DTPデータのWeb展開

ITアウトソーシング「DTPデータのWeb展開」サービス詳細ページはこちらコンテンツやドキュメントをWebサイトにUPするためのデータ作成において、「データ変換」「レイアウト調整」という2種類のステップが必要となります。
サイバーテックが提供する「ITアウトソーシングサービス」では、InDesignなどのDTPデータやWordなどの各種ドキュメントデータから、Web展開に必要なデータを、自動変換ツールにより低コストで制作。変換後のレイアウト調整はフィリピン人エンジニアが行い、最終チェックは日本人が実施いたします。


DTPデータのWeb展開

はじめに

皆様ご存知の通り、教材・出版物などのコンテンツ配信は、「紙からWebへ」という流れが顕著となってきております。さらに、コンテンツ作成はDTPなどの紙ベースからスタートするのではなく、Webサイトへの展開からまずは検討するという「Web First」という考え方も出てきております。

弊社は、紙とドキュメントをつなげるフォーマットとしてデファクトである、W3C標準のXML分野にかねてより注力しており、皆様方のドキュメント・コンテンツのWeb展開を推進させて頂いております。

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、XMLデータの作成だけではなく、Web展開をする上で必要不可欠となる様々なデータ作成を、日本品質、かつリーズナブルにご提供させて頂いております。

セブITアウトソーシングセンターが提供するドキュメント図

ご提供サービスと特徴

お客様からお預かりした元データから、自動変換ツールにより所定の納品用フォーマットに変換いたします。その後、元データとの比較を行いつつ、フィリピン人エンジニアがコーディングレベルで調整を行い、納品データを作成いたします。

最終確認はディレクターとは異なる日本人スタッフによりダブルチェックを実施致しますので、日本語が適切に表現されているか、という確認はもちろんのこと、細かい部分までチェックを行った後、納品させて頂きます。

特徴として、以下の3点がございます。

XML/HTML/ePub/HTML5など全て対応!

弊社は、XMLに限らず、Web展開に必要なHTML、HTML5、EPUBといった、様々なマークアップ言語のコーディング実績とノウハウを有しており、経験豊富なフィリピン人エンジニアを多数抱えております。

したがって、Word、Excel、PowerPointなどのドキュメントデータ、あるいはInDesign、FrameMakerなどのDTPデータなど、様々な元データから、ご要望に応じたマークアップ言語によるデータ作成が可能です。

自動変換ツールにより、低コストで生成可能!

弊社では、InDesignからXML・HTML・HTML5などのデータを出力する自動変換ツールを保有しており、大量かつ低コストでDTPデータからWeb展開に必要なデータの生成が可能です。もちろん最終チェックは日本人が行いますので、日本語コンテンツ・ドキュメントであっても全く問題ございません。

日本語対応が求められるドキュメントも大丈夫!

フィリピン人エンジニアは日本語を理解する事が出来ませんが、英語による作業指示書を準備することにより、業務の標準化を実現。むろん指示書にある内容以外のイレギュラーなパターンが生じるのがドキュメント・コンテンツの特性です。

日本人チェックチームとフィリピン人エンジニアがチームを組み、作成~修正まで一体となり納品物のクオリティを維持いたします。

日本人窓口の高品質オフショア
「ITアウトソーシング」の詳細はこちら
http://www.itoutsourcing.jp/

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録