用データ(PDF)とWeb配信用データ(Webマニュアル)を同時に出力できる「Publish MakerX」を中核に、改版後のコンテンツ・マニュアルをボタン一つでWebサーバ(Web CMS)に転送できます。もちろん印刷用のPDFデータとして、あるいは流用するためにHTMLアーカイブとしてコンテンツ・マニュアルデータのダウンロードも可能です。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録