オフショア開発・運用保守

ITアウトソーシング「オフショア開発・運用保守」サービス詳細ページはこちら

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、「オフショア開発」と呼ばれる受託開発だけではなく、コスト削減が重要なポイントとなるシステムの運用保守もフィリピンにある自社オフショア拠点にて「低コスト」かつ「日本品質」でご提供しております。
サイバーテックの本社は日本国内にあるため、受託開発で非常に重要なプロジェクトマネジメントや要件定義といった上流の部分を日本本社在籍のエンジニアにて担当させていただくことも可能です。
また、「マイグレーション」や「リファクタリング」など既存のシステムの最適化も得意としております。要件によりオフショア拠点のみで実施が可能なものは、劇的なコストダウンが可能です。もちろんテストは日本品質!現地に駐在する日本人スタッフがテストを実施いたします。

はじめに

現在運用しているシステムやWebサイトに関して、次のような課題をお持ちではないでしょうか?

  • システムの運用保守コストをもっと下げたい。
  • システム自体が古くなっているので更新を考えている。
  • 稼働している機器やOS、ミドルウェアを最新環境へリプレースしたい。
  • 管理担当者が異動や退職などで不在になっており、中身がどうなっているか分からない。
  • ソースコードしかないが、設計書の作成が必要だ。
  • 以前に中断したプロジェクトを再開したい。
  • 海外製品を日本語ローカライズして使用したい。
  • 日本国内向けのソフトウェアやサービスを海外向けにも展開したい。
  • 英語圏の最新技術動向などを調査したい。
  • テスト業務だけを切り出して低コストで実施したい

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、上記のような課題のサポートだけではなく、その他エンジニアリングに関する様々なご要望をおうかがいしております。お客さまの課題解決に向けて高品質、かつ低価格で取り組ませて頂いております。

オフショア開発・運用保守サービスの特徴

本社が日本の日系オフショア拠点なので安心。上流工程も対応!

海外がベースとなるオフショア開発会社では、日本国内には出張所レベルしか存在しない、という業者も多く存在します。しかし、開発プロジェクトでは要件の変更や遅延など、当初予期していなかった事態が発生することも多々あります。

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターは、本社が日本国内にある日系オフショア拠点なので、本社エンジニアを上流からアサインできるのはもちろんのこと、日系企業として最後まで責任をもってお客様の開発プロジェクトを遂行させていただきます。

仕様書作成やテスト業務のみといったエンジニアリング業務も低コストで実施!

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、日本人プロジェクトマネージャとフィリピン人エンジニアによる様々な開発業務を実施しているチームとは別に、日本人チェックチームもございます。したがって、「ドキュメントが存在しない」システムに関してもソースコードレベルから解析し、各種仕様書を作成する、テスト業務のみ切り出してコストダウン・第三者にてリーズナブルなダブルチェック、といったご要望には最適です。

日本人チェッカーが不足する場合は、ニアショア拠点であるサイバーテック沖縄とも連携してリソース確保できますので、工数不足をご心配いただくことはございません。

手間のかかるマイグレーションに最適!

各企業独自の業務アプリケーションをお持ちになっていることも多々あるかと思いますが、同じアプリケーションを数年も使う間に、OSのアップデートや最新のセキュリティ対策に移行するなど、ハード側の動作環境に変化が出てくることもあります。そうなると、都度古いOSや業務アプリケーションにマイグレーションを行う必要があります。

お客さまの新旧のシステム環境をご用意いただければ、熟練したフィリピン人エンジニアにて移行・変換を実施いたします。新規システム開発のような、大量の仕様書が不要であり、弊社側での翻訳コストも極小化できますので、低コストでマイグレーションが行えます。ご要望がありましたら、システムのメンテナンス性を高めるリファクタリングもご提案させていただきます。動作確認はもちろん現地駐在の日本人スタッフが実施。高品質をお約束いたします。

「オフショア開発・運用保守」サービス内容

オフショア開発や運用保守に関するご相談につきまして、まずは日本国内にあるサイバーテック本社にて一度お話をお伺いいたします。プロジェクトの内容やご予算に応じて、日本本社のエンジニアやコンサルタントのアサインもご提案いたします。その後、すり合わせた仕様・要件を元にお見積りをさせていただきます。

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、様々なエンジニアリングに関するご要望に関して、フィリピン人エンジニア・現地駐在の日本人エンジニア・必要に応じて日本本社のエンジニアも含めて、全社体制による総合力で都度最適なご提案を実施させていただきます。

現地のフィリピン人エンジニアも全員情報系(Computer Science学科)出身者であり、英語も堪能です。英語圏から発信される最新のIT技術や動向のリサーチをはじめ、プロトタイプの開発なども可能ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

オフショア開発・運用保守サービスの実施例

マイグレーションによる業務アプリケーションの最新化

概要 Visual Basicで開発されたマンション管理システムを最新の開発環境である.NETに置き換える
期間 4ヵ月
ボリューム 100画面以上
ツール Visual Basic, .NET

ファイルサーバの画像ファイルや紙の出版物をデータベース化

概要 紙媒体の冊子を全ページスキャンし、デジタルアセット管理アプリケーションから検索できるようにする
期間 4ヵ月
ページ数 約200冊 約5,000ページ
ツール LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)

オフショア開発・運用保守サービス Q&A

オフショア開発・運用保守に関する次のような課題をお持ちではありませんか?

日本語マニュアルや日本語でのコミュニケーションは大丈夫?

はい、現地には英語が堪能な日本人エンジニアが常駐しておりますので日本語対応は全く問題ございません!

現地に行く必要はないの?

現在稼働中のシステムやWebサイトの運用保守など、サイバーテック セブITアウトソーシングセンターにて技術移管を行って頂く必要が出るケースもございます。内容によってはSkypeやメールによるやりとりのみで移管できますので、まずはお気軽にご相談ください!

高度なプログラミングも可能?

フィリピン人エンジニア、日本人エンジニアともに豊富な経験と高いスキルを持っております。必要に応じて日本本社のエンジニアもヘルプに入りますので安心してお任せください!

フィリピン人エンジニアのスキルはどうなの?

元々ネイティブな英語力を持つフィリピン人の方が、英語圏からの最新技術導入が早いというメリットがある上、現地でも人気職であるエンジニアには、フィリピンのエリートが集まる傾向にあります。さらに、サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは定期的に「金の卵プロジェクト」という人材発掘プロジェクトを行うなど、現地エンジニアの育成、教育に力を入れています。のんびりした国民性は否めませんが、日本人管理の下、様々な案件で経験を磨き、継続的なOJTで高めたスキルは日本人エンジニアに勝るとも劣りません!

「セブITアウトソーシングセンター」のエンジニアは、全員情報系(Computer Science学科)出身者であり、英語が堪能です。英語圏から発信される最新のIT技術や動向のリサーチをはじめ、プロトタイプの開発なども可能ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録